セラフィムブループリント

フュージョンクラスのティーチャーになりました

セラフィムブループリント フュージョンクラスは、アレックス・ブランドンによって提唱されたものです。

レベル6を修了してから6ヶ月以上経過した人のみ、受講資格があります。

フュージョンという単語は「混ぜる」という意味ですが、アレックス曰く、

「もともと創造主からエネルギーが照射され、この世はできている。創造主からごく近くに位置するエネルギーは創造主とほとんど同じ感じだが、離れるごとにそのエネルギーは(周波数的に)変化し、個性を帯びるようになる。

その意味では、セラフィムブループリントのエネルギーも、すべては創造主の光からできているもので、本来は1つ。ただ、あえて使い勝手をよくするために、ある特徴・属性を持った波形(周波数)ごとに11に分け、使いやすくシステムとしてデザインされている。

ただ、自分自身の波動が上がり(≒創造主により近づき)十分な波動の上昇を果たした暁には、わざわざ11の個々のエネルギーとして使い分ける必要もなく、『ようするに、創造主の光!』といって万能に機能させることができることになる。(その場面場面で必要な、固有の属性を持ったエネルギーの周波数やそうしたエネルギーの配合も、創造主の光そのものにできるだけ近いエネルギーを扱えるようになっていけば、必要に応じて配分を変えて適用することで、何かを癒したり変化させたりできる)



フュージョンクラスは、レベル6まで受講済みの人が、日々のエネルギーの活性化やクリアリング、霊的成長の度合いに応じて、レベル1~6を初受講したときに受け取ったエネルギーの形を超えて、より高い、創造主の光そのものに近づく波動帯域を持ったもの(で、その本人の成長度合いに応じたベストな波形)にバージョンアップするクラス。

最大5つまで、11あるエネルギーのなかで再活性化できるメニューを組み合わせて、同時に流せるようになる。メニューそれぞれの効果が5つまで同時に再活性化できるだけでなく、その5つまでの個々の再活性化メニューを同時に流すからこその相乗効果が得られる。

さらに、再活性化不可とされていたメニューについても再活性化ができるようになる。


つまり、11あるエネルギーのすべてのメニュー(1エネルギーあたり十数個のメニューがある)の中から同時に最大5つまで、エネルギーを混ぜて流せるようになる。

その5つまでのエネルギーの組み合わせは、このクラスの受講者がいつでも好きなときに作り、使うことができる。
が、クラス中にティーチャー主導の元、作り出した組み合わせは、受講生個人が個人的につくりだしたものより強力になる。いわばヒーリングエネルギーの「スーパーヒーリングパッケージ」といえる。
このスーパーヒーリングパッケージは、クラス中に作り出し、受講生みんなに(本人が希望すれば)アチューンメントの形で授けられることになる。そのパッケージに名前をつけておけば、その名前を呼ぶだけでいつでも、そのスーパーヒーリングパッケージが作動し、ヒーリングエネルギーが流れることになる。

これらの理由のため、6ヶ月~1年に一度の割合で、何度でも受講しなおすのがよい

受け取るエネルギーがどういうものになるかは、個々人ごと、そのタイミングごとに異なるので、講座自体が何度目の再受講であっても、真新しいエネルギー的な変化を味わえる。

そのため、

(初受講料金より安い)再受講料金を設定しない。何度目の受講でも、規定料金(日本の場合27000円)。」

との説明が。

なんか、「あ、じゃあシータヒーリングで創造主のエネルギーをダイレクトに利用して、すべての存在しうる周波数のエネルギーの中から、その時々に最適な配合でエネルギー波動各種の調合をして流せる人は、そもそも受ける必要ないクラスですね」ということを堂々と述べてしまっている形になってますがw

でもほら、自転車だって、補助輪をつけて徐々に慣れていくことで初めて乗れるようになる的な人もいるわけじゃないですか?

「もし学校で習うことを完璧に習得したら、どんな難関大学を受験しても受かるよ」と言われても、どうそこまで到達したらいいかわからない人もいて、そのために学習塾やらいろんな教材やらがあるわけですよね。

つまり、セラフィムブループリントのこのクラスも、そういう、「すぐにはできない人」が、徐々に、その人なりのペースや進度で、成長なり、扱えるエネルギーをグレードアップしていくうえでは有用といえそうです。

そんなわけで、レベル6を修了して半年以上が経過している人は、年1回でもいいから、受講し続けてみるってのも、いいかもね~。
(あ、大前提として、セラフィムブループリントというエネルギーシステムを基本的には信頼して、良いと思ってる人じゃないと、金をドブに捨てたと思ってがっかりしてもアレですけど)
スポンサーサイト

シータヒーリングとセラフィムブループリント

セラフィムブループリントのレベル2修了者から、感想をお寄せいただきました。

感想、というほどのものではありませんが、レベル2を受けてみて、
私にはセラフィムのエネルギーとシータヒーリングの両方が必要なんだと
再確認しました。

「セラフィムブループリント」という名称だけは以前に聞いたことがあり、
詳しい内容についてもusamimiさんのブログを読んで知っていたものの、
これまではまったく興味を持っていなかったんです。

にもかかわらず、昨年、シータの基礎を受講し、当初はこのまま応用を…
と思っていたはずが、急にセラフィムブループリントを受けたくなり、
自分でも本当に不思議でした。

今回、レベル2で伝授されるエネルギーの解説や、usamimiさんのお話を伺ううちに、
「シータの知識があるからこそ、エネルギーについてスムーズに理解できる部分」
「セラフィムのエネルギーを受けたからこそ、より使いやすくなったシータのテクニック」
がたくさんあり、自分にとってこのふたつは相互作用だけでなく、かなりの相乗効果が期待できる組み合わせ
なのだと実感しました。

しっかり使いこなすことができるよう、ゆっくり修練を積んでいきたいと思います。

今回は急な申し込みにもかかわらず、ご快諾いただきありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。


これ、私も実感するところです。

ちょうど同じ時期に私もこれら2つのヒーリングモダリティを受講したのですが、あらかじめセラフィムブループリント(レベル3を生徒版&教師版で受講済)でエネルギーをビジョン(映像)や体感、香りなどで感じ取るという練習をしていなかったら、シータヒーリングの基礎初受講時の初日の段階であそこまでクリアに創造主とのチャネリングができていただろうかと思うことがいまだにあります。

どちらを先に受講したほうがよいかとか、どのレベルまで受講したほうがよいかは一概にいえないし、また「絶対にこれら2つを両方、受けたほうがよい」と断言するのもどうかと思うのですが、少なくとも私自身のケースにおいては、うまく相乗効果が働いたと思うし、今回感想をお寄せいただいた方にとってもそうだったようですね。

これをお読みになった方にとっても、何か考える契機になればと思い、掲載しました。

意外と需要あるセラフィムブループリント夜間コース

朝から晩まで働いている方からの要望を受けて、セラフィムブループリントの夜間コースを開講してみたところ、思いのほか申し込みされる方が多く、驚いています。

「この時間帯じゃないと、時間とれないんですよね」

という方はわりといるんだな、と。

特に、フルタイムで働いて家庭がある方だと、

「平日週末限らず、昼間はどっちみち無理。むしろ、平日、仕事おわった後の夜は予定がなくてわりとヒマ」

みたいなことおっしゃるわけですわ。

たしかにねー。わりとセミナーとかワークショップって、平日にせよ土日にせよ、9:00〜17:00の間どこかで……みたいなのが主流ですもんね。

開催する側としても、なんとなくそういうもんだと思って、あんまり考えなしにセミナーやるときは時間帯を無意識にそう書いちゃうクセがついてました。

でもねー、セラフィムブループリント自体、忙しい現代の都会人でも恩恵を被れるように1日で単一レベルを修了できるようデザインされてますからね。
その開催時間帯をずらしてより多くの人に恩恵を感じてもらえるようなら、ぜんぜんOKでしょ。

夜間にやるとはいえ、無理くり省略して簡易的な方法にする、というようなことはしてません。

昼休みを挟まずぶっ続けでやること・休憩時間におしゃべりしすぎて時間が過ぎるといったことを避けてムダなくカリキュラムを消化する……らへんを心がけるだけで、基本的には昼間に開催するのと同じものを提供するよう努めています。

個人的には、働く人のスピ道精進を応援したいタチなので、もっと夜間ワークショップ充実させていこうかな!!

開催要望あったら気軽にメールくださいねー。
(全部に確実に応じると保証できるわけではありませんが)

セラフィムブループリントレベル6修了の感想

いただきました。

セラフィムを始める前は、すごい内容のワークなので、自分好みのスピードで受けるのはムリなんだろうなって思ってました。実際にレベル1を受けても、抵抗している感じがあったので時間かけてしっかり身に付けよう、と思っていました…が、10月は違いました。

10月7日にミカルシ実践会に出て、色んなダウンロードやら、気付きを得てセラフィムにも良い影響があればラッキーだなぁなんてくらいのノリでしたが、そんなもんじゃなかった!自分にとっては実践会やその後のお茶会での出来事が、重要なことだったようです。

その実践会の後で受講したレベル4~6のスムーズなこと、レベル3まではムラのある感じだったのに、余裕を持って抵抗なく自分らしく体験を楽しめました♪

なんだか、充実したサポートのおかげで飛び級卒業した感じです。

それでも、レベル6終了後は寝込みましたが(笑)、これを含めても、心地良い早さで受講できてとても嬉しいです。

レベル1~6それぞれでお会いした受講生の皆さま、そしてusamimiさん、本当にお世話になりました。ありがとうございました。


この方はレベル1〜3を、わりと間隔をあけてマイペースにゆっくり受講されていました。
ワークショップで受け取るエネルギーとそれによって起こる反応がセラフィムブループリントは強力なので、慎重にタイミングを見計らって受講されているご様子でした。

が、先日実施した、(セラフィムブループリントとはまったく関係ない)「ミカエル&ルシファー関連のイシュー解消実践会」にご出席なさり、その後1ヶ月のうちに開催されたレベル4、5、6を毎週ペースでトントンと修了されていきました。
(ある意味、天使的な高次元エネルギーを『拒む/悪いもののような気がして怖くなる(嫌いになる)』類いの呪い各種が入っている人にとって、私が開催したミカルシ実践会が有益だったのだということを証明してくださった形になり、ミカルシ実践会が先進的?すぎてはたして参加者は恩恵をきちんと感じてもらえてるだろうかと不安だった私にとっての安心材料ともなりました)

無事に修了していただけてなによりです。

10月は一気にセラフィムブループリントをコンプリートするチャンス!!

……ということで、以下のスケジュールどおり、びっしりやります!!

【レベル3:セラフィム思考の現実化
日時:2012/10/13(土)10:00〜17:00
場所:東京都杉並区Celestie.jpまたはSkypeによる遠隔参加
料金:20,000円
受講資格:レベル2修了者
⇒お申し込みはメールにて

【レベル4:セラフィム宇宙の輝き

日時:2012/10/20(土)10:00〜18:00(1dayで修了コース)
場所:東京都杉並区Celestie.jpまたはSkypeによる遠隔参加
料金:35,000円
受講資格:レベル3修了者
⇒お申し込みはメールにて

【レベル5:セラフィム惑星のヒーリング

日時:2012/10/21(土)10:00〜17:00
場所:東京都杉並区Celestie.jpまたはSkypeによる遠隔参加
料金:20,000円
受講資格:レベル3修了者
⇒お申し込みはメールにて

【レベル6:セラフィム恩寵と統合

日時:2012/10/27(土)&28(日)10:00〜17:00
(両日ともに参加が必要です)
場所:東京都杉並区Celestie.jpまたはSkypeによる遠隔参加
料金:35,000円
受講資格:レベル5修了者
⇒お申し込みはメールにて

要望があれば、10/6(土),8(月・祝)にレベル1、2を開催することも応相談。

セラフィムブループリントは創始者ルース・レンドリー曰く

「2〜3年かけて、数ヶ月おきに準備が整ったと感じたら次に進めばいい」
「どのレベルまで受けなければいけないということもない」

ということが述べられていますが、最近は

「準備ならとっくにレベル6までガンガン受け取れるようになってるんですけど!?」

状態の人がわりといるよなぁ、ということも感じるようになってきています。

そういう方にとっては、チャンスととれるかもしれませんな。

ちなみにセラフィムブループリントは、レベルごとにティーチャーを変えて受講していっても何の問題もないので、特定のレベルだけ参加、などでもOK!

参加表明、お待ちしておりまーす。