アスラに魂&霊エネルギーを虫食いにさせられてた!!

というクライアントの方からの、ヒーリングセッションを受けていただいての感想です。

自分でも恵まれた環境にいることができていると思いつつも、ある時期から日々が苦しくなり無力感に苛まれ、人としての人生をこのまま送るのが不可能なのではないか、と危惧していた方です。

セッション中、何を言っても質問しても、のれんに腕押しといった風情で、まともに会話として成立しない有様(まるで、鎮静剤か何かを注射されてる人を相手にしているみたい)だったのですが、セッションの後半で、まさかまさか!で、アスラにとり憑かれていたことが判明!!

私自身にとっても、本当にアスラにやられている方をセッションで相手するのは初めてだったため、正直、手こずりました……。
(見つけた後はスムーズに処置できましたが、見抜くのに時間がかかってしまった)

まずは感想をご覧ください。

お世話になっております。
あれから何遍も録音したものを繰り返し聞きました。
まだ不安定ではありますが、また心境の変化が出てきたので報告です。

お伝えしたいことが沢山あり、まとまりがないかもしれませんが
お許しください。


改めてセッション中のusamimiさんとのやり取りを聞いていると、
みごとに会話が噛み合ってなくて、自分で自分にツッコミを入れたいくらいです。
今になってみると、あの時、usamimiさんの話を半分も聞けて(理解できて)いたかどうか。。。
セッション前に自分なりに色々考えていたのに、
あんなにチグハグな事を返していたのか不思議です。

あれから数日ですが、アルバイトでも少し変化が出てきました。
セッションを受ける前は、とても忙しくて覚えることも多くて、
本当にヒーヒー言いながら周りについていくという感じでしたが、
この数日は、大変さは変わらないのに割と元気にやれている自分がいます。

また、嬉しいことに朝お化粧をした時、
以前は なんかイマイチなんだよなぁ。。。と自分の顔を眺めていたのですが、
よし、今日もかわいい!と思えるようになりました。(笑)
自分を誇らしく思う気持ちも蘇ってきたようで、
昔の(調子が良かった頃の?)私が好きだった自分が戻ってきたようで嬉しいです。

セッション中、自分にしっくりこないとお伝えしましたが、
以前は前述のような自分がいたのに、まるで別人になってしまったようで
どうしたら好きだった自分が取り戻せるのかと悩んでいました。

自分本来の太々しさというか、強さが現れてきたように感じます。

セッション中、自分で自分を罰しているという下りがありましたが、
本当にその通りで、随分長いこと自分にダメ出しをして落ち込んできました。
いまとなっては、本当にそうだったの?と、自分が思っていた程
自分は酷くなかったのではないかという気持ちも出てきています。
(勿論、全部が違っていて無意味なことだったということではなく、
そのダメ出しの中で学べてきた事もあり、少しは成長できたのではないかと思います。)

他にも、コミュニケーション能力のお話をしていた事。
あの時に自分が思っていた程、私はコミュニケーション能力がないと
いまは思わないのです。
確かにコミュニケーション能力が長けているとは思えませんが、
バイト先でも可愛がってもらえているし、人には恵まれている方だと思えます。

なんとなくですが、先日私がお話しした悩みは、
もしかしたら悩むほどのことではないのではないかという気すらしていて、
本当に不思議で自分の中で整理がつかない部分があり、
一体なにが自分に起こっていたのか?結局どういうことなの?という
疑問はまだ残っていますが、徐々に整理してゆきたいです。

前回のメールでお伝えしたように、アスラの件と今の病気に関しては
自分にとってはとてもショッキングなことでしたので、
また、セッション中の自分があまりにもふがいない状態でしたので、
本当に良くなれるのか、効果があるのか、セッション後も不安だったのですが
これだけ変化が出ているので、効果が出ているんだなと思えます。

今後もまだ、いろんな面で変化を感じるんだろうと楽しみです。

今回のセッションで私は、
usamimiさんに命を救ってもらったとも言えるのではないかと思っています。
usamimiさんがいて下さって、また私と出逢ってくださって、良かったです。
本当にありがとうございます。

これからは、苦悩も含めて人間らしく生きてゆきたい。そう思います。
ありがとうございました。

またお話できる日を楽しみにしております。


そう、アスラにやられていると、何がどうという論理的な理屈抜きに、なんでもないような、どうでもいいような、これまで平気でいたことのすべてが重苦しく憂鬱になり、「どうして?」とどんだけ掘り下げても問い詰めても、梨の礫(つぶて)。

ルシファーの契約・呪いにやられている人特有のグルグル(掘り下がらず同じところを堂々巡りする)とも、アーリマンの契約・呪いにやられている人特有の、こまかい言葉の定義などを重箱の隅を突つくようにネチネチと揚げ足を取りつつ論理のすり替えで話を逸らしていくのともまた異なり、まるで赤ちゃんか動物、それか全然言葉の通じない外国人に話しかけてこちらの言い分を理解させようとするかのような、「問答無用に話が通じない感」はアスラにやられている人に独特でした。

もう本当に、理屈じゃない

んです。

エネルギー霊視をすると、本当に服などの布地が虫食いで穴だらけになっているように、ビリーフや感覚感情などのエネルギーがボロボロに食われちゃってるんですね。

そして、中途半端に故障したロボットみたいに、誤動作を繰り返し、埒があかないみたいな感じの動きしかできなくなっていく。

この方の場合、アスラを除霊(あらいぐまラスカルみたいなルックスに私には観えました)して、魂の再創造をし、ボロボロになっていた美徳や信念体系などのエネルギーを「この方がアスラにやられてエネルギーの虫食いが始まる寸前に成立していた状態」に復旧(ただし復旧時点より後に学習して学んだエネルギーは温存する←この区分けを、1人の人間の信念体系を含めエネルギー全体で行うのは、凄まじく精緻なエネルギー霊視と創造主とのチャネリングが必要でした。うっかり雑にかけるべきコマンドではないと思います。コンピュータでいえば、OSの再インストールレベル)したところ、それだけで別人のように回復されました。
(これは本当に驚きました。個々のイシューを掘り下げ、とかそういう場合じゃないし、コマンドかけた後の、まるっきり別人というか、それまでが嘘だったかのように普通になったあの『コロッ』と変化するあの様は、他のセッションでは一度も見た事が無い変化でした)

えがったー。。。

また、こういうことを言ったり書いたりすると、いわゆる無気力状態になっている人が

「あ!もしかして私もアスラにやられているのかも!!」

と思いがちです。

99%以上の確率(←この数字も、比喩よ?本気の統計結果だと思わんといて?)で、違いますw

例えるなら、HIVに感染してエイズを発症した人が、免疫力が極端に落ちてなる合併症としての病気(カリニ肺炎やカボジ肉腫など)、あるじゃないですか。

あれって、それこそエイズにかかって極端に免疫が落ちでもしなければ、罹ろうと思って罹れる病気じゃないわけです。

だから、風邪やその他の病気でまさに死にそうに苦しんでいる人がいるとして
「もしかして、カリニ肺炎かも。カボジ肉腫かも」
と思ったとしても、そんなわけないんですよね。

同じ苦しい、でも、わけがちがうというか、苦しいからきっとカリニ肺炎、とはならない筈なんです。

それと同じで、単に何か怠惰な生活が板について怠け癖があるからヤル気が出ずにだらだら生活したり、何かを頑張ろうとしてもできない人が、すなわちアスラにやられているかというと、まったくそうでないことが多いです。

ルドルフ・シュタイナーは(おそらく創造主を介してワークするという概念に至ることができなかったこともあり?)、アスラにやられたら対処法は無く、ただただ人として荒廃していくに委ねるしかない……と、「不治の病」扱いをしています。

そのくらい、アスラにやられるというのは、ある意味では特殊なことであるのかもしれません。みんながみんな、すぐとり憑かれるという類いのものではなさそう。

じゃあ一体、どういう人がアスラにやられやすいのか。

これも、「こういう思考パターンを持っている人」という感じではなくて、

霊的エネルギーからして奴隷体質の人

としか言いようがないんだよなぁ。。。

しかもこの、奴隷体質というのも、べつに気が弱いとか、SMプレイでM寄りであるとか、リーダーに追従するコバンザメみたいな子分気質……などとも関係ない。そういう、思考パターンでいう奴隷体質じゃないんです。

あぁ、霊視したビジョンを共有して「こんな感じのエネルギーの人」とここで言えないのがもどかしい!!w

あんまりまだ私自身、データが揃ってないうちからあれこれ書いてしまうのも無責任っちゃ無責任かもだけど、

かつて、他人を操り、権力の座に就くといったことを黒魔術で実現しまくってた人

なんかは、その黒魔術の副作用で弱ったそのエネルギー体の在り方?権力を手に入れて他人を意のままに操れれば幸せなはずという思い込みが外れた虚無感?が、アスラにつけ入る隙を与えてしまっているぽい。。。

話が逸れるかもですが、つくづく、(黒魔術でもなんでも使って権力獲得や他人を操るなどの現実創造を)できるからやっちゃえ、できたんだから楽しめ味わえという近視眼的なシンプルさで、現世利益に浮かれるのって、あぶないなぁ……と思います。
(べつにこれ、豊かさ否定とかポジティブな幸せ否定という意味ではなくて。火を使っちゃいけないというのではなくて、正しく安全に、自分が火傷しないように使いましょう的な。意図と行動によって現実を創造して豊かさや幸せを享受するというのは人間に与えられた権利ではあるけれど、それによって図に乗ったり有頂天になってハメを外しすぎたりして後々(それこそ転生した後にまで)、悪影響を及ぼしてしまうのは、ちょっといただけないかと)

まぁでも、アスラにとり憑かれてる人をワークする機会って、そんなに多くはなさそうですけどね。

ご参考までに。
関連記事
スポンサーサイト