洗濯槽の掃除は「酸素系」漂白剤で!

全自動洗濯機が主流の昨今、洗濯槽のカビや湯垢は気になりますよね。

で、スーパーとかで安く売ってる「塩素系」の漂白剤、洗濯槽洗浄剤を使う人も多いと思います。

で、

「アラ?たいして汚れなかった。そっか、うちの洗濯槽は、たいして汚れてなかったってことか」

とひと安心。

……って人、いません?

ところが!(←テレビ通販みたいだなw)

酸素系の漂白剤で洗濯槽を回すと、

黒いワカメのようなカビがピロピロピロ〜ンと大豊作

だったりするんですよw

話は逸れますがYouTubeで見つけた洗濯槽の掃除動画
 ↓


安くて評判のいい酸素系漂白剤といえば、これかなぁ。
  ↓
洗たく槽クリーナー 500g洗たく槽クリーナー 500g
(2004/01/06)
シャボン玉石けん

商品詳細を見る


1回分で500円近くと、塩素系の漂白剤の2倍近い値段がしますが、どうせならこっちを使いたいもの。

ポイントは、

湯の温度を高くする(ただし50℃を超えない)

こと。

だから、洗濯機の注水機能を使うのではなくて、「いい湯加減のお風呂くらいの温度」の水を、お風呂場や給湯器などから手作業で運んで入れたほうがいいでしょうね。
(私はバケツに、風呂場でお湯を入れて洗濯槽にザバーッ、を繰り返しました)

もしかすると、あんまり汚れがとれすぎてゾッとするかも!?

ご参考までに。
関連記事
スポンサーサイト