「Of course(もちろん)!」と言うクセをつけましょう

これもシータヒーリングの豊かさと願いの実現DVDの部分パクリ。
(厭ねぇ他人の褌でネタ見繕って)

タイトルのとおりです。

動じず、慌てず、過度な謙遜も拒絶もせず、何が起きても

Of course!(もちろん、当然よ)

と言ってのける。

もちろんはじめのうちは勇気が要りますよ? なに都合のいいこと言ってんだ自分、というセルフツッコミも容赦なく入るでしょう(←この、自分で自分にブレーキをかけることこそ、人間がブレイクスルーするうえでの最大の関門です)。

よくよく考えたら、人間が100%、自信をもって「Of course!」と言えることなんて、まずないんです。

でも、言う。

ある意味、「もしかしたらヤバいかも? テンパってるな私。だけどここで弱気になっては元も子もない」と、自分で自分にハッパをかけることでもあると思います。

また、あえて強気でそう言うことで、周囲の空気も変える力があるかも。

この、顕在意識側での努力というか心持ちは、現実を切り拓くうえで欠かせないよなぁ、と感じます。

潜在意識のブロックをいくら解消したって、現実面で何か変化を起こすには、行動が欠かせない。

そして行動するからには、たとえどれだけ「安心して~ができる」系のワークをしたところで、最低限のドキドキはつきまとうもの。

そこでギブアップしちゃうようなら、何にも変わらないんです、現実は。

私も実践してみようと思います。

あっ!お鍋ふいてる!風呂のお湯、出しっ放し!郵便物まだ出してない!○○さんに返信メール書いてない!ええと、ええと、、、。

Of course!

(あれ、これって『こんなダメダメな自分で当然』ってマニフェストには、、、ならないでくれ!!)
関連記事
スポンサーサイト