セラフィムブループリント≒「毎日のお風呂習慣」

セラフィムブループリントのワークショップで、受講生の人と話していて、

「セラフィムブループリントで授かるエネルギーを起動する習慣は、お風呂に入るのに似ているよね」

という流れに。

そうなんですよね。

お風呂って、たとえば子供とか、ずぼらな人にとっては、

「えー?毎日はいらなきゃ、ダメー?」

という、面倒なものになるんです。

でも、ある程度、入浴の習慣が根付いた人からすると、

「はぁ?お風呂に入れないの?やだー!」

となりますよね。

入浴しないと気持ち悪いし、入浴しないで生活しているという人を見れば

「よく風呂にも入らないで毎日、やってられるねぇ」

となります。

そして、風呂に入らないと気持ち悪いと感じるようになったからといって、これはなにも「入浴依存症」とでもいうような、病的な依存状態に陥ってしまったわけでもないですよね。

セラフィムブループリントのエネルギーも同じだよなぁ、と。

その効果を体感なりで感じ取れる人にとっては、始めてしまうともう欠かせないというか、
「よく、それなしでやってられるよね」
とでもいえそうなほどの恩恵が得られます。

ただ、あまり超感覚的な感度が訓練されていない方からすると、

「だから何?なんか効果あるの?」

という感じで、微妙以下な位置づけになってしまうのだと思います。

かくいう自分自身、忙しくて人と会う予定もないと、わりと風呂に入らなくなるようなズボラさがあるのですが、チャカチャカ動いているとセラフィムのエネルギーを流すのを忘れて、テンパりまくることもあるわけです。

そういうときにふと思い出して、

「そうだ、しばらくやってないや」

と慌てて起動すると、想像以上に心身魂のエネルギー状態が整って癒されて、

「あー、最初からこれやっときゃよかった」

となることもしばしば。。。

個人的に、お気に入りのエネルギーのランキングをつくってみましたw
(括弧のなかの3-2などは、『レベル3の2個目に授かる』という意味です)

1位:ソース(すべてなるものの源)との結合をもたらすエネルギー(6-2)

  ⇒無限の状態になる、再生の瞑想、無条件の愛の波動をとめどない奔流にして流す。
   どれもこれも、スケールがデカくて効果絶大で、もうたまりません。
   さすが最後に授かるエネルギーだけあります。

2位:ユニバーサル・エネルギーとの調整エネルギー(4-2)

  ⇒光ですべての細胞を浄化する、が最強。
   また、特別エネルギーを起動していない状態でも、この世のあらゆる
   極性エネルギーとバランスをとってくれたり、次元を容易に超えて
   異次元とのアクセス(チャネリングやエネルギー交流など)をサポート
   するといった恩恵が、ハンパないです。

3位:意識を活性化するためのパワー(3-2)

  ⇒若返りやDNAへの働きかけが問答無用にありがたいのに加えて、
   「至福のアチューンメント」はどんな極限状態からでも一気に
   ストレスゼロに回復させてくれます。
   願望実現コマンドとしても使えるので使い勝手はピカイチ。

4位:制限を取り除くエネルギー(2-1)

  ⇒思考パターンを、そのときの自分に最適なようにカスタマイズして
   くれる(思考の置き換えや手放しが全自動で行われる)ので、
   いちいち掘り下げのワークなどをやらなくてもあらかた片付くのが
   便利極上。
   昨日までならテンパったはずの作業を超・効率的にサクサクこなして
   いけるようになるなど、現実的な自分の能率各種がグレードアップ
   されるのは、ビジネスパーソンや忙しい主婦には大助かり。

5位:聖なる調和をもたらすエネルギー(1-2)

  ⇒癒し、という観点でいえばこれが最強ですね。
   レベル1で授かるエネルギーながら、肉体や感情体、メンタル体、
   さらにブディック体といったまだ知られていないサトルボディに
   至るまで、すべてのエネルギー体を癒してグレードアップして
   くれる恩恵は、言葉では言い尽くせません。

  ⇒セラフィム上級クラスでバージョンアップすると、自分や他人を
   ありのままに受け入れる、自分の守護霊たちと調和をとる、
   他人の守護霊たちと調和をとる、この世のあらゆる事象に感謝を
   示してそのありがたみを感じる、など、やりすぎなまでに効果満載。


(注:このランキングは、個人的な好みであって、客観的なエネルギーの有用性や
   優劣を記したものではありません)

自分自身、レベル3まで受けてティーチャーにまでなっておきながら、

「レベル4以降は、受けなくていいかな~?」

と思って1年半くらい経ったりもしたし、またレベル1の調和をとるエネルギーも

「だから何?」

と思ってた時期がかなりあります。

自分なりのペースで、無理せず、直観でピンときたときに受ければいいんじゃないかなー、と。

くれぐれも、エネルギーコレクターやセミナージプシーといった意味合いで、たいした動機もないのにセミナーに出たり、漠然と「なんかいいことあるといいな」という感じで受けるのは、おすすめしないです。

創始者ルース・レンドリーも、

「早くても、2~3ヶ月に1レベルの割合で、2年くらいかけてじっくり受けていくのがよい」

と言ってますし。

エネルギーを起動したときの体感は、私の場合はセミナーを受けてから半年~1年半、あるいは2年以上経ってようやくわかってきたというのもあるので、「まず、先に受けちゃえ」というセンも、ないわけではないと思うのですが。。。

なんにせよ、ピンときた方のご要望にお応えするというスタンスで、今後もセラフィムブループリントをお伝えしていきますわ。私は。
関連記事
スポンサーサイト