サイヤ人のやうに。

人間てサイヤ人(注:漫画『ドラゴンボール』に出てくる種族)みたいなところがあって、痛めつけられると、その分だけ強くなるんだよね。筋トレなど具体的な運動から、人種差別みたいな大きな動きまで全部然り。

いったんトレーニングで壊された筋肉がより強くなって超回復するように、たとえばユダヤ人は迫害された分だけ超回復して今に至ってる。

「カルマ」と大きく捉えると難しげだけど、こうした因果応報や作用反作用の仕組みが複雑に絡まり合ったエネルギーの流れ方のこの世の仕組み、と捉えると少しはわかりやすい。
カルマシステムは使い方次第で自分にとって敵にも味方にもなる。上手にこのシステムを使える奴は強い。

決して「悪いことをしたら、その分だけしっぺ返しがくる、人間を罰する仕組み」と軽薄に捉えないこと。
カルマ的なエネルギーの貯金の仕方を覚えるが吉ね。高くジャンプするときはしゃがみ込んで反動をつけるでしょ?この反動は、高いジャンプの結果を得るための貯金。

(出典:2011/7/9のツイートより)
関連記事
スポンサーサイト