クンダリーニレイキ2009が全レベル、無料に。

クンダリーニレイキの創始者であるOle Gabrielsen氏が、クンダリーニレイキ2009の全レベル(1/2/3)をすべて、無料にしました。

お知らせがてらに。

P.S

「創始者が無料で提供してるのに、アンタは金とるんだ?」

というツッコミを想定してみて、考えてました。
(ちょっと前、Oleさんがレベル1だけ無料化にしたあたりから)

で、前にアチューンメントの料金についてのエントリーも書きましたけど、私は私、で納得のいく料金設定にすることにしました。

だってもし、無料だからといってOleさんに直接、クンダリーニレイキを申し込む人は、そりゃ創始者から直々にタダで伝授してもらえるのでオイシイのは間違いないでしょう。

でも、英語のWebサイトを読み、申し込みをして、Paypalで決済をして、アチューンメント音源のダウンロードURLからmp3ファイルを入手して、英語のマニュアルを読んで理解して……というステップが発生します。

このステップをなんなくこなせる人であれば、問題ないと思うのです。

が、たとえば、

「ちょっと難しいから、有料でいいからサポートしてくれない?」

という人がいたとして、私はおそらく、一連の作業代行として、ある程度の料金を対価として求めると思います。

ましてやそこに、マニュアルの翻訳作業が入るとなれば、なおさら。

(ここでは詳細には理由を述べませんが、私は『あなたヒーラーでしょう?だったら無料で人類全体のためにとことん奉仕するのがいいんじゃないの?お金をとるなんて、どういうつもり?』という考え方には賛同しません)

さらに、Oleさんは人力を介さず、Webのシステム上だけでアチューンメントのやりとりが完了する仕組みを構築しています。
私は自分でメールを受けてチェックし、返信メールは手入力して、アチューンメントも音源ではなく相手のエネルギー状態をウォッチしながら自分で行います。
その分の対価も、求めてしかるべきと捉えています。

べつに押し売りをしているわけではないし、

「理由がどうだろうと、アンタからその値段でアチューンメントを受ける気にはならないよ」

という人は申し込まなければいいだけですから、もし有料の値段を設定することで誰にも申し込みをしてもらえなくてがっかりするとすれば、それは私自身の責任なわけで。

まぁ、誰からも申し込みがないからといって、自分が落ち込むとはまったく思ってないんですけどw
(むしろ、『あなたにとってこのアチューンメントをこのタイミングで私から受けることがベストだと思えない』ような依頼が来ることのほうが、がっかりするw)

(しかも私は、金儲けがしたくてアチューンメントをしているわけではありません。ただ、無償の奉仕がときとして私自身を虐待することになり、また申し込んだ相手が何もエネルギーを私に対して提供しないという事象が、エネルギーの流れという観点で見てお互いにとってベストではないと判断するからこそ、課金によるアチューンメントという制度をとっているだけです。

 もっと踏み込んで言うなら、単に高次元エネルギーをアチューンメントして終わり、というサービスが単体で価値をもちありがたがられた時代は、終わりつつあるのを感じています。それらのエネルギーをどう使いこなすか、どう位置づけて自分たち人類が霊的に進化してこの太陽系、ひいては宇宙のプロジェクトに貢献していくかを考える時期に入りつつあるのを感じています。

 私は今でこそヒーラーという立場をとっていますが、なにもその在り方に固執しているわけではなく、どうにかして一生、ヒーラーで食い扶持を稼がねばならないという焦燥感なり強迫観念なりも、抱いていません。自分がそのときそのとき感じる、いちばんしっくりくる在り方を体現していくだけです。何歳になっても柔軟に変化していくことでしょう。その変化を誰か他人が『かつては○○の分野ですごかったみたいだけど、今ではすっかり落ちぶれちゃって』などと揶揄するとしても、おそらくまったく意に介さないと思います。大事なのはステータスを構築することではなくて、諸行無常に流転して移り変わる自分や他人、世の中のさまざまな物事にその都度、調和をとりつつ、納得のいく在り方を実現して、望むだけのありとあらゆる豊かさと幸せを手に入れつつ生きることだと思っているので)
関連記事
スポンサーサイト