2022年08月

これからは「かつての超感覚ヒーリングモダリティから理論だけ抜粋して座学」のスピ系自己啓発が流行る

2010年前後に隆盛を極めた?、超感覚的な能力を多くの人が開花させた時期も尻つぼみになって早幾年月。

一方、いろんな世相の変化で、知識的にはどんどん庶民にも開かれていってます。
かつては(なぜか)スピリチュアルに分類されていた、波動や思考の現実化、それからいわゆる陰謀論(←デマじゃなく実在するやつ)とか超古代文明や地球外生命体の関与などが一般に知られるようになってきてますね。

そこで、何回目だ!?的な「覚醒」ブームみたいなものが起きて。

俗世間の嘘っぱちにはもう、騙されないぞ!的な人たちが、現実的な社会構造(いわゆる支配層が庶民を牛耳っている図式とか)を学びつつ、そこに抵抗するために思考が現実化する霊的な仕組みを学んで
「洗脳されないぞ!高い波動を保つぞ!」
と意気込んだり。

その手のことを言うスピリチュアルインフルーエンサーがYouTuber化したりして、人気を博していたりもして。

ここまで変わるもんなんだ?と感心する一方で、前々からスピリチュアルやってる人たちとしては

「今ここどまりなのかよw」

と、残念に思うような、もうちょっとなんかあるやろーと物足りなく思ったり。

よくも悪くも、頭でっかち。

実際に自分で霊的エネルギーの組成を分析して「本当だ、この世はこういう仕組みになっている!」とわかるんじゃなくて、人気YouTuberとしてのスピリチュアルインフルーエンサーが一から十までわかりやすく解説したことを鵜呑みにするだけの浅い理解。

それでいて、暗記した知識としては増えているから
「私は目覚めた!」
と本人も喜んでいる。

間違いだとは言わないし、その人の中では大きな進歩なんでしょうけどね。


ただ、この記事の1行目に書いたことの方が個人的には「はぁ……」なんですよ。

もうすっかり、超能力が使える人間はレアになってしまった。

あんまり邪推みたいなことしたくないですけど、動画などでスピリチュアルな情報を発信するインフルーエンサーさんたちも(その活動を続けるモチベーションと実績はすごいけど)言うほど観えて言ってんのかなぁ?と心もとなく思ったり(←何様視点だよ)。
実際、いろいろ全部観えますと超感覚的能力者を表に出すというよりは、論客として、コメンテーター的な位置付けにわざと自分自身を置いてるように見受けられる方もいますね。
注射の成分が有効か安全か、それを推進する派と反対派の攻防をどう思うかなど。
正直、安全だと思います。
ガッツリ観えます本物です、を迂闊に謳うと、昔あったゴールデンタイムのテレビ番組(某『泉』)みたいに、たった1回、事実とハズレたとされる発言をしたしないで番組自体が終わってインチキ霊能者扱いされてしまったりするリスクは甚大ですものね。

そんなこんなで記事タイトル。

ここから先しばらくは、超感覚的能力をがっつり要求される、かつてのようなスピリチュアルヒーリングのクオリティの高さは、ある程度どこ行っても期待できないと思います。

古き良き自己啓発の劣化版アレンジみたいな、「だから何?」レベルの座学、テキスト読んでおしまい、せいぜいペアワークで話し合う程度のワークショップが主流になるでしょう。

そういうところで、世間一般には秘密とされるような、それこそ「思考の現実化のしくみ」などを学び、すごい秘密を知ってしまったような感覚でうかれて、これで人生がいい方へ変わるはずだと信じて、何十万円でも払ってくれるとなれば商売する側はウハウハです。

世の中の大半の人は、
「目覚めたと称して、いっぱしのすごい人ぶりたいだけの、ただの金魚のフン」
なのが実情なので、今後も「今どきの流行りっぽい雰囲気etcで飾り立ててるけど、ようするに教祖ビジネス」は流行るでしょう。
それも、今この時点でその程度かよ?的なレイト・マジョリティふうの、要するに少し時代遅れ(であることに本人は気づいてない)人たちの間で。


うーん、そうなると翻って、

「ガチのガチでガチにできる・わかる人たちが、自分と対等な能力や知識レベルの人たちと安心して情報や意見を言い合えて学びになる場」

が貴重になっていくのかなぁ。

少数ではあるけれど、中上級レベルなのに周りに人がいないから初級クラスに申し込み直さざるを得ない、的な人が悶々としていそう。

その次、その先。
そこをちゃんとやれる、教え合える、ガチ勢向けのスピリチュアル情報網・コミュニティみたいなものが、スキマ産業的には美味しいのかもね?
あ、私やるならそこだわ。

「知っていましたか?現実って、一見、思うようにいかないように感じるかもしれないけど、それは全部、自分の思考が作ってるんですよ?」

レベルの誘い文句であーだこーだやる次元とゆうか段階の場や人だと、さすがに満足できなぁ〜〜〜ぃ♪
スポンサーサイト