2015年03月

「恐れるな」は天使が登場する際の決まり文句

ピュリフィケーションリングレベル2の感想いただきました。

***

レベル1を伝授していただいてから、好転反応とばかりに大きなトラブルが重なりました。
対応しつつセルフワークを繰り返したのですが、「古いアイデンティティを捨てる」というテーマが続きました。
ある程度ワークしたところで自然とトラブルは解決していきました。このセルフワークをするためにトラブルが起きていたのでは?とも思わされるような展開でした。

その後、仕事でもプライベートでも尊敬している方から「俺の跡を継いでくれ」と頼まれるという出来事がありました。
ディバインタイミングを見てもらうたびに「その方と同じような道を進むことになる」と口々に指摘されていたのですが、こうも分かりやすい展開になるとは思ってもいませんでした。
人生の流れが一気に加速しだしたような感じがしています。

大きな出来事が立て続けに起こっていますが、それでも度胸をもって立ち向かっていけているのはレベル1の恩恵だと思っています。

***

レベル2の伝授は、レベル1とは違って落ち着いた気分で迎えることができました。

クリスタルの頭蓋骨をいただいた時、全身が澄んでいくような感覚がありました。
「恐れるな」という声が繰り返し聞こえていたのですが、天使が登場する際の決まり文句だというお話をいただいて、ちゃんと天使が来ていたのだと思って嬉しくなりました。

スター・アリネイとのコネクションを結んでいただいている時は、はじめ全身に激しい抵抗感がありました。
「よりによって大切な部分だけ情報を受け取れない」という呪いが入っていることを指摘していただき、それでこうも抵抗感があったのかと納得しました。
あれからセルフワークをして、結構手こずったものの、何とか呪いを解除するところまで漕ぎ着けました(ちゃんと解除できているといいのですが……)。

伝授が終わってから、頭がギンギンに冴えた状態が続いています。
特に、霊視しようとしなくとも漠然と情報が読み取れるようになっていて、自分の感覚の変化に驚いています。

レベル3を受けるまでにどのような体験をするのか、また楽しみにしています。

***


あざーす。

ピュリフィケーションリングのアチューンメントには好転反応は起きない、とテキストに明言されているのですが、アチューンメントを受けたことにより、それまで成立していた現実の境遇とのエネルギーバランスが崩れて?一時的に、この方が述べているように膿出し的にイシューが浮上し、それを処理することになるという意味での好転反応”的”なことは、ある印象です。

なお、この方はシータヒーリングなど、自分で自分のイシューを解消する技法を修得していたこともあり、通常はしないことが多いのですが、アチューンメントを施す際に見えた呪いや想念エネルギーブロックについて、アチューンメント後の雑談の一環としてお伝えしました。
情報を正しく解釈しないほうがよい、という思考の土台があり、そこにつけこまれたのか、情報を正しく解釈できず誤解してしまう、重要な情報部分をとりこぼすという呪いをかけられてしまっているのが、アチューンメント中に見えてしまったのです。
(ご自分で解消する方法を知らない人に、不吉なフィードバックは基本的には、しません。なぜなら、単に不愉快に感じて怖くなり不安が湧いてどうしようもなくなる一方の可能性があるからです。また、不吉なことを言ってリピート依頼させる、薄っぺらい霊能者がやることとおんなじことをやるのは偲びない、という感じがして嫌なのです)

感想の中で、呪いの解除に「手こずった」と書いてあるのを読んで、「あぁ、手こずるもんなのか、あの類の呪いをセルフワークで解くのは」と、どこか引いた目線でぽかんと感じました。そう感じて改めて、「もしかして自分は呪いの見極め&解除が人より得意なほうなのかもしれない」と思いました。

ピュリフィケーションリングは、受けた人がわりと「実感がない」とおっしゃることが多いので、この方のように感じ取れる方からの感想を読むと、「だよね?そうだよね?」と、安心するような心地がします。

いいアチューンメントだと思うんだけどなぁ。。。(知るかテメエの意見なんぞ)
スポンサーサイト