怒りや批判的な気持ちを乗せずに、厳しい言葉をかけるのは責任感や愛情が必要

シータヒーリングセッションの感想いただきました。

若くして、独立というか、ビジネスを手がけている方(で今後の方向性?について相談された方)からの依頼でした。冒頭に「散々な」とあるように、ご本人からするとショックだったようです。

usamimiさんこんにちは!

あの散々な(笑)セッションから一週間が経ちましたが!!感想を送らさせていただきます!o(^▽^)o


セッションでは今の生活スタイルが自分に合っていないのではないか?自分にはもっと他にやるべき事があるのでは?と考えているにも拘らず、行動に移すと何か嫌な感じがして続かない。という内容が主でした。


本当は自分がどの様になりたいのか、usamimiさんから幾つか質問を受け、答えた後にusamimiさんから返ってきた言葉は、とても厳しいものばかりでした。

まず、今の自分の生活スタイルに関してのこれで良いの?という疑問は現実逃避というか、一時の衝動からくる感情であって、そもそもその感情はわがままな考えや思考の幼稚さが原因であること。今20代ですが、そのまま30代まで変わらずに生きていたら社会人としてかなりマズイことになる可能性があることを告げられました。

そしてその衝動的は生き方は、いずれ自分の身を滅ぼしかねないというアドバイスをいただきました。
(私はDo overで以前その生き方が原因で早死にしたことがあり、今回の課題は長生きすることであるとも告げられました。)


今回のセッションでは「これは私の個人的な感想ですが〜」という前置きのもと、usamimiさんの社会人としての意見もたくさん聞かせていただきました。

私はその言葉も含め、出来るだけメモしておいたのですが、セッションが終わったあとに読み返しても、信じられないくらいエグいな〜。
と思うような言葉がびっしりかいてありました(笑)
すみません、正直な感想です。


しばらくショックで呆然となりましまが、いただいた言葉の数々は私の中でとても印象的で、ただのエグい言葉ではなく、何か色々なものに繋がっていく言葉でした。

そもそもこの言葉ってなんだろう?
この言い回しをする時、人はどういう気持ちなんだろう?

これが、社会の意見だとしたらこういうことを言われる人間はどういった人間なんだろう?

そんな風に考えながら過ごした数日間は、なんだかとても貴重な時間でした。

私は今まで人に注意されることや怒られる事をとにかく避けて生きてきた事に気が付きました。
そんな自覚もありませんでしたが。

usamimiさんの意見の数々には本当に面食らいました。usamimiさんに言われたことに対して、「そんなつもりはない」と瞬時に考えがよぎりましたが、それに対して私が返した言葉は、どれも自分でも驚くほどあやふやで、その場しのぎの言葉に思えました。

こんな言葉しか出てこないのか。と自分でも驚いたと同時に、自分は自分に対して、大した考えを持たずに生きていたことに気が付きました。


そしてもう一つ気がついたのは、usamimiさんが自分の意見だと言って私に聞かせてくれた言葉は、確かにusamimiさんの本音だったのかもしれません。
ただ、その本音をどのタイミングで言い、どの程度の厳しさ、どのような言い方が最善かは全て創造主の観点の元、私に伝えている
のだということです。


そうですよね??



usamimiさんからいただいたアドバイスの中に、自分の一時的な衝動とどう向き合うか?がありましたね。

①いつも通り過ごす
②イライラしてきたことや爆発しそうな気持ちにをどう乗り切るか色々試してみる。
③②で試みても解消できなかった事だけを変えてみる。

これを実行しようとして、いつもより早くイライラするように仕事をバリバリしているのですが、全然イライラすることなく真摯な気持ちで働いている自分がいます。(;^_^A

ちょっと人から言われたら、ちゃんと出来ちゃうのかよ!と自分に対して情けない気持ちが湧いてきますが、今回いただいたアドバイスはエネルギーワークをしなくても私の考え方を変えさせてくれたと感じます。

usamimiさんは別に私を叱ったわけじゃありませんが、私はずっと社会人として誰かに叱ってもらう機会が必要だったのだと感じました。
私には、私がぐうの音も出ないくらいの、一見厳しく聞こえる現実的な言葉が必要だったのです。



ただ思うのが、このようなセッションの場で私が今回の相談をした場合、どのくらいのヒーラーさんが、このような言葉をかけてくれただろう?ということです。


怒りや批判的な気持ちを乗せずに、厳しい言葉をかけるのは責任感や愛情が必要です。
逆恨みだってされる可能性があるし、ネットで悪評を広められるかもしれません。


そんなリスクが有りながら、厄介な私に真剣に向き合って下さったこと、本当に感謝します。

ありがとうございました。


P.S.
usamimiさんは以前の私とのセッションの終わりに、usamimiさんが法則になることを目指していることについて、私がエネルギー的に感じた事をお伝えした時の事を覚えていらっしゃいますか?

あの時私は天使の姿になったusamimiさんが地球をグルグル飛び回りながら、「この地球を守る。自分の愛の全てをもってでも、全人類が今のエネルギーを味わえるようにする、全ての愛を私は肯定する」と言っていたのを見ました。



人間は特別視することで愛情の大きさをはかったり表したりしますね。

私はその愛情表現しかできませし、高次元の存在の、全てを平等に愛する心をどこかで認めていませんでした。

あの時の天使だったusamimiさんを見た時に、そういった愛が本当にあると目の当たりにしてから、価値観を変えずにはいられませんでしたし、人間に生まれながらそういう愛を持っている人がいるんだと知りました。

大袈裟でなく、usamimiさんほど優しい人間を私は見た事がありません。

私もusamimiさんのような愛をもった人間になろう!とは思っていませんが、私はあの光景をずっと忘れないでおこうとあの時から思っています。
今になって何故かこの事を伝えたいと思い書いてみました。


以上で感想を終わります。
もし、私の感想がお役に立てそうであれば、ブログに載せていただいても構いません。
ありがとうございました!


あざーす。

感想にあるように、この方のセッション中、創造主から「いわゆる会社生活などをしている社会人の一般的な感覚からいって、こういう人や行為をどう感じるものなのか……を、そういう社会人のうちの1人として個人的感慨を(ちゃんとそう前置きしたうえで)伝えるのがよい」と来たので、そう前置きして、私はこう感じると話させていただいた箇所がありました。
(それは確かに、非常識なアマちゃん若造的な生き方や在り方を批判的というか『それじゃダメだろ』と断じる、いわゆる世間のオッサンサラリーマン的な価値観で見たら、、、というものでした←ただ、私の唯一の意見というよりは、あえて会社員代表みたいなスタンスをとって、“会社員だったら普通はこう考えることが多い”という感じでした。自分はそう思わないのが本音だけれども社会ではそう看做されるほうが普通だよ、ということも含めて)

ショックだったかもしれませんが、「え、世間ではそう見る人のほうが多いんですか?そっちが一般的なんですか?」と驚いた反応をされてたので、情報として斬新だったことだけは間違いなさそうだなぁ、と。
(しかもそれが『べつに知る必要がなかった無駄なこと』というわけではなくて、今後の自分を考えるうえで取り入れるのがプラスになると受け止めてもらえてよかった)



シータヒーラーとして一番しんどいのは、明らかに相手がショックを受けたり、怒ったり悲しんだりするであろうことが明白なメッセージが降りて来てしまったときなんですよね。

「ほんとにこれをこのまま言わないとダメなんかいな?」

と確認をしたり、代案はないかとあの手この手は尽くしてみるものの、

「いや、まずはこのことを突きつけられないと、逃げのセッションで終わってしまう」

的なエネルギーが創造主から見てとれる場合は、勇気を出して言います。

せめて「落ち着いて聞いてくださいね。私個人が批判しているとかではないのですが」という前置きをしたうえで、

「いまのあなたの状態は、〜な観点を持つ人(それが友人や恋人、家族、仕事でその人が相手にする客や取引先、上司や部下であることもある)からすると、こういうふうにマイナスに見えてるみたいです」

などと、誰かの意見や決めつけ、偏見、先入観、価値観の押しつけになっていない客観的な、創造主の観点から見えるメッセージなのだということをブレさせないように言葉にとりわけ注意して、口調なども冷静なものにして伝える、ということをします。

(それでも分かってもらえないクライアントさんも実はいます。『usamimiからこんな酷いことを言われた!悪口を言われた!あいつ、人様にそんな立派なことを言えたガラかよ?』と、私の意見で何かを言ったという体(てい)で捉えてしまう方が。チャネリングだっちゅーの)

このね、

セッション中に伝えるメッセージは、ヒーラー個人の意見ではないということを、いかにお客様に納得してもらえる(ように伝える努力をする)か

が、チャネリング型のセッションでの一番の肝なんじゃないかなぁ〜。

面倒ついでに言うと、一番困るのが、

「あなた、セッション中に他人には『〜だ』なんて言っておいて、自分はどうなの?言ってることとやってることが全然違うじゃないの」

などと、普段の私の価値観・意見と、セッション中にチャネリングメッセージとして告げた部分の矛盾を「よくないこと、あるまじきこと、出来損ないの証拠」的な意味合いで指摘する方w

それに乗じて

「いいこと?他人の生き方に説教するからには、まずは自分自身が、非の打ち所のない完璧な人間におなりなさい。それができないなら、他人の生き方になんて口を出さないことよ!」

みたいな、一見とっても良いこと言ってるふうな独善を決め台詞的にドヤ顔して言われてしまうと、もうこちらは笑いをこらえるのに必死なんですよね……。

そんな経験もないわけではないので、この方(なんとまだ20代半ば!)がこういう感想をお寄せいただいて、(もし都合よく言っていいなら)「わかってくれる」人もいるんだと思うと安心します。

もうね、私個人のセッションだけについてどうとかじゃなくて、チャネリング型のカウンセリング形式のセッションを受けるうえでの心得、みたいなものをね、是非とも、お客様には持っていていただきたいわけです。

感想ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト