2016年02月

社会人ディズニー本

シリーズで出てますよね。

高校生でディズニーランドのバイトを始めて以来、テーマパーク接客のプロとしてキャリアを邁進された、香取貴信さんの著書。



ヤンキーでちゃらんぽらんだった高校生が、いかに、優しく厳しい先輩たちそして確立されたトレーニング制度の中で成長していくか……が綴られます。

仕事とは、本当にお客様のために尽くすサービスとは、、、といった仕事論が満載。

Ⅰ(というか、数字なしの本)は、青春ぽい感じ。これからアルバイトや社員として仕事をする高校生や大学生、新社会人の人が読んだら、「自分もこうなろう」とか思うかも。

Ⅱ(熱い気持ち編)では、ディズニーランドならではのモノの考え方や制度(の合理性)などが、より具体的に述べられるので勉強になります。先輩やリーダーとして職場の後輩やお客さんを相手にする人は、役に立つんじゃないかなぁ。

東京ディズニーランド30周年を記念して2013年に出版された最強上司の教えは、上記2冊に出てくる「町丸さん」関連のエピソードのみをピックアップし、さらに町丸さんと香取さんの生講義セミナーを収録したDVDつき。

あまったれてナァナァで仕事してる自分を引き締めたいと思ったら、是非。なーんて。
スポンサーサイト