東北人イシュー解消実践会 録音mp3販売のお知らせ

標題のとおりです。

講義mp3とテキストPDFを8500円で販売します。

=実践会カリキュラム(目次のみにて概要を紹介)=

■日本の東北地方の霊的エネルギーな特徴

[エネルギーイニシエーション]
東北地方の磁場に適合するとはどういう感じか、第七層を通じた「東北地方適合エネルギープログラム」のインストール&いつでも呼び出して起動できるようにする処理
 +
上記のコマンドを他人にかけることができるようにする呼び覚まし


■東北、とりわけ宮城県(仙台市)にはどんな人が転生するか

■東北人が抱えがちな「屈折した選民思想」とは&解消の手引き

■国の「呪医」としての役割を引き受ける(先祖伝来の)集合意識

[usamimiによるプチセッション提供]
東北地方の精霊とでもいうべき意識との対話
・自分との関係(契約や誓い、遺伝性の信念や呪いなどがないかどうか)
・土地は自分に何を期待しているか、どうあることを望んでいるか
※土地の意識と取材した後、ハイヤーセルフや創造主と確認をとり、どう関係性を修正するのがいいか探る


■東北を「敵を霊的魂的に封印する流刑地」として利用する術&その犠牲者

■第4層的な義務としての、その地方の「護り人(ガーディアン)」(であるという束縛)

■東北地方に封印された邪悪なエンティティのエネルギー的悪影響(を解消する)

■ルシファー&アーリマン(ソラト)からの誘惑

[エネルギーイニシエーション]
ソラトのエネルギー干渉を受けて汚染されている部分があればそれを浄化し、免疫を備える
  +
上記のコマンドを使えるようにする呼び覚まし


■東北地方の持つすばらしさを再発見する

[集団瞑想]
自分のこれまでの人生のなかで実際は感じていたのにスルーしてしまった東北のエネルギー的なよさを再発見
 +
超感覚的に拓かれたからこそ今なら感じ取れる、これまで自分が知らなかった東北の魅力を発見

(創造主の力を借りて、自分が意識してとらわれていた感覚や思考から解放された状態でこれまでの自分の人生を、そしていま超感覚的にアプローチする東北のよさを直観的に感じ取ります)



今回は、テキストに出てくる、「東北地方が日本の解毒・浄化を担当する呪医的な役割を担っている(ことの集合意識からの影響を受けて、自分も犠牲になることを選んでしまっているかもしれない)」内容についてのプチセッション(厳密に時間を区切るわけではありませんが、一区切りつくまで10〜20分くらい?)つき
(遠方の方はSkypeか電話で対応します。メールで日時調整しましょう)
※相談内容を独自のものにする依頼にはお応えできません。あくまで、テキストに出てくるイシューについてのみです
※「べつにセッションなんか要らないよ」という方はその意思を尊重します(ただし価格の値引きなどには応じかねます点をご了承ください)


ちなみに東北出身or在住の方“以外”でも、興味のある方には販売しますのでお問い合わせください。

⇒購入希望の方は、メールか、ブログPC表示版の右段にあるメールフォームからその旨をお書きのうえ、申込ください。

※同日に開催した、プチプチレインボーチルドレンは、実習の度合いが強いので録音mp3の販売はしない予定です。
 (でもこっちも、私としては『こんなんでお金もらっていいんかな?』と思う要素もあったのですが
  参加者の方は『これがなによりも重要!私に必要だった!!』とおっしゃってくれて感無量でした)


P.S

実践会ではエネルギーイニシエーションを提供することがあり、録音購入者も対面参加者と同じエネルギーイニシエーションをお受けいただけます。

ただ、既存の実践会録音mp3購入者たちから、

「エネルギーが強すぎてまだキツいので保留してる」
「自分のなかのブロックが、エネルギーを受け取るのを拒否してるのでワークしてから」
「1回では受け取りきれなくて、何回かに分けて受け取ってます」

などのコメントも寄せられております。

こういう使い方も、もちろんOKです。
(ある意味、何度でもエネルギーイニシエーションを味わえるのが、録音購入の1つのメリットかも)


今回の東北人イシュー解消実践会でも2つほどエネルギーイニシエーションが出てきますが、特に2つめは、(よりによって東北人イシューとなんら関係ない、万人にとって重要と感じていただける類いの)

めっちゃ強力? 影響デカい?


ものになっているようです。
(もちろん、『は?これのどこが?』と感じる方もいると思うので、断言はできないのですが。あくまで対面参加者のコメントを鑑みるに、です)

もしかすると、東北がどうのこうのということにまったく関係なく、この2つめのエネルギーイニシエーションだけでも、1つのエネルギーワークとして価値あるってことなのかな、、、と、(対面参加者からそう励ましていただいて)思ったり。
(慎重になろうとは思いますが、このワークは別個に独立させてメニュー化しようかなと思っています)

関連記事
スポンサーサイト