2016年11月

しあわせ日記

本当に売られています。しかも値段が安い!



日付もなく「 月 日」とだけ印字されているので、いつからでも始められます。
書き忘れる日があっても気にならない。

1ページが3日分でスペースが長すぎないので、ちょこっと書くだけもできる。

私はこれを買って、必ず、しあわせだと思えたことだけを書くようにしました。

どんなに大変で死にそうで不運でつらい日だったとしても、です。

物事の良い面をなんとしてでも見る癖をつけるという意味合いで。

それと副次的な目的・目標として、「字の練習」があります。

雑に書かず、ペン習字の教材や課題のつもりで、最大限、綺麗な字で、全力で集中して書く。

1日分が4行なので、集中して書くにはちょうどいい文字数になりそうです。

文章の内容も、ほんの一言、「これこれがこうでよかった」程度でいい。
長々とした構成とか、起承転結とかどうでもよくて。
無理して4行全部に書かなくていい。空行もまた、味わいの1つ。とかね。

この、

集中して全力を注ぐ手書き+しあわせを感じた内容だけを書く

ことで、ある意味、アファメーション的に、自分の人生がしあわせに彩られたものなのだというある種の暗示、もっといえばプチ洗脳を狙っていますw

これ、何年も経って読み返したときにも、嬉しいんじゃないかな。
書かなかった嫌な出来事や不幸を感じることなどは時間がきれいに忘れさせてくれて、しあわせだった思い出だけを読み返せる。
イタい……と思います?
私は素敵だと思います。
スポンサーサイト