地球にはもう、本当に時間がありません!

一刻も早く、目覚めてください。

これはなにも、怪しげなヒーリングモダリティの創始者が「布教」のために不安を煽ろうとして言うようなニュアンスで言っているのではありません。

「もしあと1年しか寿命が残されていないとしたら、あなたは何をしますか?」

これももちろん、あなたを煽るためでも、ましてや答えを求めたがるようにたきつけて自分にすがりつかせようとして言っているわけでもありません。なんとなく同じテーマを共有したような雰囲気を醸し出して、その場の一体感を演出し、その一体となった集合意識の主導権を握ろうとして言っているわけでも、もちろんありません。

地球には本当に、もうあと少ししか時間が残されていないのです。

真剣に生きてください。いますぐに行動を改めてください。

人間はあまりにも怠惰で、あまりにも愚かで、あまりにも何も学ばなすぎます。

神々は深い慈悲と忍耐力をもってこれまで人類を見守ってきましたが、その堪忍袋もいよいよ緒が切れる寸前まできています。

次に神が怒って人類を罰すれば、人類はもとより、この地球そのものも、はたまたこの太陽系、銀河系そのものが宇宙空間から消滅してなくなるでしょう。

仏の顔も三度までといいますが、つまり悟りを開いた高次元の存在にも忍耐力に限度があるのです。

限られた豊かさのこの地球において、人類はエゴに踊らされ、人よりも多く豊かさを得ようと必死であがいてきました。
誰かが何かを得れば、その分だけ他の誰かが損をして犠牲になる。これは避けられない真実です。
その真実を知りながら多くを求め、自分の意図をこの世に具現化しようとする人間の営みは、神が望んだものではありません。人間は、あまりに神の期待を裏切りすぎました。

いま、エネルギーを霊視できる能力を持った一部の選ばれし優れた魂たちだけが、地球の終わりが近いことを予見できています。
その優れた魂の持ち主たちのほとんどは、霊的には優れていますが現実社会ではネルシャツをジーンズの中に「IN」して着るようなダサい負け犬で人望がないので、人類に広く、地球の危機を訴えることができていないのが実状です。なにしろ彼らの声は回転寿司の注文をしても板前さんに届かないほど小さいのですから(そして頑張って大きな声で注文したのに自分の存在に気づいてもらえなかった霊的指導者たちは、自信をなくしてもう二度と回転寿司屋には行かなくなります)。

そこで!

あなたにもできる、地球の未来を変えうる方法がたった1つだけ残されています。

この方法を実践するかぎりにおいては、個々人の能力の差や霊的なステージの高低は関係ありません。
誰でも実践することができ、地球の運命を変えるほどの貢献をすることができます。

それは、

ゴルフをする

ことです。

地球を救うには、できるだけ多く、できるだけ真剣に、ゴルフに打ち込むほかありません。

なぜゴルフ?と思われるかもしれません。

その理由をこまかく説明すると非常に煩雑な霊的真理を体得する必要があるため、ここでは解説を省きますが、あえて1つだけ言うなら

人気のあるプロゴルファーは明るくて爽やか

ということが挙げられるでしょうか。

彼らの、爽やかな笑顔(に隠された絶倫な性欲、生命としての繁殖意欲)に代表されるポジティブエネルギーこそ、地球の運命を滅亡から救う唯一の鍵なのです。

でもゴルフなどやったことがない、というあなたへ。

あの若くてなぜか爽やかキャラということになっているプロゴルファーが宣伝しているアレ。アレを使えばいいのです。

そう、それは

スピード○ーニング!!


「まさか聞き流すだけでゴルフがどんどん上達していくなんて!!」
「スピード○ーニングを聞くようになってしばらくしたら、ある日突然、ゴルフボールが口から飛び出した!」
「真面目にゴルフスクールに通っていた私が馬鹿でした。もっとはやくこの教材に気づいていれば、無駄な時間とお金の浪費を避けられたのに……」
(以上すべて体験者の妄想です)

そう、物事の上達に、真面目な努力や実践など必要ないのです。

必要なのは、聞き流すこと。ただそれだけ。

「基礎講座受講からなんと半年以内でサイエンス認定!(だって合否が生じる試験がないから金と時間だけ注ぎ込めば誰でもとれるでしょ?英語がわからなくてもわかったような顔してりゃいいし、講義内容に自分のブロックがあるところはガン寝してやりすごし、ペアワークはひたすらお茶を濁し続けてればどうにかなるからカンタンよ!!自分で某3のセミナーやるときは『念動力の実演をインストラクターがやってしまうと、受講生側に『インストラクターはすごいからできるけど、私なんかにはできない』という思い込みが入ってしまうからやりません』と言い訳してシレッとしてれば(ほんとは念動力なんかできやしないんだけど)問題ナッシング!!!)」

……じゃなかった、

「ゴルフ未経験者からなんと半年でプロと同等の実力になれました!」

という喜びの声は、はやくもひっきりなしに各方面から届いている模様。

さあ、あなたはそれでもゴルフをやらない人生を選びますか?

あなただって生き残りたいでしょう?生き延びたいでしょう?
そのためには、どんな手段だって問わないはずです。
いまある肉体を維持させることを最優先にして、霊的な試練のすべてを投げ打って、とにかく、生き延びる。

これこそが、あなたが今回、この地球に人間として生まれた根源の理由だったはずです。

すべては神の栄光のために!!

あなたが豊かで美しく、ゆとりある生活を送ることこそ、神の望み。

そのためにはお金が必要です。他人に優越感を感じて自分は特別だと思い込めるほどのステータスも。

これほど不況の日本においてそれを手に入れることがどれだけ困難なことかは、誰でも察しはつきます。

でも!!

あなたがゴルフをやりさえすれば、それは地球を救う尊い貢献活動となるのです。

どんなに学校や職場のみんながあなたを変人扱いしようと、あなたのことをリーダーシップも人間的魅力も対人スキルもないキモい人扱いして疎外感を与えようと、ゴルフをしている人間だけが救われます。

近々、審判の日は訪れます。

その日がいつかはまだここでは具体的に明かせませんが、もうすぐ、とだけ言っておきましょう。

そのときはこの世の終焉を告げるラッパを、かの大天使が吹いて回り、人間1人1人に尋ねるでしょう。

「お前はゴルフをやったか?」

と。

そのときこそ、あなたの真価が試されるときです。

どんなに学校や職場で明るく楽しく中心的グループの一員としてソツなく立ち回って誕生日にはケーキでお祝いしてもらって部署異動や退職のときには周りの人間たちから義務的でなく自主的に飲み会を開いてもらえるような人間でも、ゴルフをやっていなければ救われないのです。ゴルフをやっていないだけで、何の価値もない人間として裁かれてしまうのです。ゴルフをやってこなかった人間は、容赦なく淘汰されるのです!!

あなたは勝ち誇って笑うでしょう。「私は間違っていなかった」と。これまで軽んじられ蔑まれたのは、自分をそう扱った人間たちが愚かで間違っていたからだ、と。周りの俗にいう「リア充」人間たちがひっきりなしに遊びのお誘いがかかって休日も忙しく動き回るなか、誰からもなんの声もかけてもらうことができずせいぜい1人で近場のスーパー銭湯に行くくらいしかレジャーの予定が立たなかったあなたのほうが、人間として尊い存在だったことが浮き彫りになるのです!!

喜びなさい。感謝しなさい。
人間の運命はすべて神が握っています。神を崇め、服従したものだけが次の世界へ旅立てるのです。

淘汰される人間たちに存分に優越感を感じ、軽蔑し、それまで抱えてきた疎外感をこれでもかと八つ当たり的にぶつけたら、次の時代へ、次の世界へあなたはいざなわれることでしょう。

その世界とは、ゴルフをやっていた人間たちだけが存在しています。

地球の終わり云々とは関係なく、もともと趣味として余暇として、金に余裕を持てるだけのステータスを築き、自分と同等かそれ以上の金の余裕とステータスを持った豊かで有能で魅力あふれる友人たちとゴルフを楽しんでいた人たち。

そして、地球の終わりが近いからと世知辛い生存本能でスピード○ーニングにすがって畳の水練ばりに付け焼き刃で自分だけ助かろうと浅ましくジタバタして駆け込みセーフ的に救われたあなた。

新しい時代が始まります。新しい世界の誕生です。

どうか、こんなことだけは思わないでください。

「こんな惨めな思いをするくらいなら、ゴルフなんてやらずに審判の日に淘汰されてたほうがなんぼマシだったか」

……大事なことなので再度、言います。

地球にはもうあまり時間が残されていません。
その滅びの運命を変えるために、今すぐゴルフを始めてください。

お買い物は二木ゴルフで。
(注:二木ゴルフさんとは何ら営利的関係がありません。リンクもアフィリエイトではありません←この記事に書かれたことのうち、この注記だけが本当です)
関連記事
スポンサーサイト