ハイポニカ発明者 野澤重雄の思い

水耕栽培に適した液体肥料、ハイポニカの発明者、野澤重雄氏の講演の一部が、ハイポニカの製造販売を手がける協和株式会社のWebサイトに掲載されていました。

協和株式会社公式サイト「発明者 野澤重雄の思い」

野澤氏は、一粒のトマトの種から1万数千個の実のなるトマトの巨木を育て上げたことで知られる植物学者で、ハイポニカの発明者としても知られています。

どうか、リンクを辿って直接、文章をお読みいただきたいと思います。

特に、「植物を育てるのに技術の有る無しは関係ない~」ではじまる段落は、現代科学一辺倒の方からすれば「何を絵空事を」で一笑に伏すところでしょうが、スピリチュアルやエネルギーについてアプローチしてきた私からすると、非常に納得のいく論旨です。

野澤氏の書籍「ハイポニカの不思議」は絶版寸前で、いまではホームハイポニカ感動栽培arigat.netでしか入手できません。
(私自身は現在、取り寄せている最中です)

野菜づくりの秘訣は、経験でも技術でもなく(←あればあっただけいいのはもちろんでしょうが)、

プラントコミュニケーション(植物との対話)

なんだなぁ、との想いを新たにさせられました。



でもかえって、植物栽培のノウハウ&経験はほぼゼロの自分でも、ちゃんと野菜がつくれるような自信が湧いてきました!
関連記事
スポンサーサイト