笙(しょう)奏者、田島和枝さん

すばらしい演奏者です。

田島和枝さん公式サイト

雅楽で用いられる「笙(しょう)」奏者で、独奏や他のジャンルのミュージシャンとのコラボレーションなどにも積極的に関わっておられます。

独奏によるオリジナルCDもリリース(というか、ご自身でパソコンで手焼きして1枚1枚、発送しているそうです)されており、演奏の技術力も表現力も素晴らしく拝聴しました。

田島さんの演奏による、龍笛・はいしょうとの二重奏がYouTubeにアップされています。
 ↓


笙は雅楽でいうと「天」を表現しており、文字通りセレスティアルな、天上の響きが感じられますよね。
個人的には、笙の音を聴くと瞑想などエネルギーワーク(というか意識シフト作業)がすごくスムーズにできるので、BGMとしても重宝しています。

P.S
直近の予定でいうと、4/8(金)19時から初台の東京オペラシティ3階の近江楽堂にて、オイリュトミーのコンサートに出演なさる模様。

オイリュトミーを舞う秦理絵さんの舞がYouTubeで見られます。
 ↓

⇒チケットはメールにてハタ・カンパニーに問い合わせると買えるそうです。前売3000円とのこと。

楽しみー。
関連記事
スポンサーサイト