美徳を備えた人=道徳的にみて「善い人・できた人・人格者」?

ここはビミョーなところでしょうね。

というか、どんな道徳観で良し悪しを判断するかの個々人の基準によって異なるので。

ただ。

あえて傾向を挙げるならば、

人間本来の自然な在り方を抑制するような在り方を「人間ができている」と判断する人からすれば、美徳を備えた人が必ずしも「素晴らしい人格者」に映るとは限らない

ということでしょうか。

オトナになるにつれて、自然な欲求を我慢しろとか、本音と違う建前で周りに合わせろとか、そうした「自分のありのままを否定する」ことを社会的には求められやすくなりますし、またそうした周囲の期待に応えて、「型通りマナーどおりに振る舞って一切のワガママを言わず、不平不満も言わずに黙々と与えられた仕事をやってのける」タイプの人間は「できた人」と評価されやすい傾向が一般的にありませんかね?
そういう価値観の人からすれば、主体性や独創性、人間の心を抑圧するものに我慢せず立ち向かう勇敢さや決断力を持った人間は、良いと思えないかもしれません。

もちろん、兼ね備えた美徳(という周波数の電磁的エネルギー)をどう使うか、どう発揮すると社会的に適応できるかを主体的に経験で学んでいる人は、突拍子もない行動や発言はとらないし、周りから顰蹙をかうような失態もおかさないことは推測できます。
が、そういう人でさえ、「周りの都合のいいようにハイハイ言うことを聞く」ような動き方はしないものです。
自分を主張すべきところはして、譲るべきでないところは死守する。我慢しすぎて自分が傷ついたり壊れてしまうようなことなら、きっぱりと断る。引く。
本来ならバランスがとれているはずのこうした行動は、「なんでもかんでも自分の都合のいいように他人を動かそうとする自己中心的、独善的な人」からすると、「非常識、ありえない、人としてどうなの」というマイナス評価に繋がってしまうわけです。

中高年の女性に顕著な印象がありますが、自分の考えを絶対に正しいと信じて譲らず、周りのものすべてを自分の価値判断基準どおりにさせようという支配的な要素がある人はいますよね。そういう人からすれば、「美徳を備え、自分を束縛するような思い込みや信念・集合意識から解放されている」有様の人というのは、問題児・要注意人物に映ってしまうもの。

また、美徳といっても数限りなくありますし、1つの美徳でいっても「ある/ない」の2択では割り切れないもの。

得手不得手はある程度、誰にでもありますし、ある単独の美徳のみが傑出していることが、その人を「変態・異常者・変わり者」といった風情にしてしまうこともあります。

また、美徳各種が備わっている人ほど、虚勢を張ったり権力志向でがむしゃらに人の上に立つといったことを目指さないことが多いので(なぜなら心の虚しさをそうした現世利益で埋め合わせる必要がないので)、結果的に「パッとしない人」といった目立たない印象になることも。
また逆に、他人によく思われようとコソコソしないからこそ、あけすけで蓮っ葉な、粗野な在り方に映ることもよくある話。

いわゆる英雄、カリスマ、洗練されたセレブ女優といった、いかにも美徳備わってます感ムンムンの世間的イメージと、実際に美徳もろもろが備わっている人の人物像は、ズレがちなんですわ。



なんでこんなことを書いたかというと、

「えっ?霊能力が使える人って、人格的にも素晴らしいんじゃないですか?」

という考えを持つ人がやたら多いからなんですね。

それは当たらずとも遠からず……といった感じで、なんらかの美徳が備わっていたり、波動が高いといった要因はあるでしょう。
しかし、世間の常識でいう「できた人、人格者」像にそっくりそのまま、あてはまるわけじゃないんですよ……ということが言いたいというか。
(これは同時に、超感覚能力をもっと向上させていきたいという人に向けていうなら、『頭でっかちなマナー意識で考える“いい人、人格者”を目指すことは、必ずしも本当に人として霊的に成長して美徳を備え波動を上昇させることには直結しませんよ、という示唆でもあります)

まぁでもこのへんは、難しいかもねー。

客観的な視点(≒シータヒーリングでいう『創造主の観点』)に立って、エネルギーの本質を霊視できる人なら間違えないんだけど、なんだかんだいってまだまだエネルギーだけで物事を読み解けずに頭で判断しちゃう人からすれば、どうしてもそれまでに教育や躾、育った地域から受けた価値観で、人を判断しちゃうもんなぁー。

いい例えかどうかわからないけど、ドラゴンボールって漫画、あったじゃないですか。
あの漫画の主人公である孫悟空は、非常識で問題ばかり起こす破天荒なキャラだけど、心が清い人だけが乗れる觔斗雲(きんとうん)に乗れますよね。
一方、常識や礼儀作法、空気を読んで自分の本音を抑えるといった世渡り面でいえば「デキた人」と映るかもしれないクリリンのほうが、乗れないんですよね。
あれに集約されると思います。
波動が高くて美徳を備えている状態と、単に世間の常識からみて「善い人、デキた人」の違いというのは。
関連記事
スポンサーサイト