拍子抜けするほど笑っていることが多く、楽しい時間

初めてのご依頼にもかかわらず、異例の2時間セッションを予約いただいた方からの感想です。

仕事で職場のみんなと同じように働けず、劣っていると感じていることが相談のテーマでした。

先日、シータヒーリングのセッションでお世話になりました。

初対面でいきなり2時間のセッションを申し込み、その時間をオーバーさせてしまう程、自分の課題に一緒に向き合って頂き、申し訳ありませんでした。

もっとシビアなことが多い内容になるかと思っていたのですが、ざっくばらんで、拍子抜けするほど笑っていることが多く、楽しい時間でした。
ありがとうございました。

セッション冒頭からusamimiさんに「ファンタジーや妖精というのが出てくるのですが」の言葉に思わず笑ってしまったのですが、実は以前仲の良かった職場の人達から、からからい半分で「フェアリー」だの「妖精さん」「精霊さん」と呼ばれていたことがあり、(別段外見でなく、言動や行動に何かそう思わせる所があったようです)「妖精」と呼ばれてました。とは、なんだか恥ずかしくて言えませんでした。

このあと掘り下げながらするすると、創造主を通して降りて来たメッセージを翻訳したusamimiさんから「人間じゃないからしょうがない」という潜在意識があることを伝えられ、この時、人から「妖精」だと言われてそれを思い込んでるとしたら相当おめでたい、痛い人間だなぁとも思ったのですが、自分の出所が魔法、妖精のような世界……で、身体がなく概念のようなものとして生きていたこと、そして「人より劣る」「価値が低い」「出来る人間になったら人から叩かれる」という思いこみがまさかまさかのルシファーの呪いからきていたということに「自分が!?えー?!」となりました(笑)
しかし子供の頃まで探っても「出来る人間になったら叩かれる」「人より劣る」思考を抱いたきっかけが見つからず、関係のない話まで長々と話しだし、実際は良い思い出は少なかったはずの子供時代まで「(人より劣ると考えて生きてきたことが)とても良かったです」と早口で全肯定してしまう始末で矛盾だらけ(笑)。
それがルシファーの呪いにかかってる人の、真実に抵抗している特徴なんですね(苦笑)また、その呪いを解除してもらった瞬間、みぞおち辺りが凹んでた鍋の底が戻るみたいに「ポコ」っと音がしてたまにあった圧迫感が消え軽くなったのも嬉しかったです。
おまけにルシファーに奪われていた美徳(よりによって、『リーダーシップ』をはじめとする、自律した生き方をするために必要な美徳をまるまる抜き取られていて、そのため人より劣っていて自分は一人前ではないと凹むはめになっていたなんて)まで戻ってきたという♪

なぜ「人より劣る」「価値が低い」という思いを抱えていたのが良かったのかに対しては、呪いを解除してみると不思議と理解できるようになり、「普通より、ちょっと下から目線を通した方が様々な境遇の人、面白い人に会える、ちょっとマニアックな方が人生楽しいじゃないか」という思考が導きだされ(今思えば他の人たちに傲慢で失礼でした)、そこから「今の社会とは、会社とはこういう所。これが普通だ」という思い込みを形成していたことがわかりました。
でもそんなの、自分の視野だけで「普通」を定義して、それが絶対のものだと言い張っているだけ。
自分の決めつけでしか現実を見ていなかったという……。

そしてそれが問題だということにおそらく、自分の中の内なる神的なところでは気づいていて、自分で自分のお尻を叩くように「いい加減気づいて!!」と同じような現象を引き寄せて、つまずいてグルグル悩みスパイラルに堕ちていたんですね。

「人間じゃないからしょうがない(だから自分は出来ない)」というのも、よく考えてみれば私1人がそうだというわけじゃない。
この世界にいる人達の多くは、もともと別の次元や世界、宇宙から魂が来ているのに自分だけ違うと思う必要もなかったんです。人間としてここに居るんだと自覚することが大事だったんですね。

問題を創り出している思考の土台に辿り着き、いよいよ思考を置き換えるという段になったとき、usamimiさんが「この思考のどこが問題で、どうして今後は自分にとって要らないのかを整理して把握できていますか?試しに、多くの人達が今、目の前にいると思って、このブロックがもう自分には必要ない理由を演説するように説明してみてください」と、仰ったのを聞いて、ちょっと戸惑いましたが、これは私にはとても大事なことでした。
イシューを、ヒーラーさん任せで、何が悪いのか、これからどうしたいのかを自分でもよくわからないままに解消してもらうものではなく、まず自分でしっかり「これはもう、これこれこういう理由で自分には必要のないものだ」と実感し、腑に落とすことが大事だと思い至りました。

自分を劣った存在だと捉えて凹んだりヒネくれてみせるのは、もう十分体験したからお腹いっぱい。
べつに自分を卑下する意味はないし、様々に面白く楽しい体験や人と出会う資格が自分にはある。その力もある。
わざわざ自分を他人より評価して、できない人ぶるのを続けるのはこれ以上必要ないと、今では思います。

そのあとは、私としては相談しようかどうかタイミングを迷って言い出せなかったことだったのですが、usamimiさんから「友人、お金に関する課題も、解消したほうがいいと創造主から言われるのですが……」と指摘され、笑ってしまいました。
しかも、一見、仕事とは別のテーマかと思いきや、結局、最初の仕事の話と根っこのところで繋がっていたという。
お金に関してネガティブな思い込みを抱えていたのは「お父さんがそうだったから」とポロリとusamimiさんが創造主からの言葉を伝えてくださったことで、自分でも永らく忘れていたのに、思い出しました。
わざと自分がネズミ講にハマってみたり、投資詐欺の人達がほいほいと自分の前に現れる現実を創り出してしまうことにほとほと困っていたのですが、それは私なりの、拝金主義の父への反抗、お金は汚いものだと身をもって証明しようという試みだったのですね。

usamimiさんが、おそらく大量にバンバン降ってきているであろう創造主の言葉をチョイスし翻訳し、なおかつ、クライアントの趣味趣向を察知しながらわかりやすい例えに落とし込んで伝えて下さってるのは圧巻でした。

そして、「あらかじめ自分にはこういう感覚がたりてないだろうから欲しいな」と望んでいながらこちらが言い出せずにいた感覚について、「○○○と、○○○と、○○○を呼び覚ますのがよいと言われます」と、まさにその通り!という言い回しでusamimiさんがメッセージを創造主から降ろしたうえでダウンロードしてくださるので、驚くと共に有り難かったです。

掘り下げも、トラウマをえぐられるようなつらさは微塵もなく、一緒に答えを探しあてていく感じで、その過程のやりとりも楽しかったです。

そしてセッション後は悩みだった仕事に対しての構え方も、少しずつですが、判断力、継続力等々、意外なところで発揮できつつあり、この感覚を行動を通してしみこませて、もっとできる範囲を広げようと思います。
余談ですが、セッションの申し込みをした後に昨年から原因不明で調子の悪かった家の電気の配線が直りました♪
偶然かもですが。

長文失礼しました。
本当にありがとうございました。


あざーす。

関連記事
スポンサーサイト