2016年06月

時代は(デスクトップならぬ)スティックPC!?

Apple TVやamazonのFire TV Stickが登場して、テレビをインターネットに簡単に接続して動画配信などを楽しもう、という動きありますよね。

私も、(もはやゴミ同然のApple TVをフライング的に持ってはいるものの)新しくApple TV買うか、amazonのにするか、迷ってました。

で。

スティックPC、という結論に到達w
     ↓
stickpc.png

マウスコンピュータの製品です。
     ↓




もともと、無名?メーカーだった時代から、チーズとねずみのアイコンが可愛いのと、デスクトップPCの小型化に積極的だったのでひそかに応援していました。

今は「国産」をウリに、中村獅童まで(とんでもない演出で)起用して、ブッとんでますw
     ↓
中村獅童が宣伝マスコットを務めるマウスコンピュータの特設サイト

この製品、本体からHDMI端子が出ているので、それをHDMI対応のテレビに直接繋げば、そのテレビにPCの画面が映るわけです。
(いうまでもありませんが、テレビ側の設定をHDMI入力のデータを表示する画面モードに切り替えてください)

あとは、ワイヤレスなどのマウスとキーボードを買ってPCに認識させれば、もうパソコンし放題w

無線でネットに繋げれば(←技術的解説は省きます)、amazonビデオもブラウザで表示して視聴可能。

いくらHDMI接続とはいえ、テレビのモニターは細かい作業には向かない印象なので、文書作成やプログラミング、エクセルなどデータの計算などをすると目が疲れてしまうかもしれませんが、mp4などの動画ファイル再生や、amazonビデオを使ってだらだら映画を観るなんて目的には最適。

意外?にも、最近のテレビはスピーカーの性能がいいので、mp3など音楽データもPC経由でテレビで再生すると、思った以上に音質がいいです。(耳の肥え具合とテレビの機種にもよりますが)

個人的には、Web上で講義動画を視聴する、いわゆるeラーニング用に重宝してます。

私がメガネ不要の裸眼族だからかもしれませんが、普通のWebサイトやブログ投稿などのチマチマしたふうな作業も、さほど目が疲れず、ちゃんと文字が見やすい印象。(視力とモニタの機種によりますが)

すごいねー、パソコンが手のひらサイズの時代だよ。(感無量←ジジイの証)
スポンサーサイト