湿布で取る!浴槽のサビ・汚れ染み・湯垢水染み

これこれ。
  ↓
湯垢水染み掃除に最適★バスタブ、浴槽、ユニットバスなどサビ・汚れ染み抜き洗剤AB 400mlセット湯垢水染み掃除に最適★バスタブ、浴槽、ユニットバスなどサビ・汚れ染み抜き洗剤AB 400mlセット
()
ピーエフシー

商品詳細を見る

《 使用方法 》
1)浴槽全体をシャワーで散水し、汚れを洗い流します。
2)ゴム手袋をはめ、洗面器に洗剤を 1:1 の割合で混合する。
3)スポンジに洗剤を取り、擦り洗いする。
4)再度、汚れに洗剤を塗り、キッチンペーパーを貼り付け、湿布する。
5)一晩放置。
6)キッチンペーパーを回収し、浴槽を水洗いして洗剤をキレイに洗い流す。

はじめは私、買ったものの使い方がわからない感じで、しばらく放置してました。

が、意を決してやってみることに。

意外と簡単で、ゴム手袋をしたら(←重要!しないと手がボロボロに!)、洗面器にAとBを同量ずつドバーッと入れ(AとB、それぞれボトルの半分くらいけっこう使っちゃう感じ)、その溶液にスポンジを浸して軽くこすり洗い。ここまでは普通の風呂掃除と何ら変わらない。

次に私の場合、洗面器を浴槽の底に置き(これで液が周囲にたれても問題ない)、溶液のほうにキッチンペーパーを「ちゃぷっ♪」と浸して、まだ液がだらだらーっと流れてるうちに浴槽に「ぴとっ♪」と貼る(思った以上にくっつきがよかったです)。

キッチンペーパーが「くしゃっ♪」となってしまうことがあるけど、そのまま放っておいたり、指でなんとなく「ぐじゅっ♪」と伸ばして終わり。いちいち丁寧に貼らない。気になるようなら、ぐじゃっとなったキッチンペーパーの上から、もう1枚貼るとかすればいいだけの話。とにかく、神経質にならない。

「この作業はめんどくさいから嫌」という思考を自分のなかに発生させないのがコツ

かと。

で、湿布し終わったら放置。バスルームの戸を閉めておけば、いい意味でモワッとして湿布が乾燥しにくい印象。

溶液からはかすかに、お酢のようなにおいがしますが、不快なほど刺激臭とか目が痛くなるとかは無いので作業しやすいです。

面倒でも、夜に自分が風呂に入った後にやるか(そうすれば一晩寝て起きた頃には綺麗さっぱり)、休日の昼間にやる(そうすればその日の夜、普通に入浴できる)といい鴨。

作業時間も10分たらずで、思ったより全然時間がかからなかった。作業自体を楽しいと思えるかどうかは個々人の感性によるけど、個人的には楽しかったなぁ。「俺様の湿布でお前(=浴槽)を覆い尽くしてやるぜ!覚悟しな!」という中二病的な遊び心がある人だと萌えるかも。

で、汚れの質や度合いにもよるんだろうけど、びっくりするほどピカピカになります。

この商品は3000円近くしてちょっと高いけど、私も今のアパートに引っ越してきて6年目にして初めて使ったくらいなので、数年に一度の出費と思えば、割り切れるのでは。

ご参考までに。
関連記事
スポンサーサイト