ポロン覚醒のやうに。

ポロンというのは、「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章」という漫画に出てくる、賢者です。

登場してからしばらくは遊び人そのもので、どちらかというとおバカで役立たずなのですが、いよいよ使命に目覚める時を迎え、この世で最も賢い魔法使いになります。

個人的には、図書館のすべての本を念動力で舞い上がらせ、第三の目で瞬時に目を通し全部を理解して賢王として覚醒するシーンが印象的でした。

で。

シータヒーリングの「存在の七層」クラスでは、受講生は第5層の魂を持つ人間である可能性があり、かつ何度もこの人生をやりなおしてる可能性もあることが示唆されます。

だから、何かを学んだり修得するうえでは、ゼロからせっせと現世的な方法でやるのもいいですが、

かつて、それができていたときのことを思い出す

方法が有効とされます。
(もちろん、それができるようになるための準備は必要なんですけどね)

まさにポロン覚醒。

思い出すだけでいいんです。

すでにできていたことがあるわけですから。
(注:モノによっては、本当にやったことなくてゼロからやらないと駄目なこともあるかもしれないのでちゃんと創造主に確認しましょう←ただ、これ、聞いても、準備が整ってないと教えてくれません)

……この記事って、わかってる人できてる人にはあんま意味ないし、できる準備が整ってない人には苛々するだけなのかな?

ま、いっか。(雑)
関連記事
スポンサーサイト