2009年05月

「語学やれ」がシンクロしてきてる

まったくそのつもりはなかったのに、中国映画にハマりまくり、原語で聞き取りたいと思って中国語の入門テキストを買ってしまった。
そして、まったくそのつもりはなかったのに、なぜか韓国語のテキストを(間違えて?)買ってしまった。

返品しようかとも思ったけど、そんなに高いもんじゃないし(1500円くらい)、なんとなく持ち帰ってしまった。

たまたま、普段ならまず連絡をとらない友人と話す機会ができて、アジア全域で盛り上がっているSNSのことを聞いた。そこで海外に友達をつくっておくと、旅行するときに現地でその友人と会ったり、事前に現地の人しか知らないナマの情報を得られて有益らしい。
ちょうど再来月、アジアを集中的に旅して回ろうと思っていたので、そのSNSに登録した。
英語と中国語がメインで、韓国語や台湾・香港のローカルな中国語にも対応しているサイトだった。

「これで、外国語の入力に対応したキーボードとかがあれば韓国語とか中国語もパソコンで打てるわけか」

と思っていたら、それまで使っていたキーボードが突然、原因不明で壊れてしまった。

新しいキーボード買わなきゃ、と思っていたら、ちょうど5年前に知人から、
「これ、韓国語入力にも対応したキーボード。余ったから新品をやるよ」
と言われてもらったままにしてあったのを思い出した。

押入れから探し出してきて、試しにPCに繋いだらちゃんと動作した(今もそのキーボードで書いてます)。
日本語の入力にも支障がなく、韓国語も入力できるようにハングルがキーの上に書かれている。
そして、WindowsXPで韓国語とか中国語をするためには、特別なソフトなども不要で、カンタンな設定を変えるだけでいいことがわかった。やってみたら事実そうだった。
中国語はローマ字入力で行うので、中国語対応のキーボードをわざわざ買う必要がないこともわかった。

ということで、俺はあれよあれよという間に、日本語・中国語・韓国語に対応したPC環境を手に入れてしまった。そして目の前には、買ったばかりの中国語入門・韓国語入門の参考書が「さあ開け」とばかりに私に手にとられるのを待っている(かのようだ)。

……試しに存在の根源に聞いたら、
「(語学を学ぶ)理由を今、知る必要はない。また、今、知ってしまうと抵抗しようとしてあえて勉強しないという選択をしてしまう可能性もある。でも、最高最善の未来を生きるうえでは、今はともかく、できるだけスピーディーに韓国語と中国語をマスターしたほうがよい」
という内容の答えがかえってきた。

ここまで“偶然”が揃ったからには、やらないわけにはいかないでしょ。
そんなわけで、シータヒーリングを併用しながら、ものすごいスピードで中国語と韓国語を学習し始めようと思います!!
(どうやら、韓国語の習得のほうが緊急度&優先度が高いみたい。なのでそっちを重点的にやる)
スポンサーサイト