エネルギーパトロン気取りをやめる

自分で何かをするのが怖い、あるいは何かをやってみても自分の力ではうまくいかず、でも(夢が形になっていないので現実的に何か行動をする必要に迫られず)エネルギーとしては持て余している……という状態で、サイキック面でのエネルギーが強い人がよくやるのが、エネルギーパトロン。

どういうことかというと、自分が応援する誰かにエネルギーを送って、その人が成功するよう応援するんですね。

実際、そういう人の働きかけによって成功できている人もいるし、エネルギーパトロンであることに納得している人もいる。

生き方は人それぞれで、そこに良い悪いは根本的にはないと思います。

ただね。

本当に、「自分の人生を成功させることよりも、この人のエネルギーパトロンになることを優先する。そのことにこの生涯を懸ける!」と納得できているならいいけれど、そうでないなら、どうなんでしょう、ということです。

良くも悪くも、人は(どれだけサイキック面で、エネルギー的に凄かろうと)他人の人生を思うようにはコントロールしえません。

エネルギーの伝達効率という点で言うと、他人に流すよりも、自分自身に流したほうが、効率は、いいんです。
(あるいは、エネルギー自体は他人に伝達できたとしても、その他人が本当に、自分の理想どおりにそのエネルギーを活用するかは相手次第なので完全には掌握しきれません)

エネルギーパトロンになることを必ずしも悪いとはいえないし、どこかの誰かから良いとか悪いとか言われようと本人次第……というのは確かにそうなのですが、その根底に

自分はどうせ成功できないダメな人間だから

という諦めがありはしないか、ということなんですよ。

もっといえば、

エネルギーパトロン(気取り)で、応援する誰かが成功するのを見て「これは自分の手柄」と認識してご満悦……という独りよがりに陥ってないか

という点を気にしてもよいかと。



これ、人様に警鐘を鳴らすような体裁で書いてますけど、実は何を隠そう私自身がまさにこのタイプでしたw

勝手に自分の好き嫌いや将来性予測をして「優良株」を見つけ、一方的にその人や団体が成功していくようにエネルギーを送るんです。
私の場合はもっと性質(たち)が悪くて、ただ応援するエネルギーを送るだけでなく、もっと高度な?エネルギープログラミングで世の中の在り方に手を入れ、自分が目星をつけた人や団体が成功していくように、糸を引くんですよね。

それで、たとえば10年前から目星をつけていた……落語家がぶっちぎりで真打昇進するとか、応援していた起業家が都知事選に出てしまうところまで行くとか、アングラ的に活動していた女装タレントが某大手ドーナツの看板も務める大御所タレントにのし上がったとか、勤めていたベンチャー企業が数年でヘラクレス→東証二部→東証一部上場とうなぎ上りで成長していくとか……の現実を変化を見届けてニンマリ、みたいな(暗い!)。

しかもこの場合、果たして私のエネルギーパトロンとしての応援が功を奏したのか、そんなものとは無関係にそもそもその人や団体は実力だけでそこまで行ける器だったのか、よくわからないわけで。
(妥当に考えれば、エネルギーパトロンのおかげ、と考えるほうがどんだけ都合のいいでっち上げなんだよという話で)

勝手にパトロン気取りで「あいつが成功したのは、俺が応援してやったからだぜ」なんて、当事者に言ったらぶん殴られる勢いなわけじゃないですか。

そんな後ろ暗いことを、してしまう。自分が成功できないと諦めているから。もっといえば、自分が自分の人生を最高のものにする挑戦の日々から逃げているから。

救いようがないのは、よりによって私の場合、ヒーラーとして独立した後は、エネルギーパトロンとしての能力のほうに自信を持ってしまい、今度は有望株を応援するのではなく、

普通にこのまま行ったらダメだろうなという人や団体を見つけ、それをエネルギーパトロンとして応援することで、どこまで上向きにさせられるかを実験する

という、最強に女々しい?ことに挑戦したりして。

「いいの私は。あなたたちが成功して現世利益をお楽しみなさい」

という、何様なんだよテメエ的な上から目線で余裕ぶっこいて、ほっといたら絶対ダメだろこんなの、というものを応援する。

で、そこそこうまくいってしまうw

どうしようもなくくだらないものが、なぜだかしらないけどうまくいってしまうことで、真っ当にやっている人たちが馬鹿を見たような心地になったり、「わけがわからない!何を信じて生きていったらいいんだ!」と困惑する人たちが現れるのを見て、クスクス笑って悦に入ったり(←史上最高にキモい)。

そうやって、自分の人生が(自分が自分の人生を輝かせようと挑戦していろいろ行動するということをしないままだから)退屈でショボいがゆえの「憂さ」を紛らわしていた、という……。(人として最低すぎるw)

まあね、私みたいになっちゃ、ダメですよ。というお小言。(←それすら、何様なんだよって話w)

ちなみに私、今年になったのを契機にというか、エネルギーパトロンやるのやめました。やっぱね、自分を後回しにして、他人を(しかも他人の了承を得て現実的にサポートするとかじゃなく、一方的に見えないエネルギーだかで)応援するなんて、ロクなもんじゃないよ。

もし、エネルギーパトロンとして自信が出てきて、放っておいたら元々はダメダメなものでさえどうにかできてしまう、っていうなら、それこそ、「どうせ成功できないや」と諦めて投げちゃってる、ダメダメな自分自身のエネルギーパトロンになれよ!!!っていうね。

肉体のDNAも現世的な能力(知力・体力その他もろもろ)も、ほんっとに低能でどうしようもないし、何より心というか気概が頼りなくだらしないこんな私だけど、というかだからこそ、これからは凄腕のエネルギーパトロンとして(←まだ言うかw)、どうにかしていってみせますよっ!!

なーんて。

はぁ、どんだけ中二病?
関連記事
スポンサーサイト