直火用ホットサンドメーカーで省エネ&時間節約

調理器具の紹介エントリーです。

トースターを持ってないので、オーブン兼電子レンジのトーストコースでパンを焼いてたんですが、とんでもなく電気を食うわ時間はかかるわオーブン本体は熱くなるわで、

「なにをパン1枚焼くだけで大袈裟な」

と思ってました。

そこでいろいろ調べて辿り着いたのが、これ。
 ↓
ホットサンドメーカー ニューバウルー(シングル) BW01ホットサンドメーカー ニューバウルー(シングル) BW01
()
バウルー

商品詳細を見る

パンを挟んで、コンロの火に直接かけて数十秒あぶるだけで、トーストが焼けます。
もちろん、パンの間に具を挟めば、ホットサンドのできあがり。

ガスを使うので、光熱費も電気で焼くのと比べて数十分の一!

個人的には、ホットサンドという手の込んだ目的のため(←こっちが本来の目的なんだけど)よりは、

「いますぐちゃちゃっとトースト焼いて食べたい!」

というときに重宝する気が。

パンをほぼ密閉するので湿気が逃げず、表面がカリカリなのに中がしっとりしている点が、いわゆるトースターやオーブンで焼くのとは違うところ。歯ごたえが最高!!

焼いた後に塗ると馴染ませるのが大変なマーガリンやバター(←私はマーガリンは絶対使いませんが)も、挟む段階で塗ると、焼けたときにちょうど溶けてパンと馴染んでて美味しい+便利!

本体は薄くて軽いので、キッチンのちょっとしたスキマに収納できてラクチン。


デメリットとしては、火加減と加熱時間を見誤ると黒こげになるところでしょうか。
(中火で30秒、メーカーを裏返して30秒の合計1分がちょうどいいかと)

あと、短時間とはいえ、焼いてるときにコンロ前にずっと立ってなきゃいけないところかなぁ。
(その1分の立ち時間さえもを確保できない、面倒くさいという方は、普通のトースターがおすすめ)

ほかサイズで要注意なのは、いわゆる紳士用の二つ折り財布と同じくらいで、市販の食パンより、かなり小さめなところ。
(紀伊国屋の食パンだとちょうどいいサイズ)


うまく言えないけど、思った以上に使い勝手がよく、
「買って最初のうちは使ってたけどだんだん……」
という、よくあるあの流れに乗っていませんw
常にうちのキッチンのレギュラー選手で出ずっぱりです。

少なくとも私にとっては、買ってよかった。
関連記事
スポンサーサイト