フレンチ・ユニバーサル・ペンデュラム

ようやく書けますわ、この記事。

フレンチ・ユニバーサル・ペンデュラムをご存知ですか?
 ↓
up.jpg
⇒こちらで購入しました(英語)

ペンデュラムのなかでもエナジーペンデュラムと呼ばれ、本体のなかに金属等が入っていて、エネルギーを放つんですね。

雑にいえば、

ピップエレキバン的な効果も持つペンデュラム

ってことになるでしょうか(←各方面から非難囂々の予感w)。

本体に目盛りみたいなのがついてますが、これが電磁波の周波数を決めます。

虹の7色(赤橙黄緑青藍紫)に加え、赤外線、紫外線、白、黒、それに緑マイナスという波長にチューニングができます。

こまかく見て行くと奥深いのですが、至極シンプルにいえば、

人間のエネルギー体は、すべての波長がバランスよく調和がとれてるのが望ましい。だから、エネルギー状態がたりてなかったら、そこが癒えるまでペンデュラムを持ち続けてエネルギーを流しゃあいい


ということです。(←何かと口うるさい専門家各種から非難囂々の予感w)

どういうことかというと、たとえばはじめは赤に設定して、自分やクライアントなど、癒したい人の体にかざす。

で、右回りなら良好、左回りなら「その周波数のエネルギーが足りてない」という目安で、左回りになる箇所でしばらくそのまま。

この「しばらくそのまま」の間に、患部にエネルギーが浸透していき、患部のエネルギー状態が±0になったら縦揺れに変わり、良好に流れはじまると右に回る、、、というような具合。

それを全身にやって癒し終わったら、設定を今度は橙(オレンジ)に変えて同じことをする。
これを、黄、緑、青……とやっていくだけ。何も考えなくてOK、という。(←何かと慎重にマニュアル主義的にモノを言いたがる人たちから非難囂々の予感w)

サトルエネルギー(精妙エネルギー)への体感が育ってる人だと、みるみる体調がよくなっていくのがわかると思います。
(そうでない人でも、たとえば関節の痛みが軽減したなどの肉体的知覚で、症状の改善が自覚しやすいかと)

ひととおり、癒し終える頃には全身にエネルギーがみなぎる感覚が得られます。



私の場合はシータヒーリングによる超感覚リーディング(≒霊視)を併用するのですが、そうするともっとこまかく見えます。
(『このペンデュラムが反応しているエネルギーの源泉(どうしてここが不調なのか)を見せなさい』とコマンドしてペンデュラムによる上記のプロセスをやるだけで、自然と見えてきます)

知人にモニターになってもらったりもしたのですが、体のどこにどの周波数のエネルギーがたりてない(あるいは、うまく循環してない)か、そしてそれがどうして起きているかがわかり、ペンデュラムで癒しながら口頭で理由などを説明すると、わりと満足してくれる人が多い印象。
そこにプラスして、たとえばエネルギーの不調が思考によるブロックやら呪いやらに由来してるとわかったときは、シータヒーリングのセッションよろしく、相手の許可をとってコマンドで原因を解消して差し上げると、もっと喜ばれる印象。

私のサロンでは、オリジナルヒーリングセッションを申し込んでくださった方に、希望すれば上記のような癒しのセッションを提供します。

ペンデュラムを使って患部をリーディングしていくとはいえ、「半ば遠隔」的に、クライアントの方は普通に椅子に座ってていただくだけで結構です。私も、そこから1~2m離れたところでペンデュラムを持ちます。
(クライアントの方にベッドに寝ていただいて、その真上にペンデュラムをかざす、、、ということはしないという意味です)

このペンデュラム、エネルギーがわかる人はマニュアルなくてもガシガシ、良い意味での自己流で使いこなしていける実感あります。

興味ある方は、購入してみてはいかがでしょうか。

ご参考までに。
関連記事
スポンサーサイト