イシューは「それ単体」を取らずに外濠から攻める

「?が嫌い」というイシューについてワークしているとき、「?が嫌い」という思い込み(Belief)を光に還して別の信念(例えば『?が好き』など)に置き換えるというのは速効性のあるワークですが、同時に付け焼き刃(Quick fix)でもあります。
(時間が経つと、思い込みの土台が残っているので、かつての思考回路が再生していく)

また、そのイシュー単体をとってみれば土台といえる思い込みを取るとしても、「その思い込みの土台を成立させる別の信念体系」が生きていると、やっぱり、、、ね。

で、(もちろんケースバイケースですが)「?が嫌い」を発端とする思い込みの思考体系に“触れることなく”、そのイシューの思考体系全体を成立させる、別の思考体系からアプローチするという提案です。

私自身が現時点で得ている、掘り下げのコツやその意義、掘り下げをすることへの見解についても述べています。

(これはあくまで経験則によるノウハウのシェアで、シータヒーリングの公式見解でもないし、また既存の公式見解についての批判等を意図するものではありません)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?