元天使(アースエンジェル)特有の「生きづらさ」がわかる作品

スピ本とかの紹介じゃなくてスイマソン(←謝る気ゼロ)。

私はラブ・リーガル DROP DEAD Diva シーズン1 DVD-BOX私はラブ・リーガル DROP DEAD Diva シーズン1 DVD-BOX
(2012/11/02)
ブルック・エリオット、マーガレット・チョー 他

商品詳細を見る

私はラブ・リーガル DROP DEAD Diva シーズン2 DVD-BOX私はラブ・リーガル DROP DEAD Diva シーズン2 DVD-BOX
(2012/12/05)
ブルック・エリオット、マーガレット・チョー 他

商品詳細を見る

私はラブ・リーガル DROP DEAD Diva シーズン3 DVD-BOX私はラブ・リーガル DROP DEAD Diva シーズン3 DVD-BOX
(2013/03/06)
ブルック・エリオット、マーガレット・チョー 他

商品詳細を見る

海外ドラマなんですが、このドラマに出てくる守護天使のフレッド(が人間として人間界に降り立って生活している)が、まさにアースエンジェルの特徴をもろ、体現してくれています。

アシスタントとして人助けをするとか、霊界のルールがきちんと人間界で遵守されているかをウォッチするなどの点(ようするに天使が持っている属性が発揮できる場面)に関してはパーフェクトな能力を発揮するのに、本音と建前の使い分けとか、嘘も方便とか、そういう「真実でないものやネガティブなものを上手に交えて物事に対処する」点が壊滅的にダメなんです。

このダメダメな部分が、元天使(アースエンジェル)人間からすると、もういちいち、自分にも当てはまりすぎてトリガーされまくりw

フレッドはそこまでメインに活躍するキャラではなくて、あくまでたまに出てくる脇役みたいな位置づけなのですが、出てくるたびに自分にも当てはまる「人間として生きるのが不器用」な点を見せてくれるので、苦笑いが耐えません……w

アースエンジェルの自覚がある人は、観てみると思わぬ発見があるかも。

(フレッドにツッコミを入れることで、『ツッコミを入れることができた=人間界に馴染めている(からこそツッコミポイントがわかる)』とポジティブに解釈して、『私ってこれでも、人間界に適応できてるほうなのねー』と納得するのもアリかと)

ご参考までに。
関連記事
スポンサーサイト