「男らしさの発露」と「全裸露出」が同じ意味になってた私。

書いてあるとおりです。

先月いろいろワークした中で出てきたことなんですけど、男らしく振る舞うのがとにかく恥ずかしい、と思ってる気持ちが子供の頃からありました。

生まれつき、(表面上はおとなしくしてるけど)気性は男らしいというか、「がさつな女」そのものだったので、何かしたときに

「おー、男らしい」

と褒められてしまうことがありました。

それは私にとっては、全裸をまじまじと見られて

「いいイチモツ持ってるねー!」

と褒められるのと同じ感じがしていたんですね。
(これはワークして気がついたことで、それまではわかっていなかったので、どうしてこんなに恥ずかしく屈辱的な気持ちになるのか困惑してました)

まぁ、全裸をまじまじと見られて褒められて心の底から誇らしく嬉しく思う思考パターンを持ってればまだ事情は違ったんでしょうけどw

実はそういう深層心理の動きが関連していたのでしょう、私には昔から、酔ったとき服を脱ぐ人とか、人前でふざけてでもなんでも平気で裸になれる男に対する劣等感みたいなものが、すごーーーーく、ありました。

それこそ、大学の寮でフルチンを大勢の寮生に見られても見せても慣れすぎてもう恥じらいを感じる余地もない、となるまで続きました。(ある意味、そういうのに慣れるために大学寮に入ったようなところも多分にある。裸だけでなく、人付き合いの中で異常に壁をつくって距離を置こうとする自分を抜本的に変えるべくスパルタ療法を自分で自分に課したというか)
(その後も、会社の飲み会などある程度の節操が前提となる付き合いの人たちにも平気で脱げる男の人への劣等感はまだ若干あったものです)

で、ワークのときに、全裸になることと、男らしさを発露することの違いを呼び覚ましてもらいました(←こうして文字で書いてみると、ものすごくバカな人みたいですね←否定はしませんがw)。

なんでこんな感覚の混同が発生したかというと、過去生のあるとき、男らしさを讃えられていたのを他の男たちに妬まれたことで本当に大衆の前で全裸にさせられ恥をかかされるという経験をしてトラウマになってしまったかららしいのです。
(荒唐無稽に思えるかもしれませんが、私、この感覚がなぜか今回の人生でも子供の頃からあり、男だけの集団になると『襲われそう』という気がして、表面上は笑顔で付き合いをしつつ、内心『もしいまあいつから襲われたらこの道具で頭を殴って、その隙にこっちの奴を蹴り飛ばして退路を確保してダッシュして……』と、普通に考えたらそんな切羽詰まった対応考えてんなよレベルのことをずっと頭でシミュレーションし、警戒しているようなところがありました)



実は私、数年前にワークして解消するまで、「物理的にウンコまみれになること」と、「人と腹を割って心を通じ合わせてわかりあうこと」がこれまた完全に同じ感覚になっていました。

だから子供の頃、それこそ幼稚園に入る前の物心つく前から、人と心が通じ合うことを極端に嫌がって避けてたんです。

そしてこれまた同時に、ウンコを手で触っても平気になれば、バキュームカーのあの強烈なウンコ臭が平気になったり、「とてもいい匂い」と認識できるようになれば、この状態を克服したことになるとなぜか思っていて(注:この時点では私は、自分のなかの感覚の混同には気付いていないので、なぜウンコを手で触れるようになることやウンコの匂いを良いと思うようになることが自分にとって何かの克服になるのかは頭ではわかっていません)、

「無理だよー!!そんなの絶対に嫌ー!!!」

と、自分の設定した課題にめげて挫折する、ということの繰り返しでした。

(私が極端にウンコを嫌うわりに、ウンコと仲良くすべき、という相反する思考も同時に抱えていて、ウンコを嫌う気持ちがピークになる瞬間、それじゃダメだという思考も強く働き、結果として何も無いところからウンコを出して、自分がウンコから逃げないようにする……ということを子供時代は無意識のうちにしていたわけです)

いま思えば、ある程度オトナになり、「ウンコぐらい何w」と思えるようになった頃、「嫌だけど人付き合いもできるよ」と思えるようになったというのも、完全にこの思考のせいですね。

この件についてワークしたとき、

「えー?人ってウンコじゃないのー?どこが違うの?ウンコと人の違いがわからない!!」

と、ふざけているのではなく真剣に、そして感情の昂りのため自然と声が大きくなって周囲に丸聞こえな感じで言ってたっけ。まぁ可愛い私。



「いくらなんでも、そんな頭のおかしいバカはあんた1人しかこの世にいないよ?」

と思うのがおそらく一般的かとは思いますが、意外や意外。こういう、概念の混同はわりといろんな人に思いもよらない組み合わせで起きてたりするもんだよー?

なんちって。
関連記事
スポンサーサイト