2019年12月

手帳はラコニック(LACONIC)のバーチカルレフト

来年(というか今月から向こう1年間)の手帳はこれにしました。

バーチカル(縦書き)な時間割と、フリースペースが見開きに共存。

これ。

これが欲しかった。

圧倒的な使いやすさ。

ラコニック 手帳 2020年 B6 ウィークリー コットン ライトブルー LID70-200LB (2019年 12月始まり)


もともと、バーチカルな時間割の手帳は性に合っていて、毎年そのレイアウトの手帳を使ってたんだけど、一貫した目標(勉強や試験、筋トレや芸事など)についての、日を跨いで今週は何をどうするかをメモするスペースがないと、思考がブレがちだった。

今週全般の目標や進捗記録を書いて読み返せると◎

手帳は、何日の何時にどんな予定……というのを確認するのもさることながら、

・その週で成し遂げたいこと

を描いて、手帳を開くたびに読んで「いま自分は何のために生きているか(少なくとも『何を基準に、使う時間の割り振りをするか』)」を見失わないのが一番。

で、

・週でのフリー時間を算出

さらに、「予定がないとき」にやるべき優先事項(筋トレや勉強など、緊急ではないが中長期的に見て習慣づけて着実に身につけておくことが望ましい類いの目標(『7つの習慣』にいう第2領域)について

その週のフリー時間の中でどれに何時間充てるべき、充てられるかを優先順位で傾斜つけて分割していく。

その時間数から、疲れたり想定外なことが多少あっても達成できる目標はどのくらいかを割り当てる。
(割り当てられるように、日頃から自分のパフォーマンスを測定するとはなしに把握しておくのも必要)

週全体で20時間、資格試験の勉強に充てられるとしたら教科書を何ページ読めるか、問題解けるか。

そうやって、

週全体での
・(日時が決まっている)予定
・予定がない時間に何をどこまで進める作業を何時間かけてするか
をマッピングする。


これまで使ってた、割とよくある「見開き全体で7日分の時間割が縦書きでレイアウトされている」系の手帳だと、そのマッピングのための思考、戦略練りが難儀w

やはり自分の場合はだけど、

時間割とは別に、かつ同じ見開き内に、

そもそも時間割をどうするかについて考えて書くスペース

が必要
だった。

たったそれだけの違いで、時間の価値が圧倒的に違う。

「あ、なんかヒマー。どうしよっかな。なんかテレビやってないかな」

みたいなこと、一切しない。

週全体を戦略的に時間使うためにも重要なのは

手帳の冒頭のページなどにある月間カレンダー(見開き)ページ


ね。

というか

月間カレンダーの横にメモスペースがあり、「この週を何のために使うか」標語を書く

のが個人的には重要。

あと6週間で資格試験の本番あるなら「◯◯検定残り1/6」等。

もし本当にその資格試験に受かりたいなら、かけがえのない「本番まで残された期間の1/6」としての週になるわけで。

つまりその週のうちに、単純に計算すれば「合格に必要な学力の1/6に到達」してないといけない計算になる。

その「合格学力の1/6」への成長を、7日間のうちに果たさなきゃいけない。

ここでもし「いま法律の知識ゼロであと6週間で司法試験の本番」など、あまりにも難易度や学習に必要な時間数が現実に残された時間と合わないのはダメすぎw

だから現実的に、自分の能力に照らして、イケそうなものを選べるようでないといけない。

FP検定や簿記の3級などなら可能性はある、など。

で、そうなると、
「なんでよりによって今年の今、その資格を取るの?」
ってことがあらかじめ考えられてないといけないわけで。

そんなこんなで結局、この人生をどの分野に進んでどういう結果を得たいかという大きなコンセプトがないと、日々の予定は決まらない。

マクロなきミクロは無駄。的な?w

そんなこんなで予定を具体的に考えていくようになったら、半年後や1年後、なんなら◯年後という先のことも、漠然とした夢というのではなく、

きっちり計画された時間割をこなす具体的な日々の行動の延長線上

にはっきり見えて来た。
(それはある意味、シビアで夢がないけど)

たまたま資格試験のことを例に書いてきたけど、これ

憧れの体型にちゃんと肉体改造したい

とかでも同じだよね。

「とにかく週に◯回、1回◯時間しっかりジムで運動!」

なんて甘すぎ。

今はメソッドがいろいろ確立されてて、こうなりたいならこういう時間の使い方で◯ヶ月とか具体的に指針ある。

都合のいい奇跡を期待しないで、一番能率も効率も悪いドジでノロマなカメでも着実にゴールできる時間(期間)の確保と覚悟。

その上での時間マッピング。

義務や苦痛ではなく、予定をこなせたことがスタンプラリー的に手応えと達成感になるようなマインドセット。

そういうものが総合でないとね。
スポンサーサイト