自宅で手軽に水耕栽培

水耕栽培のほうが土で育てるよりもなにかと良い、ということは聞いてたんですが、家庭向きではないんだろうな、という思いを持っていました。

ら!

家庭用の水耕栽培キットがわりとフツーに売っているではありませんか!!

日本国内では、ホームハイポニカシリーズが定番&王道だそうです。
ホームハイポニカについての解説はこちら

ホームハイポニカ601

ホームハイポニカ601

実がなる植物の栽培に適しているそうです。
部屋の窓際やベランダなどにちょっと置ける省スペース設計。

ホームハイポニカ501

ホームハイポニカ501

多少スペースを確保できるならこちらもオススメ。
主に高さ30cm以内の葉・菜ものの野菜、観賞用の花、ハーブなどに最適。

ホームハイポニカ303

ホームハイポニカ303

ガッツリしっかりやるなら断然これ。
実ものも菜ものもオールマイティに育てられます。
303だけは、ポンプに加えてヒーターもついているので、冬場にも野菜づくりがしやすいです。

ポンプ(電源必要/電気代は月100円程度)により栄養分と水を循環させて、効率的に野菜を育てていくそうです。

栄養分は、液体肥料から摂取します。

ハイポニカ 500cc液肥(A・B液2本組)

ハイポニカ 500cc液肥(A・B液2本組)


1日に最低2~3時間の日照は、窓越しにでもなんでも必要だとのことで、窓際やベランダへの設置が必要です。
庭に設置する場合は、電源を確保する必要があります。

どうしても日照が得られない場合、
植物育成LED「部屋ベジLED」

植物育成LED「部屋ベジLED」

を使うという奥の手もあります。

寒い季節や雨除け、風除けのために、専用のビニール温室まであります。
ハイポニカシリーズ専用ビニール温室

ハイポニカシリーズ専用ビニール温室


栽培のイメージをもっと具体的に掴みたければ、上記の商品を販売するネットショップ「エコゲリラ」さんが、実際に栽培の様子を綴るブログを読むと参考になるかと。

エコゲリラのブログ

エコゲリラさんでは、今月末(2011年5月)まで、キャンペーンも実施中だとか!!

土を使わないので、虫や細菌の繁殖といったトラブルを避けられ、室内でも衛生的に植物が育てられます。
(水は使っていますが、プランターのなかに半密閉された状態なので、よほどのことがなければ蚊が卵を産んでボウフラが発生……といった事態も起きにくいそうです)

初心者やズボラな人には特に嬉しいシステムだと思いませんか。

かくいう私も、今年から家庭菜園にチャレンジしようとしていて、でも土を使う従来のやり方を採ることになぜか抵抗があり、水耕栽培のことがずっと頭をよぎっていて、そこへこのキットを発見したので迷いなく購入に踏み切りました。

今年の夏が楽しみです。

P.S
amazonでも、ホームハイポニカシリーズが買えることが分かりました。
 ↓
驚異の水気耕栽培をご家庭でも! ☆ホームハイポニカ601☆驚異の水気耕栽培をご家庭でも! ☆ホームハイポニカ601☆
()
不明

商品詳細を見る

驚異の水気耕栽培をご家庭でも! ☆ホームハイポニカ501☆驚異の水気耕栽培をご家庭でも! ☆ホームハイポニカ501☆
()
不明

商品詳細を見る

コレひとつで誰でも簡単に本格水耕栽培ができる!☆ホームハイポニカ303☆栽培層が大容量なのでより大きくより沢山栽培が可能です♪コレひとつで誰でも簡単に本格水耕栽培ができる!☆ホームハイポニカ303☆栽培層が大容量なのでより大きくより沢山栽培が可能です♪
()
不明

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト