今まで辛いこととかあったけどこれはこれで良かったのかも

シータヒーリングのセッション、カウンセリング型のほか友愛の美徳を先祖から得るクリスタル瞑想を受けてくださった方からの感想です。

会社で自分の言うことを尊重してもらえず、裏切られるような目に遭う、というのがテーマでした。

会社に入社して15年も経っているのに、新人のような社会人としての悩みが「友愛」の美徳につながるとは思いませんでした。

延長のセッションを受けて本当に良かったです。

去年のユニバーサル・ペンデュラムセッションでも浮かび上がってきた、人生に喜びを感じたい、人に興味を持ちたいといった事にもつながりました。

また、エネルギー的な願い(呪い?)で現実を変えようとしていると気が付きました。
思考や話すこと、行動で自分の人生は作られていく、カルマも生むこともあるけどそれを含めて人生に責任を持つという覚悟がやっとできました。

先祖の美徳をダウンロードした時には、今までにない充実感のような広がりを感じました。
あれから体も軽く、普段運動はしないのですが体を動かしたくなりました。

こんなに感動することがあるなら、今まで辛いこととかあったけどこれはこれで良かったのかも、などと思ったくらいです。

美徳のおかげでしょうか。
本当にありがとうございました。


スピリチュアルなエネルギーを信奉?するあまり、あるいは何か行動を起こしてその代償として悪いカルマを背負うことになってしまうのではという怖れのあまり、行動を起こせず、ただ祈って願望が実現していくのを待つという状態になっているようなところがあったようです。

頑張って行動を起こして希望を周りに伝えて「うん、わかった」とは言ってもらえるものの、いざとなるとその約束どおりに動いてもらえない。それはなぜなのか?と見ていくと、

「相手との間に絆というか、人と人の密な結びつきができていない状態でお願い事だけビジネスライクにするから(&会社員である以上、ビジネスライクな約束事であってもなんとしても果たすとみんな思って動いていると信じているから)相手にされない」

ことが浮き彫りに。

この方の感覚としては「周りとうまく関係を築けてる」という認識だったようですが、いざ誘導瞑想で先祖が持っていた友愛の美徳を取り戻すと、ご本人の口から

「私がこれまで思っていた『人間関係が構築できている』心の通わせ具合の基準なんて、ちゃんとした友愛の美徳を持っている人からすれば『薄い』んですね。そんな薄い関係しか築けてない人からお願いなんてされたって、きいてあげようなんて思ってもらえなくて当然ですよね(笑)」

と吹き出すまでに。

そう、シータヒーリングではいろんな感覚感情を呼び覚ますコマンドをかけられますが、それだと「で?何?」と、本人は実感を得られないことが多いんです(エネルギー的な変化は起きてはいるものの)。

が、誘導瞑想で実際に、先祖や動物、自分の過去生などが感じたことをそのまま、限りなくリアルに体験していただくことで、言葉を尽くして説明するより何より、本人の体感と実感がハンパないんですわ。

使い方によってはとても有効なメソッドだよなぁ、と思います。誘導瞑想。



最近は誘導瞑想を、カウンセリング形式の(いわゆる通常の)セッションの中で部分的に取り入れるスタイルが増えてきました。
(これも、私が頭で考えてそれをしようというのではなくて、創造主から『いま、誘導瞑想でこれこれをするのがベスト』と来るので提案し、お客様の了承を得て行うというスタイルです)

どんどん、「持ち駒」が増えてくるなぁ、シータヒーリング。。。と思います。

感想をお寄せくださった方ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト