2020年08月

「べつに神なんか信じてないし、信じようとも思わないし、信じたいわけでもない。し、善い人間になるとか徳を積むとか、どーでもいい。でも超感覚スピリチュアルヒーリングで自分が幸せに豊かになれるなら、それは欲しい」人の台頭→淘汰

スピリチュアルな仕組みを、人間のサイキックな超感覚的能力を使って利用し、いわゆる超能力・霊能力とされるような技を使うという流れが20世紀後半から、主流になってきています。

でもこの、宗教的に神を求める姿勢「ナシ」でスピリチュアルとされる技を習得して使う、使おうとする人が現れ、増えるというのは、歴史の中ではかなり珍しい出来事のように思います。

ある意味、スピリチュアルヒーリングやサイキック能力の発露という超常的な能力が、宗教(性)から分離して、

霊的物理学

とでもいえそうな、単純に学問としてその作用を抜き出して利用しようとする方へ分化してきているのです。

(そこには、歴史の必然というか、時代の気分といったものがあるのですがここでは割愛します)

で。

私個人の意見としては、これは発展という方向性で良いと思います。

もともと、神とされるような高次のエネルギーと完全に分断された状態(そんなの厳密には存在しないんですが)で人間がサイキックな能力を発揮することは、仕組み上できません。
なので、なにかしら「神」のような、そういった「上」っぽい見えない何かがあり、そことどうネゴりコネるか次第で人間は奇跡とされる所業も可能になるっぽいなぁ、とアタリをつけるのは、いいセンスです。
ただそこから、いわゆる宗教のように、神への帰依という方に行きすぎてしまい、しかもその宗教元来の教えならブレていなかったところもあるだろうに、伝言リレー的に教えが歪み、「人間」という主体をブレさせ神の方が主役で、人間がそこに帰依という名の隷属をするのが素晴らしい正しい在り方だ、となってしまったらへんが香ばしい。

高次元との繋がりは大事だけど、それでも主体は人間(である自分)なんだよ

という原点をブレさせない!と、いったん宗教性が世界を席巻してみんなブレブレになりかかった状態から本来のあるべき姿に回帰する意味では、スピリチュアルの学問化・(霊的)科学技術化を私は歓迎しています。

ところが。

この記事タイトルのように、

「自分の現世での幸せ・豊かさを得る(なんてチンケな目的の)ために、神をもパシリにして高次元のエネルギーを奪い取るみたいに手にする目的で、スピリチュアルな技法を学ぶのかよ」

とツッコミ入れたくなるタイプの人が、今では

「それも個人の自由意思でしょぉ〜? 何か文句ある? あるとしたらそれ、あなたのブロックだよ?w」

と、意地悪にニタァ〜っと笑って開き直っちゃう方が主流。
主流、とまではいかなくても、少なくとも、珍しい話。

で。

信条とか、こだわり、もっといえばほんとに単なる自分側の制限ある思考によるブロックとして

「そんなのは許せない! あるまじき有様だ!」

と非難したい気持ちは無いんですよ。

それでできるならいいんです。

でも。


できないもんなんだよねェ〜。

これが面白い。

だって、超能力を発揮するときには、広義でも狭義でも、「神」を信じていられないと無理。
そして、信じていればこそ、「つながる」ことができる。
(というか、つながるという概念を抱き、その抱いた想念が成されると信じることが可能になる。だって、神を疑ってたら、つまり『いないんじゃね?』と思ってたら、つながるも何も、相手がいないじゃん、と思うわけでしょ。そうなると、いない相手とつながることを信じるってこと自体、無理無理。ここらへんは、ステップをレンガ積みのように欠かさず積み上げていってこそ具現化できる。途中で抜けがあると、その先全部が嘘になり虚になり、成立しない)

つながる上では、相手を尊重する気持ちや、かといって隷属するでもなく自分自身が責任と意思ある個の存在であるという尊重も必要。
そのうえで、神とさえ人間は対等であり、それゆえにつながることが可能なエネルギー的な摂理があるのだという悟りを踏まえたうえで、つながる。

そして、ちゃんと「つながる」ためには、信頼、誠実さ、純粋な意図、専心性、一貫性、忠実さ、創造性、想像力、協調性、思いやり、慈悲、優しさ、寛容さetcの美徳もろもろが必要。


「べつに神とか信じてないしィ、宗教に興味は無いしィ、神とはどんなものかなんてベンキョーしたくもない(嘲笑)。ただ超能力が使えて自分がめっちゃ金持ちになれてモテて愛されてみんなが言うこときいてくれて、病気とかも治せて、健康で毎日たのしくハッピーに暮らせればそれで充分wwwww」

路線の人で、ちゃんとそういう能力を発揮できてる人、見たことないです。


ただね。


部分的には。います。


寄生虫的に、万引きしてちょろまかすみたいに。

いわゆる望ましい完璧な形での神の体現!はできないけど、

「理想のタイプどおりのソウルメイトを、超能力コマンドで一本釣りぃ〜♪」

「ちょっと頭弱めの依存体質の人たちに教祖ぶってカリスマオーラ出してインフルーエンサー化して、オンラインサロンで囲い込んでウハウハ金儲け♪」

とかは、まぁ、ちょろいよね。


ま、そういうことなんでしょう。
そういう路線、動機、目的でスピリチュアルな技法を習得する人。

美味いかね?
欲にまみれたみみっちいエゴの奴隷としてエゴ欲の実現のためだけにスピリチュアルな技法を黒魔術みたいに使って願望実現を成し遂げた後に食べるランチ、美味いかね!?

「美味いんだって、それでもw」
スポンサーサイト