×(ペケ)

高校のときに読んでハマって、自分の人格形成に多大な影響を与えた本です。
 ↓
×ーペケー 1 (小学館文庫 あE 4)×ーペケー 1 (小学館文庫 あE 4)
(2010/03/13)
新井 理恵

商品詳細を見る

×―ペケ― 2 (小学館文庫 あE 5)×―ペケ― 2 (小学館文庫 あE 5)
(2010/04/15)
新井 理恵

商品詳細を見る

×―ペケ― 3 (小学館文庫 あE 6)×―ペケ― 3 (小学館文庫 あE 6)
(2010/05/15)
新井 理恵

商品詳細を見る

※ほんとは7巻まであるんだけど4巻以降は文庫化されてないぽい?

旧版の全巻セットはこちらで買えます。
 ↓
× -ペケ- 全7巻完結 [マーケットプレイスコミックセット]× -ペケ- 全7巻完結 [マーケットプレイスコミックセット]
()
新井理恵

商品詳細を見る



とにかくニヒルな笑いの宝庫!
綺麗事や建前でみんなが言わずにいる物事の本音をズバズバ残酷なまでに描くんですよね。

全ページが毒まみれという感じ。

ちなみに著者が自分とほぼ同年代で同じ市内の高校OGということで、

「こんな田舎からでもこうやって本を出すような立派な成功をする人が出るのか」

と励みになりましたw

今、読み返してみると「フーン」という感じで、当時読んだときのような興奮はなかったのですが(自分が老けたんでしょうかね)、世の不条理をドライな目線でバッサバッサと斬っていくのでヒマつぶしに読んでみてもいいかも。
関連記事
スポンサーサイト