2014年03月

工事なしでIHクッキングヒーター導入!

できるのご存知でしょうか。

「うちは昔ながらのガスコンロがはじめからついちゃってるから……」
「別の場所にIHを設置、ってほどスペースないし……」

とか、思いますよね。

そこで、これ(通販CMかよ)。
  ↓
アイリスオーヤマ IHクッキングヒーター 3口タイプ ブラック IHC-S313-Bアイリスオーヤマ IHクッキングヒーター 3口タイプ ブラック IHC-S313-B
()
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

商品詳細を見る

いずれも幅が56cmと、そこまで場所をとりません。

さらに、専用スタンド
 ↓
アイリスオーヤマ IHクッキングヒーターIHC-S313-B専用スタンド ブラック SSIH-55アイリスオーヤマ IHクッキングヒーターIHC-S313-B専用スタンド ブラック SSIH-55
()
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

商品詳細を見る
も併せて買うと、備え付けのガスコンロがあってもその上にスタンドをかぶせるように置き、そのスタンドの上にクッキングヒーター本体を載せれば、いま使ってるキッチンのコンロの場所を継続して使い続けることができます!

この2つがあらかじめセットになったものもあります。
 ↓
3口IHクッキングヒーターIHC-S313-B&専用設置スタンドセット3口IHクッキングヒーターIHC-S313-B&専用設置スタンドセット
()
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

商品詳細を見る

自分んちのキッチンのコンロまわりを寸法はかってみて、規格を満たしてたら買ってみるのも、オツなもんじゃないでしょうか。



実際に自分でIHクッキングヒーターを使ってみて感じたメリット・デメリットは以下のとおりです。

[メリット]

・直火を使わないので火傷の心配がない

・火の強さ(加熱の強さ)をボタンでコントロールできるため、料理初心者でも火加減を間違えない

・ガスコンロを(ガスホースの設定が面倒そう、などの理由で)導入していない家でも電源コードさえあれば、すぐに本格的な料理ができるようになる。

・機器ごと性能は異なるものの、家電としてのマイコン制御により
 ‥‥鍋がふきこぼれたり異常を検知した際に自動的に加熱をストップする安全機能
 ‥‥揚げ物油の温度をセンサーで検知して加熱を自動調整し、温度を一定にキープ
 ‥‥煮物の加熱時間をタイマー設定できる
 ‥‥自動湯沸かし機能(鍋ややかんを乗せてボタン1つ押すだけで勝手に沸騰する)
 といった便利な機能があるため、料理の初心者でも安全で失敗が少ない

・本体表面に凹凸がなくフラット(=平ら)なため、ふきんでさっと拭くだけで簡単に掃除できる

・ガスコンロの口が1つしかない、シングル向けのアパートのキッチンでも、これを導入すると複数口になる
 (個人的にはこれが一番、私にとってはメリット大きいです。アパートに備え付けのガスコンロが1口しかないので)

[デメリット]

・IH対応の調理器具を揃える必要がある

・使える電力に制限がある場合があり、口が複数あっても強火が必要な料理を同時に加熱できない

・電力を食うため、ガスと比べて電気代がかさむ

・電力を一気に消費するため、設定によってはブレーカーが上がる怖れがある

・炒め物など火力勝負!な料理の仕上がりが物足りない

・設置場所の近くに電源コードがないと使えない、あったとしてもコードが邪魔くさい
 (延長コードで伸ばしてもいいが、今度はコードがシンクなど水回りの近くを走り、邪魔になる&危険)

らへんでしょうかねー。。。

同じ量の加熱(たとえば1ℓの水を1℃、上昇させるなど)を実現するうえでは、圧倒的にガス代のほうが安いです、今の日本の料金体系で言うと。
(ある量の水を沸かしてお湯にするにしても、ガス代だと数円だけど電気代は数十円。ガスの10倍!)

だから

IHクッキングヒーターはガスコンロと比べて、割高

なのは間違いないでしょう。
(注:ただ、amazonのレビューを読むと『電気代のほうがガス代より安くて経済的』とコメントする方もいます。どういうアレなのかわかりませんが、もし本当にそうなら、なおさらガスより電気だよね!ってことで)

つまり、IHクッキングヒーターの導入の決め手は

(ガスコンロと比べて)余計にかさむお金を払ってでも、「安全」と「便利さ」を求めるか

に尽きると思います。

直火でないので火傷はもちろん、火災の心配はガスコンロと比べて格段に低いでしょう。

身体が動いて注意力が働くうちは直火を使うガスコンロでもいいですが、それこそ歳をとると火を扱う危険性は、若い頃と比べて高くなるのは否めないのでは。

鍋のふきこぼれなど、何か異常を検知したとき加熱がストップするといった安全機能も見過ごせません。

煮物の加熱時間などもタイマー予約しておけば、ついうっかりガスコンロの火を止めるのを忘れて鍋が真っ黒……という失敗もなし。

単純に、料理に不慣れな人の場合、直火のガスコンロを使うと火加減や加熱時間、火の強さに応じたかきまぜかた?などの勘所がよくわからず失敗しやすいですが、IHクッキングヒーターを使う前提で加熱時間や火力の強さまで記載のあるレシピ本を読んでそのとおりにやれば、まずもって失敗はしません。
(レシピ本を読みながら料理して『え?ちょっと待って?』とよくわからない箇所を熟読する場合でも、直火だと焦る&弱火にしてもわりと加熱が止まらず焦げる印象があります。でもIHだと、ボタン操作で加熱を弱めたり止めたり、また再開したりが、直火に比べてスムーズなんですよね。落ち着いてモタモタできるというか)

まぁそんなわけで一長一短なIHですが、この記事でもっとも紹介したかったのは「今ガスコンロがある台所に、スタンドをかぶせてIHクッキングヒーター本体を置くだけですぐ導入できる」という、導入のしやすさなんですけどね。
スポンサーサイト