動機の源泉を整理してマニフェストする

やりたいことが見つからない、という人も多いであろうに、私の場合はやりたいことだらけ……というか、

「やらなければいけないと思っていることだらけ」

でした。(←現在も若干まだ名残が……w)

これは物心つく頃から顕著で、まだ幼稚園にも入っていないのに、なんとなくけだるい昼下がりに家にいるときなどにふと、

「こんなダラダラと時間を無駄にしている場合じゃない!一刻も早くキャッチアップしなければ!」

という焦燥感がハンパなくなり、いてもたってもいられず、かといって何もできないことにうんざりがっかりするしかない、、、ということがよくありました。

この焦りはいま思えば、

「遅れを取り戻さなければ!」
「鈍った勘を取り戻さなければ!」

という類いのものでした。

で、年齢を重ねてこの世のことがよくわかったり、学校の勉強などで何かの分野をいろいろ経験することが増えるにつれて、

「自分が一生かけて追究したいのはこれだ!」

ということが次々に見つかり、自分でも困惑してしまっていました。

で、大人になるにつれて進路を決めていくわけですが、何かを選ぶということはつまり他のチャンスを(少なくともその時点では)捨てるということ。

しかも、選びたいものを選べれば最低でも1つは欲しいものが手に入るわけですが、私の場合は残念ながら、心から望んだ第一希望(だと少なくとも顕在意識が認識していること)は、1つも叶うことがありませんでした。ありとあらゆる分野において。

まあ、よほど幸運な人でないかぎり、誰でもそんなようなもんだと思いますけどw

常に常に妥協を迫られ、妥協の末に歩んだ道のりでもたいした成果や目立った成功体験は確立できず、

「なんの役にもたたない能無し」

と、自分の無能さ加減に腹が立つやら笑えてくるやら。

ほんとに本気で取り組んでダメならそれで諦めもつくんだけど、そもそも本気でそれに取り組む環境すらが、どんなにあがいても成立しない。そのことにうんざりして、たくさんの望みを抱いたぶん、

たくさんの希望が叶わなかった分だけ、たくさんの絶望

に苛まれていました。



でも、いろいろヒーリングで気づきを得ていくうちに、

抱いた夢が叶わなかったのは、それが叶うことが今回の人生においてベストではないから

ということが徐々にわかってきて、さらに、

「○○をやりたい」という自分の望み(動機)の源泉が、今回の自分の意思ではない

場合が往々にしてあることもわかってきました。

(ほか、『望みが叶わなかったという悔しさや絶望に耐え、打たれ強くする』という修行系の信念がそうさせたのもありました)

なので。

自分がやりたいと思っていること、叶わなくて悔しいといまでも思っている(≒気に病んでいる)ことをリストアップして、それら1つ1つについて

その望みを抱いた動機がどこにあるかを霊視

していきました。

そうすると、

・過去生の名残(過去生でその分野で凄腕で周囲から尊敬され成功して味をしめていたのでもう1回その栄光を味わいたがっているor過去生でも叶わなくて悔しかった)

・遺伝による思考

・守護霊からの促し(であって創造主の観点から見た自分のベストな願望ではないこと)

・集合意識(的な人造エンティティ含む)

からの洗脳工作etcであることも多く、「この世であらためて叶えるよりも、過去生のイシューを解消するほうがベスト」なものもわりとあり、いろんなことがスッキリしました。

なんていうか、あれだけ固執して、どうしてもやりたい!でないと死んでも死にきれないとまで思っていた願望のいくつもが、

本当は全然、やりたくもなんともなかった

ことがわかったんです。
(これは、『無理矢理、踏ん切りをつけてきっぱり諦める』より、だんぜんフラストレーションが溜まらず素晴らしい解消法だと思います)

一方で、

「たいした望みじゃないから、べつに叶わなくても悔しくない。まあ、老後に趣味がてら、やればいいかな」

と思っていたことが、実はほかならぬ今回の人生の、しかも今の自分に有用な(あるいはもっと前にやれるならやっておくにこしたことはなかった)ことであることが判明したり。

で、費用とか時間とかライフスタイルの変化とか、何かをやり始めるとなればいろいろ面倒がつきまとうものですが、今回の人生のほかならぬ今のタイミングでやったほうがいいことについて(かなりそれでも後ろ向きにテキトーに)アクションを起こしてみると、

信じられないくらいトントン拍子にうまくいく

ので、驚くやら嬉しいやら、固執的に望んでいた(本来は今回の人生では叶えるのがベストではない)ことを叶えようとしてたときにはどうしてこううまくいかないのかという自虐じみた怒り(←笑い話としての、だよ?w)がこみ上げるやら。

いやー、「マニフェストの断捨離」して良かったー!!

って感じです。

ご参考までに。
関連記事
スポンサーサイト