毎日4時45分に帰る人がやっているつまらない「常識」59の捨て方

タイトルどおりの本の紹介です。
  ↓
毎日4時45分に帰る人がやっているつまらない「常識」59の捨て方毎日4時45分に帰る人がやっているつまらない「常識」59の捨て方
(2013/08/02)
山田 昭男

商品詳細を見る

この社長、有名ですよね。劇団出身で、日本のビジネスの慣例で普通に考えたらおかしいんじゃないかということを平気で実行し、経営に成功している、という。

この本は、社長みずからがひたすら語るのではなく、社員の事例を挙げ、そこに社長がコメントするという体裁がとられています。
⇒社長みずからによる、経営哲学がぎっしり語られるのは「日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり” 」、「ホウレンソウ禁止で1日7時間15分しか働かないから仕事が面白くなる」、「稼ぎたければ、働くな」で。

目からウロコのヒント満載、と感じる人もいるでしょうし、「こんな非現実的なアドバイス、うちの会社には適用しようもない!第一、運よく会社が回ってるだけだろ!そのうちサボってたツケを払わされるハメになるぞ!」と憤慨する人も、いるんだろうなぁ……。




自分はこの本を読んで、救われたというか、「あぁ、いいんだ……」という安堵を感じました。

というのも自分は、べつにすべてがここに書かれたとおりではないですが、

「カットできる労力や時間、お金はとことんカットして、最小限度の労力で最大限の成果を得ようよ」

というスタンスで、学生時代の勉強(してないに等しいですが)と、会社に入ってからの業務をやってたんですね。

一人だけ能率をよくしてもスタンドプレーとみなされて損、というところまで視野に入れたうえで、自分が配属されたときに現場で採用されていたやり方の改善点を見つけて、完璧に通用する改善策を構築したうえで、上長の確認をとり、担当者へ業務プロセスが変更になることを説明し、心理的抵抗の度合いも見計らいつつ徐々に……という形で適用させていったんです。
(システムエンジニアだったので、業務にシェルスクリプトやエクセルのマクロ、VBAなどを組み込むことで、手作業でやるのと比べてズバ抜けて速く、また絶対に打ち込みミスのない業務が可能でした)

部署全体が定時に上がれて、仕事のミスやシステムトラブルも激減。自分の信じた改善策は間違ってなかった!と少なからずやりがいを感じました。

が、内情をよく知らないよその部署から

「いっつもあの部署だけ早く帰りやがって。ちっとも仕事してねえんじゃねえのか」

という評判がたち、そうでないということを仕事の実績コミで証明すればするほどやっかまれ……という悪循環が生じるようになりました。

また、あまりに仕事が早く完璧に終わってしまうことで手持ち無沙汰になったり、それを他の部署の人たちから「サボっている」とみなされるのを不都合に感じた(のであろう)私の部署の面々が、以前の非効率的なやり方に戻していったんですね。

そのやり方でミスが増え、トラブルが頻発し、残業もまた増え出した。
となると槍玉に上がるのは部署の責任者である私で。
(しかも、他の部署の責任者が軒並み、30〜40代だったなか、私は20代前半という、年齢的にいって強く出られやすい年代でw)

そこでスタッフがベストな方法から勝手に以前のものに戻したことがトラブルとミスの原因です、と報告すると、苦労至上主義的な思考パターンの当時の部長から

「キミねぇ……。効率とか正確性とか業務プロセスの改善とか、少し頭でっかちなんじゃないの?大事なのはハートだよ?ハート。遅くまで残って必死に頑張ってるみんなの『熱』が、『エネルギー』が、システムトラブルを防ぐんだよ。キミには、熱意がたりない。それがミスの原因だ」

みたいなことを、ドヤ顔で言われてしまうわけです。

当時流行っていた、「オー人事、オー人事」のCM音楽(チャイコフスキー作曲の弦楽セレナーデ)が脳内を流れたのは言うまでもありません。

会社を2社、経験したのですが2社目は1社目の比ではないほど、「徹夜で残業して睡眠時間もなく働く」のを至高と崇める社風。(ここはもう、ここで書く気力もないほどのレベルでした。アンケート集計をエクセルで計算してたら年下上司から『usamimiさん、そうやって手抜きしてラクしないで、計算は“手で指折り数えて”やってください。○○さんなんか、3日徹夜して、手で数えたんですよ。間違いもたくさんありましたが、あなたよりは誠実です。これから○○さんの集計の間違いをみんなで、1週間徹夜する覚悟で修正していきます。あなたにそれと同等の熱意を求めても無駄でしょうから期待しませんけど、少しは考えてください』とたしなめられたり)

私の場合はヒーラーとして独立してからも、食えないヒーラーや食うのが精一杯といった自営業者たちから、

「そんなに短時間労働のくせに稼ぎやがって!いまにバチがあたるよ?人間、ラクしていいことないよ?」

的なことを言われまくりで……。

それをいちいち「うるせーな、ほっとけよ」と無視すること自体に労力を要する……的な状況に、少なからず恒常的に陥っているようなところがあったんです。

で、自分は間違っていないと奮い立たせる一方で、心が折れかかって

「やっぱり自分はダメなのか。効率的に無駄を省きつつ、大切なところは手も心も抜かないで業務にあたった結果、労働時間が少なくて収益が高いというパフォーマンスを築き、余暇を増やして自分のやりたいこと、自分を高めてくれること、仕事にさらに活かせることをやることに費やすような、夢を毎日叶えまくってるような生き方をしてはいけないのか」

と思いかかっていたんですね。

でもこの本は、「そうじゃないんだ!」と思い直させてくれました。


ものすごく要領よく能率よく仕事や勉強ができているけれど、それを周囲に理解されなかったり「それはおかしい」と責められたりしている人がこの本を読むと、励ましになると思います。おすすめ。
関連記事
スポンサーサイト