セラフィムブループリントの再受講制度

あまり知られていないのですが、セラフィムブループリントには、再受講制度があります。

受講料はなんと、

初受講の10%!

つまり2万円が初受講料金だとしたら、再受講は2000円というわけ。

一部では、

初受講が別のティーチャーだった人の再受講は1万円

という話もあり、このへんは曖昧です。

(私はこの話を聞いたとき、『ケチ臭いなー』と思いました。自分以外のティーチャーから初受講受したからって、高い別料金を設定するなんて、と。今でもその気持ちは変わりませんが、ティーチャーも各自、いろいろ思うところあるのだろうし、『いくら再受講だからって、初めて会う人に、しかも初受講でどんなことを教わってきたのかもわからない人を丸1日かけて2000円で教えるのは、無いよー』と思う人の気持ちも、わからなくもないです)

個人的な意見としては、べつに初受講が別のティーチャーだろうと構わないから再受講したいならその人は1日2000円でいいっちゃいいけど、

2000円で丸1日、再受講で潰れるのはタルいなと思う受講生が出る

んじゃないかなーと思います。

まあそんなこと思う人は来なきゃいいし、そもそも申し込まないって話かもしれませんが。
でもなー、本人はそのつもりがなくて真剣な気持ちで再受講に来ても、午後になった頃に「めんどくせー、もういいかな」って気持ちがムクムク沸いてくるっていうのは、ありそうな話じゃない?なーんて思っちゃう。

なんていうか、

瞑想体験そのものを重んじる

ことができる人は、再受講の意義を大きく感じられるんじゃないかなぁ。

「なんでもいいからエネルギー頂戴!え?瞑想しなきゃいけないの?めんどくさいなぁ、もう」

という人にとっては、初受講の段階であんなに何回も長時間、瞑想するのは苦痛でしょうし、再受講なんて拷問以外の何物でもないでしょうね。

ただ、ティーチャーである私としては、再受講どころか、開講のたびに丸1日、ほぼずっと瞑想するということを繰り返すわけですが、

繰り返して瞑想してエネルギーを浴びることで、それまで気づけなかったエネルギーの恩恵を深く感じ取ることができるようになる

というメリットは大きいと感じました。

(自分はぶっちゃけ、特にシータヒーリングで超感覚を本格的に目覚めさせて磨く以前にセラフィムブループリントを受けていることもあり、はじめのうちはエネルギー伝授のときも、それをあとで再活性化するときも、はじめの半年~1年くらいは、『何か起こってるの?これって錯覚じゃなくて?』と思うくらい、さっぱりわけがわからずエネルギーが何をやっているのかも掴めず、ただただ『再活性化?めんどくせ』という認識でした←ティーチャーのくせにw)

おっと、またも語ってしまいましたが、セラフィムブループリントは初受講料金の10%で再受講できますよ、というお知らせでした。

P.S
(これは私のサロンでは、という限定つきの条件ですが、初受講者が1名でその方の受講料が45000円だったときは、再受講生は4500円になります。セラフィムブループリントの受講料は受講者数によって変動しますが、それは『初受講者数』による変動という意味合いで、再受講生はたとえ何人いようと、変動の要因にはならないものとします、ご理解ください)

なので、(別のティーチャーから初受講を受けた方であっても)再受講で受講希望です、という申し込み、歓迎しますよん。
もちろん、受講料は、初受講料金の10%です^^

た・だ・し・。

「あー、最初からusamimiさんに習えばよかったー。だってー、私が習った●●先生はぁ~、」

という感じで、別のティーチャーの悪口みたいな愚痴をこぼす人は困るぅ~。

セラフィムブループリントのエネルギーは、認定ティーチャーなら誰から受けてもちゃんとインストールされるし、仮に説明の仕方などが違ったりしても、よほどの場合を除いて、どちらが合っていてどちらが間違っているといちいち細かくグチャグチャ言うのが望ましいケースは、まずないと思っています。

いろんな人がいろんな捉え方&教え方をしているけれど、受け取るエネルギー自体はみんな同じ

なら、いいと思っています。

(ただし、セラフィムブループリントと称して、別のエンティティから授かったエネルギーを意図的にアチューンメントしてしまうといった、あからさまなエネルギー詐称は、よくないしありえないと思います←そんなティーチャーいないと思うけどね、現状では)

以上、お知らせまでに。
関連記事
スポンサーサイト