2017年05月

自分のフィールドで、がんばって良い仕事をしようと思えます。(アストラルリーディング初級講座の感想)

アストラルリーディング初級講座を受講した方からの感想をいただきました。

こんにちは。
昨日は、アストラルリーディング初級講座を開催いただき、ありがとうございました。

たいへん有意義な講座でした。
私自身のセルフワークとして、最近取り組んでいたテーマと関わることもあり、今日は自分の第2、第3レイヤーで見たことをテーマにやっていて、ワークが進みました。

また、第1、第4、第5レイヤーだけでも、友人知人をざっと見たら、その人の人柄や仕事に納得がいくというか、理解が深まります。

このところ相談にのっていただいていた、私が共同でディバインタイミングとしてプロジェクトを進めていくビジネスパートナーについては、第1から第7レイヤーまで全部見てみました。
さきに、マルチプルアバンダンスのルーツマイニングで、その方のルーツを見ていたのと合わせて、なるほどなあと、意外なこともありながら、見えたこととその方のお人柄やお仕事との関わりを考えると納得がいくなど、パートナーに対する理解が深まりました。

面白かったのは、第7レイヤーのディバイン・タイミングでした。
たしかにパートナーの第7レイヤーを見ても、私と共同のディバイン・タイミングが見えるのですが、ほしいものが違うというか。
共同での遂行を通して、それぞれが得ること、学んでいくこと、深めていく美徳などは、それぞれの魂なり今回の転生の課題により、異なるんだなと。

言うまでもないというか、当然といえば当然なのですが。。。

アストラル・リーディングと、マルチプルアバンダンスのルーツマイニングと倍音共鳴をはじめ、このところ受講させていただいたことを、さまざまに試したり活用したりさせていただきます。
いつもながらですが、すごい技法をシェアしてくださり、本当にありがとうございます。

また雑談での、今回のDo over についてのお話も、納得いきすぎでした。。。ありがとうございます。

そして、自分も自分のフィールドで、がんばって良い仕事をしようと思えます。

アストラル・リーディング、素晴らしいモダリティと思います。
自分の感覚をとぎすまし、感受性を深め、高めていける、世界や人間に対する理解が深まるという恩恵はもちろんですが。。。
初級だけでも、マルチプルアバンダンスを受けてるような方々が受講されたら、合わせ技で、色々実践的にも活用できると思います。


昨日思いついてやっていたのですが、第2、第3レイヤーに見えることって、かるく集合意識の影響を受けていて、そこから外れたら良いだけだったりしました。

また場合によっては、じっくり見ていくと、ヒュプノティックリズムの影響にも辿り着いたりしました。

あざっす。

久々に講座を開講してみて、アストラルリーディングの使い方の可能性について、この方のように、次々に

「ここって、こう使うことができますよね?」

とすぐ思いつく方に受講いただけたのは心強い限りです。
(べつに言われたとおりの使い方しかできない、自分ではアイデア浮かばないという人がダメということではないのですが。一般的基本的な型どおりのセッションで提供できるサービスの質をあげていきさえすれば)

また、マルチプルアバンダンスも並行して受講くださっている方でもあるのですが、(知識として混同するというのではなく、スピリチュアルなエネルギーの在り方について読み解くうえでの前提となる引き出しの数の多さとして)学んだことがエネルギーの実像を観る際に役立っている様子が伺えて創始者冥利でした。



アストラルリーディングをできるだけ広めたい、それを使ってお金をたくさん儲けたい、とは思っていません。
役立つなら使えば?というスタンスをとっています。
ただ、使いたい、役立てていきたいという意向をお持ちの方で、教われば伸びる最低限度の素養があれば、そういう方に伸びていっていただけるような場は整備したいなぁとはサービス精神的に思ってはいますが。

とてもマイナーとされる知名度の技法だし、べつにこれを使いさえすれば何かがよくなるとか、必ずお金持ちの幸せな人間になれるなどを約束するものではありません。
同じスピリチュアルな分野であっても、占いや他のヒーリングモダリティ、霊能者の霊感による霊視などでの助言などのほうが役立つ場合もあるでしょう。

べつに、アストラルリーディングはすごいよ、と、過度に持ち上げるつもりはありません。

ただ、ちゃんと学ぼうとする人に、その真髄までお伝えできるようでありたいと思うまでです。

もし、この世にアストラルリーディングなんてものがあったのかよ、ということが、(私や既存の受講生たちの死などによって)忘れ去られても、それならしょせん忘れ去られる運命だったのでしょう。それでべつにいいと思ってます。

それに、アストラルリーディングは習得するうえでは、茶道や華道などいわゆる習い事、お稽古事のように、どちらかというと楽しくないことばかりです。
お金を払って不愉快な思いをして、べつに魔法のように自分の人生がラクになるわけでもないなんてアホらしい、と思うような人には向いてないと思いますし。

なにより、アストラルリーディングなんかなくたって、人はどうとでも素晴らしい人生を生きられます。

旧来によくある宗教や霊感商法のように「これがないと不幸になるよ」みたいなこと、思いませんし、言いたくありません。

あくまでも、「よさそう、やってみたい」という人だけが来ればそれでいいよ、というものでいいんじゃないでしょうか、と思ってます。

なんてやる気のない創始者。でもいいじゃん。
スポンサーサイト