2015年04月

焚きつけるまでもなく、自分が変われば他人も変わる

なんて芸のないタイトル。

ほんと、そのまんまですわな。

自分の場合、それぞれのタイミングで自分なりの変容や気づきによる心身境遇の変化は幾度となく経験してきましたが、2014年の夏のアイダホそして2015年春のトルコがとりわけキョーレツで、同じ人間ではあるけれどもそれまでの自分とまったく別の人間になってしまった、くらいの勢いだと自覚しています。
(それが単なる勘違いではないのであろう指標の1つとして、『こちらから何かを言うでもなく、(私がアイダホやトルコに行っていたということも知らず、そこで私が変わったと自覚するような感慨を持っているということも当然、知らない)周りの人から、変わった変わったと口々に言われる。しかも、良い方向への変わり方という口ぶりで』というのがあります)

そしたら。

もう何年も、もしかしたら十数年も前からの知り合いたちが、再会すると別人のように変わっているんですね。
同じ人とは到底、思えないくらい。しかも、良い方向と感じられる方向性で。

それまで一貫して「お金なんか」と言っていた売れないアーティスト気質の知人が「お金だけがすべてじゃないけど、人がこの世でしっかりした生き方を実現するうえでお金の果たす役割はあると思う。自分はこれまで、それを軽んじすぎていた」と言いだしたり、自信がないとかやる気がないとか、とにかく否定的な意見・スタンスを採っていた知人が俄然、やる気をだしてしかもそれが瞬間風速で終わらず継続して成果を出し始めたり。。。

実はそれまでのその時々のタイミングで、そうした知人たちに
「お金の意義もちゃんと認めれば?」
「できないなんて言ってないで、できると信じてやってみれば?」
などと、おせっかい的に励ましたり説教めいたことを言ったりしたこともあったのです。
が、そのときはまったく効果ありませんでした。

それなのに。

自分が良い方へ変わったら、それに伴って、なんの働きかけをしたわけでもないのに、知人たちが一斉に変わっていく。強く賢く逞しく成長していく。

まるで、ドラクエで同じパーティを組む仲間たちみたい。
直接、戦闘に参加していなくても、馬車の中で待機しているだけで、他の仲間が戦闘して勝ったときの経験値が手に入り、自然とレベルが上がっていく、的な(←ドラクエを全然知らない人はわかりにくいであろう例えですいません)。
だから、仲間になったばかりで弱っちいから馬車に入っていてもらった仲間を久々に戦闘で使うと、その本人は闘っていないのにいつのまにかレベルが上がっていて、前とは別人のように強くなっていろんなスキルや呪文も覚えて、立派な戦力になるわけです。

まさにそんな感じ(の、現実社会版)。

目に見えないところで、「同一パーティの仲間とみなし、そのパーティのうちの誰かが経験して打ち勝った試練分の経験値は全員に与えられる(それによりレベルアップすることもある)」みたいなエネルギーの仕組みが働いているのかしら、なんて思ったり(←しらじらしい)。
(ほんとはこの仕組み、人類全体に適用されてます)

よく、「人のことはいいから、自分のことをちゃんとしろ」って言いますが、ほんとですね。

他人に説教してる暇があれば、自分を変えろ

ってことっすね。。。
スポンサーサイト