2010年01月

京都セミナー、無事に終了

しました。

(自分がシータヒーリングの講座を開くときは毎回そうなのですが)受講生の方々のポテンシャルが非常に高く、また私としてもこれまでで一番!といえる教え方ができていたように思います。
(これはすべて、受講生が『創造主から情報を受け取る準備ができていた』からこそ、私の口を通じて創造主が通常より多くの知識・ノウハウを受講生たちに教授できたということでしょうね)

2日目、3日目と経るにつれて受講生の方々がめきめきとスキルアップしていく様子を頼もしく拝見できたのは宝でしたし、なにより今回のセミナーは、私がシータヒーリングのインストラクターとして一人前以上の教え方ができるという自信までつけさせていただけた、貴重な場となりました。

再受講の方からは、
「初受講のときには聞けなかった情報・ノウハウがたくさんで役に立った」
との感想をいただくことができて光栄でした。

そんなわけで、初受講の方はもちろん、再受講そして再々受講と、受講していただいて損はさせませんので(←言い切りやがったw)、1人でも多くの方とセミナーでお会いできることを楽しみにしています!!

P.S
ブログエントリーとはまったく関係ありませんが、京都セミナーの会場「京大会館」に飾られていた、ビルマの竪琴。
 ↓
IMG_1931.jpg
水島、一緒に日本に還ろう!
スポンサーサイト