超簡単 お金の運用術

読みました。
  ↓
全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)
(2013/09/13)
山崎 元

商品詳細を見る

タイトルだけ読むと、簡単な内容なのかそうでないのか、そもそも役に立つのか胡散臭いのか判然としない感じですが(苦笑)、内容は、

もしお金のやりくりについて学ぶのが面倒で興味もほぼまったくない人間が、生涯にたった1冊だけ読むとすればこれ

という感じ。

いきなり冒頭に、「お金はこう運用せよ」と、具体的に何をどうするべきか、スパッと言い切っているんです。

それこそ、「3ヶ月分の生活費は銀行預金に入れ、残りはこの商品に投資」という明瞭さで。

もし本当にお金について学ぶつもりがない(しかしこの本の著者の言うことに従おうと思う)ならば、冒頭に書いてあるとおりに自分の資金を割り振って、今後の稼ぎについても本に書いてあるとおりにすれば、大きなバカは見ないで済むと思います。(それが納得のいく人生かどうかは別として)


本文自体は大学生向け?というか、かなりお金について初心者向けに書いてあるなと感じました。
(例:クレジットカードではリボ払いを使うな。なぜなら〜)

「は?リボ払いのどこが悪いの?」

と思う(レベルの)人は、読んでみてもいいかも。
(注:もちろん、リボ払いの不利益を納得したうえで、何らかの打算?割切り?があって利用するならいいのですが、『え、リボ払いって、なんかやべえんすか?』という感じなら、読んだほうがいいかもね)


いまどき話題のNISAについても、「ようするにどんな仕組みなの?どう使えば賢いの?」という点をまとめてあります。


全体として、

大きなリターンは狙えない(狙わない)けれども、「総資産を全額、銀行の普通預金に入れて投資・運用などせず、それをなんとなく日々の欲求に従って使っちゃう」レベルのお金の運用バカから脱却したい

という人に福音となる感じ?

一読の価値はあるかもです。
関連記事
スポンサーサイト