めっちゃ使える!電話会議サービスbizspeak

海外だとアタリマエに普及してるサービスなんですが、日本だとなぜか聞かないですよね、電話会議のこと。

ようするに、3人以上で通話ができるサービスなんです。

調べると、通信会社各社がいちおうサービスを提供してるみたいなんですが、一番「シバリ」がない点でここが便利だなと思い至りました。

bizspeak

面倒な契約手続きや、契約に基づく基本料金などが一切必要ないんです。
使いたい!と思ったら、ほんとに10秒あれば自分専用の「電話回線上の会議室」が持てます。
自分の名前とか住所みたいな、個人情報も必要ありません。

どういう仕組みか、使い方をちょっと説明しますね。
(あらかじめ、主催者が登録手続きを済ませて自分用の会議室番号を取得済みであると仮定して、いざ電話会議をしよう!となった場合について書きます)

まず、主催者が、「会議室を開設」します。

どうやるかというと、bizspeakに電話をかけて、音声ガイダンスに従って、自分が取得した会議室番号(6~10桁の数字)を電話でプッシュ入力するんです。

はい、これで電話回線上に会議室が完成。

で、参加者たちは、bizspeakに電話をかけ、音声ガイダンスに従って、主催者が開設した会議室番号を同じく電話でプッシュ入力すると、会議室に入室完了。主催者や、ほかに入室した参加者たち全員とおしゃべりできます。
(なので、参加者は事前に、会議室番号を主催者から知らされている必要があります)

この要領で、最大なんと250人と同時に通話できます。
(ほんとに250人が一斉にしゃべったら収拾つかないだろうけどね^^;)

主催者&参加者ともに、お金がかかるのはbizspeakへの通話料金だけ。
(市外局番が03なので、東京都に電話をかけている計算になります。関西とか九州、沖縄、東北、北海道など遠方になればなるほど、電話料金が高くなるという寸法です)


個人的にはこのサービス、セラフィムブループリントのワークショップのためになればと思って探して、会議室番号を取得しました。

遠隔(でもなんらかの通信回線で接続していることが要求される)伝授が可能なセラフィムブループリント。もしSkypeが使える人であれば、通話なりテレビ電話なり、無料で接続を確立できるからいいんですけど、

スピ系の人はSkype苦手な人が多い

んですよね、なぜか。

意味不明なエラーが出て登録やソフトのインストールがうまくいかなかったり、いざ接続しても雑音やハウリングでまともに会話ができなかったり。。。

こっちは、Skypeの導入作業自体は、相手に頑張ってもらうしかないのでどうすることもできないんですよね(苦笑)。

まあそんなわけで、通話料かかっちゃうけど電話のほうが安定してるよねー、みたいなオチ。

これからセラフィムブループリントで、電話参加を希望する方の役に立つかな、と。

それか、電話で複数人でシータヒーリングのグループセッションするときなんかにも、使えるかも。

(ただ、できればSkypeのほうがみんなお金がかからないので、どうにかしてSkypeの使い方には慣れていただきたいというのが本音なんですけどねw)

ご参考までに。
関連記事
スポンサーサイト