新生・セラフィムブループリント公式サイト

できました!
  ↓
sb_new.jpg

さすが、プロのデザイナーを立ててお金も使って再構築しなおしただけあって、しっかりしたイマドキのお洒落なサイトになりましたね!!
(以前のは、あまりに(以下略w )

私の紹介ページも用意してもらいました。

 Teachers » Japan » Masaru Yoshihara

世界各国の言語にマルチリンガルに対応してるのが嬉しいですね。

全世界のワークショップ開催カレンダーページもあって嬉しい!

外国語がわかって、日本国内で日本語で日本人ティーチャーから受講することにこだわりがなければ、海外のティーチャーが開催するワークショップに電話会議やスカイプで遠隔参加するというのも手ですよね。

悪い意味で商売っ気がなさすぎた創始者ルースの舵取りだけでは、もしかすると尻つぼみに終わってしまったかもしれないこのモダリティ。
いまではセラフィムブループリントの(次期)全世界代表となるに至ったアレックス・ブランドンが、ある時期からルースに働きかけて信頼を得て、モダリティの普及に尽力したからこそ、こういう展開があったのは間違いないでしょう。

私自身、全レベルを生徒としてもティーチャーとしても修得して数年間に渡ってワークショップの開催も経験した今になって、あらためてこのモダリティの持つ素晴らしさと底知れない恩恵により深く気づくことができるようになってきました。

また、このモダリティは他のモダリティよりも、「歪んで伝わって行く」リスクが小さい気がします。
(なんというか、歪めようがないんですよね。最初から、あまりこまかく理論だった教え方があるわけでもなく、瞑想による気づきと天使のエネルギーによる恩恵を受けるというある意味『最高に抽象的』なものだから、そこからぼかそうと思ってもぼかしようがないんです。エネルギーを受け取った人がそれぞれ別のことを言っても、どれもそれはそれでアリというか、その人がそう感じたならそれでいいんじゃない、という位置づけなんです)

いずれにせよ、これからますます、日本国内はもとより、世界規模で、セラフィムブループリントに触れることがその人の霊的成長にとって有用となる人々が増えていくようですので、私としてはこれまでにも増して誠心誠意、この素晴らしいエネルギーを純粋に、それを受け取ることを望む方々にお伝えしていこうと思う所存です。
関連記事
スポンサーサイト