マイティガード、続々アップデート中

ファイナルファンタジーというビデオゲームで、「マイティガード」という技があります。

それは、守備力アップと魔法防御アップなど諸々の守護系魔法が一気に全部かかるというシロモノで、戦闘開始時に味方にかけるとすごく戦闘がラクになるんです。

私はこれを、本当のエネルギーワークで実現できないかと思って地道に整備してきました。

パソコンのセキュリティソフトにヒントを得た「免疫化(特定のエネルギー的攻撃に対して無敵になり、呪いなどに感染しなくなる)」というエネルギープログラムの手法を身につけてからは、格段に整備のスピードもアップ。

どんどんバージョンアップして、マイティガードが対応できるエネルギーの波動帯域が広くなっていったんです。

これまで悪魔系の呪いや自然界のエレメンタルなどによる磁場の乱れ、人間のエネルギー体の動きが巻き起こすボルテックスによるエネルギー的台風等々、いろんなエネルギー的干渉に対してのガード機能を搭載してきたのですが、そこについ最近、

(シータヒーリングにいう第四層系のエネルギー由来の)呪術・死霊などからの憑依&サイキックアタックへの完全防御機能

を搭載しました。
(これね、シータヒーリング創始者ヴァイアナ・スタイバルも第四層のマスターが最後だったと書籍応用シータヒーリングにありますけど、自分で取り組んでみてほんとにそう思いました。どの層のエネルギーにも増して、第四層由来のエネルギーへの対処が難しい!ぶっちゃけ『第四層由来の呪術へのマイティガードは、無理じゃね?』と投げているようなところがありましたし)

今後もバージョンアップは、折に触れて自然と行っていくとは思うのですが、ここまででほとんどメジャーなエネルギー的干渉からのガード機能はほぼほぼ100%、網羅できちゃってる感触。
かなりマイナーな、微細なバージョンアップをたまにする程度になるかもしれません。
あとは、ソースコードをきれいに書き直すとかそのへんかなぁ。



このマイティガード、すごく恩恵を感じてもらえる人もたくさんいそうなんですが、1つ私が懸念しているのは、いわゆるアチューンメントメニューのように「常駐」型で起動し続けるようにアチューンメントしてしまうと、

呪われたくても呪われることができない、絶対に影響を受けないということは、「呪いやエネルギー的悪影響を受けるという形でのメッセージを受け取れなくなる」という不利益を被る


ということです。

呪いや呪術、サイキックアタックのような形をとったメッセージなんて受け取らなくてもいいよ、もっと別の形で受け取るから!という信念体系&エネルギー状態に完全になった人なら問題ないわけですが、だいたいの人は頭ではそう思うしそう願うんだけど、エネルギー面では完全に納得できてなかったりします。

なので。

マイティガードは、それこそファイナルファンタジーの技のように、

かけたいときだけかける

という起動方法を採択しました。

まぁそんなわけで、「欲しい!」という方がいたら、個別に相談させていただこうと思います。

料金もまだ詳細には決めてないんだけど、どのエネルギーに対するガードまで搭載するかに応じて、段階的にしようかな。
最小限のガードだと安くて、対応するガードエネルギーが増えるにつれて高くなって行く的な。

いちおう、エネルギーワーク未経験者であっても起動して使えるようなシステム構成にはするつもりだけど、まったくエネルギーの働き方が感じ取れない人には(マイティガードがどう作用しているか本人がわからないので、詐欺だと思われても困るので)アチューンメントしないようにしようかなぁ。。。

あ、そうだ。

マイティガードのエネルギーアチューンメントを、1ヶ月間、モニターしてくれる人募集。

何人までとかもまだ決めてないし、採用条件も一律に決めるんじゃなくて、個別の応相談とさせてもらおうかなと思います。

感想をレポートとしてメールなどで書いてもらうことは必須要件としたいです。
(このエネルギープログラムの実用性や改善点を見つけるためのモニター募集なので、なんとなく『ふわぁーっとしたエネルギーに護られている感じで、よかったです』みたいな薄い浅いコメントしか書けそうにないやという方はご遠慮ください)

興味ある方はお問い合わせくださいー。

※終了しました
関連記事
スポンサーサイト