セラフィムヒーリングで懐妊時の体調不良が回復!?

セラフィムブループリントのレベル1「セラフィムヒーリング」を習得した方から、面白いメールをいただきました。

同学年の声楽の先生、不整脈でて体調悪いっていうからびっくりしてセラフィムのヒーリングエネルギーを夜中に送ったらオレンジのマグマみたいなのが勢い良く燃えてるように見えて回復に向かってるなと思いきや…懐妊したとのこと(+_+)妊婦さんってあんな風に視えるんだ(/--)/ご主人49歳だから子供ができるとは以外でした

この不整脈(による体調不良)は、高齢妊娠による影響だったのでしょうね。そこへヒーリングを送ったら、オレンジのマグマのようなものが見えて、それは後日、胎児を超感覚的に見ていたことがわかった、というお話です。

セラフィムブループリントでは霊視能力を得るアチューンメントは特にありませんが、たまたまこのメールをくださった方はシータヒーリングも修めておられるので、その力で胎児を霊視したということなのでしょう。

いずれにせよ、生み育てる気持ちが親御さんにあるのであれば、今回の妊娠を恩恵として受け取って、どうか元気な赤ちゃんを生んでほしいものだなと思いました。

セラフィムブループリントは、全6レベルのうち他人にも使えるヒーリングは基本的にはレベル1だけで、それ以降はすべて自分自身に使う霊的成長を促すためのものです。

そのため、ヒーリングエネルギーとしての影がうすい、、、とまではいかなくとも、「ただ、ヒーリングエネルギーを送る」ことそのものの凄さが見過ごされがちな印象は、あります。
(しかもレベル1で習うので、それ以降のレベルで習得するエネルギーと比較してカンタンだったりありがたみが少ない錯覚を、人によっては抱きやすいんですよね)

でも、単純にヒーリングエネルギーを送る、そのエネルギーで自分や他人、場などを満たすということ自体の恩恵と効果の大きさを、今になって私自身、まざまざと見せつけられる形となっています。

せっかくお金と時間を費やして得たエネルギーなのだし、使う分にはいくら使ってもタダなのだから(笑)、積極的に使いこなしていきたいものですよね。
関連記事
スポンサーサイト