カロリー専科 生粋 和風ラーメン & うどん

はぴねすくらぶの商品です。
   ↓

いわゆる「1食置き換えダイエット」に使うもので、150kcal以下であるこのラーメンを1日3食のうちの1食にすると、総摂取カロリーが減るから減量に効果的だよ、というもの。

発想はありきたりといえばありきたりなのですが、イチオシなのは

量&味!

いや、凄まじく美味とまではいいませんが、これまでの置き換えダイエット食って、

せいぜいコップ1杯のシェイクやドリンクじゃ正直、全然たりない(≒満腹に至らない)

じゃないですか。

でもこれ、普通にドンブリ1杯分のラーメンとスープなので、そこに画像のように野菜などを具として添えると、

見事に満腹になるラーメンのできあがり


なんです。

スープの味も(お湯で薄めすぎなければ)しっかり濃く、「主食をしっかり食った感」すごいあります。

同じシリーズで、うどんもあります。
   ↓

食べてる側としては、低カロリー食品に置き換えている実感(というか、つらさ。ひもじさ。物足りなさ)は、全然ないです。

ご参考までに。
P.S

このシリーズは、雑炊
   ↓

が本舗というか、いまでも一番の売れ筋らしいのですが、

味噌汁お椀1杯程度の雑炊じゃあ、全然足りない

ので、なんかこう、これだけを「1食置き換え!」とするのは、無謀だと思いました。

だいたい、相当に摂取カロリー制限をしたって、健康面を考えたら1日あたりだいたい1200~1500kcalは摂ったほうがいいわけで、単純に3食で割ったら1食あたり400~500kcal。
それを1食分、低カロリーに置き換えるにしたって「35kcal以下の雑炊」に置き換えてしまうのは、ちょっとやりすぎなんじゃ……と思います。



栄養学についてもシュタイナーをはじめ、霊的な意味合いやエネルギーの作用といった観点を含めてみるようにしはじめたのですが、「摂取カロリーを減らせば、その分だけ体重が減ります」という理論だけで摂取カロリー制限をしてしまうのは、どうなんだろう……という感じ。

美味しく、満足する食事ができているのに、栄養バランスやカロリーが適正で、運動なども含めた生活運動強度の充実により、結果として肥満なら減量が実現できていく……というほうが健全ですよね。

「いや、やるならとことんでしょ!霊的な栄養?関係ねえよ!現代栄養学の理論だけが真理!」

という方は、どうぞどうぞそのまま……。
関連記事
スポンサーサイト