2017年10月

自分だけが良くなってしまい、相手と波動が合わなくなっていた

オリジナルヒーリングセッションマルチプルアバンダンスの感想いただきました。

1年前にご対応頂きましたセッションのお礼も兼ねまして、勝手ながら
その時のセッションとマルチプルアバンダンスの感想をお伝えさせて頂ければと思います。

私は今でも、その時にセッションで頂いた言葉を大切にしております。
「今日はこれからの人生の中で若い。明日は一日歳を取る。」
当たり前に知っていたことなのに、どこか現実として考えていなかったのだと思います。
「思考パターンも問題ではなく、現実を歩いていくしかない」
と言っていただいた時、やっと現実に戻った気持ちでした。
他の言葉も含め、自分の区切りになる大切なセッションでした。
こうなるみたいだから、こうした方がいいかもと頂いたアドバイスも、
一年経ってその通りになってて、アドバイス通りにしていて良かったと思っています。

相手に見限られてしまった思うことで悩み始め、自分が良くなれば相手も見直してくれると思っておりました。
しかしながら、自分だけが良くなってしまい、相手と波動が合わなくなっていたのですね。
今回の人生を待つ時間として使うのは、もうやめて進みます。
観ていただいたとおり、決心して動き出してから確実な見込みがたつまで時間がかかりましたし、
まだ怖い気持ちも少しありますが、現実を進めて、この問題は解消します。
usamimi様の「もっと良い人はたくさん待っている」とのお言葉がとても心強かったです!

マルチプルアバンダンスについては、2015年の秋に初めて受講させて頂きまして、
その後、願い叶って希望していた企業に入る事ができました。

当時は中級までの受講でしたが、リコネクションなどのコマンドを
日替わりでかけていたのも良かったのかもしれません。
願いが叶うことの幸せを身を持って実感致しました。
今いる場所に慣れ、驕りを感じる時はあの頃の自分を思い出しています。

今年に入り、幸せ釣り、成功気流、悪魔的暗示を受講させていただき、
まだ慣れておりませんが、普段の生活に使わせていただいております。
もっと使う回数を増やして、馴染ませたいと思います。

マルチプルアバンダンスは使うほどに、
自分以外の人の考えを受容する器が広がって行っているような気がしています。

観る力も高める為にも、これからもどんどん使っていきます!
出会えて本当に良かったです。
すてきなプログラムをありがとうございました。

長文となり、失礼致しました。
また今後もセッション等をお願いさせて頂けますと幸いです。
寒くなって参りましたので、どうぞご自愛ください。

お礼が遅くなってしまい失礼致しました。
この度はどうもありがとうございました。

自然消滅しかかっている恋人との復縁を待ち望んで、スピリチュアルなクリアリングをしまくることで相手との関係もよくなっていくのではないかと考えておられた方でした。

が、結論としては、この記事タイトルにあるように、むしろどんどん離れていく一方。
これね、自由意思の法則があるから、仕方ないんですよね。

逆に、自分がよくなれば相手が振り向き直す、って霊的摂理あったら変じゃないですか。
その人がどう生きるかはその人自身しか決められない。
自分がどんなにか素晴らしい人間に変わろうとも、だからといって相手との相性や関係性がよくなるというのは、成り立たないんですね。

これを理屈で言うのは簡単で、一度は情が絡んだ相手なら、割り切るのは至難の業。
この方は時間をかけて行動を継続することで、ついに
「今回の人生を待つ時間として使うのは、もうやめて進みます」
という結論に到達されたとのことで心強いです。

ていうか太字にした箇所、地味に?、びっくりしました。
希望する会社に転職できちゃったのかよ!という。

実はこの方は転職歴が多く、年齢的にも第二新卒というほど若くなく、数年来のお客様としてのお付き合いがあるため(感想の中にあるように)どんどん年齢は上がっていってたんです。
だから、

「え、その年齢で希望する会社に転職成功ってすごくない!?」

という点に、(元・人材紹介会社でキャリアアップ理論と転職をメインに記事かいてた身からすると)驚きました。

このね、

なにもうさんくさくない、普通の日常生活の中で、それまでのその人なら考えられないような好転が事実として、現実に起きる

というのが、ほんとのスピリチュアルヒーリング、そしてマルチプルアバンダンスの真骨頂だと思います。

やっぱり、これまでの怪しげなスピにありがちな、

「本人は『自分は神に救われた、前より霊的ステージが上がって幸せになった』と言っているけれど、端からみるとどんどんアブない変な人になっていってる」

的なの、嫌なんですよ。

だってさ。
この世は、(今はいろいろあって、霊性を否定するという意味で歪んだ自然科学が優位ですが)霊的なエネルギーが一部は物質化という変化を経てたまたま物理現実が成立しているだけで、根本にスピリチュアルなものはあるわけです。

だから、「バランスよい食事を」的に、物理面でも精神面でも霊的な部分でも、それぞれの特性や特徴、なぜそういうものがこの世にあるのかを理解したうえで、バランスよく生きていく。どれも好き嫌いせず遭遇したものについては向き合って、食べて(←比喩です)、得ていく。

その、「現代社会が霊性を否定するという、本来の人間のあり方からして歪んだあり方を是正して、望ましい生き方に回帰する」一環として、スピリチュアルなものについて否定せず理解していく、というのがいいんじゃないかなぁと個人的には思います。

だいたいさぁ、スピリチュアルなものが、

・しょせんは金儲けが目的



・そのために教祖が、バカな人間を洗脳して信者にする

ことを発端として

・信者たちが、教祖の手下として、その教団の勢力を拡大するため布教活動に努める

・その「教え」に従った人間は、ノーマルな感覚を失い、教団のために身も心も全財産も捧げる

・教祖ウハウハ

なんて、チンケな本質でできてると本気で思いますか?

それはあくまで、スピリチュアルを部分的にしか理解せず、あるいははじめから歪ませて利用する気マンマンの哀れで貧しい金の亡者のでっちあげ加工にすぎないと思いませんか。

それとも、霊性と向き合うのが怖いからこそ、「あんなのはインチキよ」と否定することで、自分を正当化しつつ、その弱さから向き合うことを避けてたりして。

なーんてね。なんでもいいわ。疑う人がいようとも、逃げ惑ってるうちに一生を終えて死んじゃうのも、どれも人生。

ただ私は、感想をくださる方々のように、ちゃんとスピの良い部分を活用して、現実に生きる人間として、以前よりも豊かで賢く強く美しく変化していくのを楽しみながら生きる方々と過ごしていたいだけの話。
そうじゃない生き方も全然アリだと思ってはいます。ただ、それはそれで「お仲間」とだけ一緒になさいな、と。
過度な普遍化は自分の首を絞めるだけですから。

あら!首絞めプレイフェチ?
それならどうぞ、お好きなように!!

三田佳子「ギュウギュウギュウギュウ痛いのよ!」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。