自宅で気軽に低コストで一瞬で炭酸水がつくれる!「SodaStream」

買っちゃいました!
  ↓
10201849_4e9feeadb1470.jpg

公式サイトはこちら。
  ↓
SodaStream日本公式販売サイト

スターターキットを買うと、上記画像のとおりの本体と、内蔵用炭酸ガスシリンダー、専用のプラスチックボトルがついてきます。

使い方はカンタンで、水を入れたボトルを本体にセットして、炭酸ガス注入のために本体のボタンを数回、押すだけ。
これでもう炭酸水としては出来上がり。味を加えたければ、専用のシロップや、市販のシロップ各種(カルピスなどもイケる)を混ぜれば炭酸飲料の完成!
  ↓


本体のラインナップは最安の12600円(Jet)~35700円(Penguin)まで全5種類。
値段が高くてもそこまで機能は変わらないようで、自分はデザイン等も考慮して、下から2番目の機種、「Genesis」のレッドを購入しました。

ガスシリンダーは60ℓ用で1本が2100~3600円程度。1ℓあたり35~60円で炭酸水ができちゃう計算です。
専用のシロップ各種は12ℓ分で880円なので、もし炭酸水に味をつけたとしても、コストは1ℓあたり120円程度。

この時点で、コンビニでペットボトルの飲料を買い続けるよりコストが低くなるのがおわかりいただけると思います。

でも自分の場合は、コストの低さもさることながら、

自分でオリジナルの炭酸飲料をアレンジしてつくれる

のが最大の購入動機かな。

もともとバナナ酢を飲む時に糖分なしの炭酸水で割りたくて、でもいちいち市販のを買うのがアレで(ゴミも出まくるしね)、そういうのが自宅でつくれるのないかな、と思ったらほんの2ヶ月前に日本の販売代理店ができてこの商品が売り始められていた、というシンクロっぷり(&その情報に私が偶然、辿り着いた)で大助かり。

紅茶を濃いめに出してレモンやメープルシロップで味付けして炭酸水で割る、というような、オリジナルカクテルももともと自宅でつくって飲むことが多かったので、渡りに船ですわ。少なくとも自分の場合は。

ただこれはもしかすると、個人経営レベルの喫茶店やバーなどにこそ、すさまじいニーズがあるかも。

小さなショットバーなどでは、ペットボトルや瓶の炭酸水を割りものに使うところがほとんどなのでは。
でも、一回、栓を空けてしまって、一杯ぶんだけ使って残りを冷蔵庫にしまっておいても、どんどん炭酸が抜けてしまって次のオーダーのときにいざ使おうとしても役立たず、、、ということは、わりとありますよね?(←経験者w)

それなら是非!これを導入してみてはいかがでしょう!
(とかいって私、この商品の代理店となんら利害関係ないんですがw)

まあなんにせよ、炭酸飲料を自宅でつくれると、へんな添加物のない、自分が納得した原材料(水/甘味料etc)だけで味付けできて、安心なんじゃないでしょうか。

とりあえず私の場合は、浄水器の水を使って、メープルシロップや有機栽培レモン(無農薬/無化学肥料)など自分が納得できる材料だけを使って炭酸水をつくって飲めるだけでも大満足です!!
関連記事
スポンサーサイト