楽器を始めるなら、レンタルで。〜音スタ〜

楽器をやってみたいけど、いきなり高い値段は出せないなー。続かないかもしれないし……という人は、意外と多いかも!?

そこでご提案するのが、楽器レンタルという手段。

音スタ公式サイト

月々980円〜(実質、2000円前後?)のレンタル料金で、新品・中古もろもろ、自分の選んだ楽器をレンタルできるんです。

やめたくなったら楽器を返品してレンタル契約終了するもよし、気に入ったら購入もできちゃう。
しかも購入代金は、レンタル期間中のレンタル料として払ったお金が充当される!

まぁ、なんと夢のやうなサービス&ビジネスモデルでせう。
(注:音スタの回し者ではありません)

レンタルだけに、たとえば大きな傷をつけてしまうと、返品するときに弁償するハメになったりと、それはそれでちょっと気を遣う点もあるにはあるようですが、いきなり何十万、何百万円もの予算をドカーンと割いて楽器を購入してしまう(そのわりに続かなくてすぐやめる)なんて事態を回避したいなら、有力な選択肢になるんじゃないかな。



自分自身、中年と呼ばれるトシにさしかかって、プロでもないのに楽器をいまさら初心者として始めてみて思うのですが、プロを目指して上達一筋、という(若い頃に楽器をやる人にありがちな)学び方ではわからないことが、音楽演奏を実際にやってみる体験には多々あるなぁと感じます。
あと、子供のうちにやってたのでは気づかないことに気づけることが多い実感。

大人には、大人ならではの感性というか、子供にはない、経験を通じてこその豊かな感受性がある

とつくづく思わされます。

また、いい意味で頭が発達しているので、上達のメソッドなどを本人が納得できる形で合理的に?ちゃんとした先生から教わると、ただがむしゃらに見よう見まねで試行錯誤するだけの子供よりも、要領よく上達していける印象。

ほか、楽器をやる意義についてですが、プロになってそれで食うわけでなくとも、「いっぱしに弾ける」ところまでは到達する甲斐があると思いますし、それはなにも何万人に1人の才能、みたいなものを持ってなくても、やりゃあ誰でも到達できる印象。
(それこそ、学校の式典で音楽の先生が校歌斉唱のときピアノで伴奏を弾いたりしますが、ああいう『問題なく人前で演れる』レベルというのは、どの楽器にもあると思います)
※特別な難曲でなくて、まぁいわゆるフツーの難易度で弾ける曲を滞りなく弾けるようになるには「3年」と、よく言われますね。大人がまったくの初心者から始めたとして。←そして意外と、大人の3年はあっという間に過ぎるw



もちろん、「人生のなかで今が踏ん張りどき。仕事のほかに楽器なんぞをやっているヒマはない」という時期やら状態やらにある人は、どうぞわき目もふらずにという感じですが、そうでないなら、ボケ防止くらいのつもりで、なんかやってみてもいんじゃね?的なw

ご参考までに。
関連記事
スポンサーサイト