ヒーリング全般

特級受講後、一通りプログラムを掛けていて、α版初回の出来事がここに繋がった

マルチプルアバンダンスを、正式な講座にする前のβ版、α版からずっと受講してくださっている方からの感想です。

特級受講後、一通りプログラムを掛けていて、α版初回の出来事がここに繋がったということがありました。

マルチプルアバンダンスα版を初受講の最初の第一希望を観た時に、膨大なブロック状のもの積み上がっているのが画像として観えました。
受講の1年くらい前から、シータのペアワークなどで掘り下げていくと、経験値としてのデータ集めをしていると言われることが何回かあり、
最初、画像として観た時は良く分からなかったのですが、そのデータだったようです。
去年、集めたデータが雑然としていたので、整理してエネルギー的な辞書状にしておきました。

それを活用できていなかったのですが、クリアした霊的試練の分だけ悪魔的存在の影響を受けない免状を取得するプログラムを掛ける時に思い出して、
辞書内容を更新していなかったので最新情報を更新して、プレゼン資料として出したら免状も更新されました。
周囲にバリアとして発動したら、前のものより清々しくなりました。
特に人の念に対して、強化されたようです。

個人的なことですが、集めたデータが役に立ったと思えた出来事だったので、書いてみました。

なんだかんだいってもうすぐ満2年になるんですね。構想期間も含めたら2年半。

高校に入学した子が、いよいよ具体的に志望大学を決めて入試に向けて追い込みをかけていく(合格できる子の場合は、高校で習う内容など何も知らないところから、志望大学合格に必要なだけの知識を習得しきる)期間です。2年半って。

そんだけのことをやればできるはずなのに、能無しで仕事も遅く体力も精神力もたいしたことない私のような大人は、2年半かかってしまうんですね。

それが他の人と比べてどのくらいすごいのか普通なのか劣っているのかわからないし、実のところそんなのほんとにほんとにどうでもいいと思っているのが正直なところなのですが。

なんていうか、受講してくださる方も、ただ目新しいものにつまみ食い的に気まぐれで、というのではなくてその方の人生のページとして講座を位置付けて大切に捉えているのだなぁと思わされて感無量です。

自分は承認欲求や名誉欲というのとも違った、ちょっと込み入ったふうな事情(まぁそれもしょせんはたいしたことないウダウダなんでしょうが)もあり、芸事の分野で売れたいという点にあえてこだわっているところがあります。
(そうするようにしています)

でも、ヒーリングの分野でいうと、不思議と有名になりたいとか、大勢の間で流行ってもてはやされて儲けたいという気持ちが全然ないんですよね。

ある意味では、というか全方向的な意味で、ただの変人なのかもしれませんが、自分に見えているものを、それが世間や他人からしたら何の価値もないとしても、抽出することに注力しています。
これは、人生を棒に振ってしまうことになる壮大な過ちと見る人も多いでしょう。
老後はロクなもんじゃないかも。

まぁでも、それ以外にこれといって、やって価値があると思えるものも、できるものもないので。
世界一無能なバカが仕方なくかろうじてできるのがこの程度だった、ってことでいいですよね。

ご贔屓ありがとうございます。
あくまでも私個人への同情や憐れみではなく(←そんな人、過去にも未来にもいませんけどね)、講座やエネルギープログラム、ヒーリング技法の素晴らしさを目的に、今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト

悪魔は天使や他の天上の存在たちとしっかり相談し、綿密に計画を立てたうえで人間に働きかけている。

マルチプルアバンダンス特級「悪魔的暗示」を受講した方からいただいた感想です。

☆愛のこじらせを見抜くプログラム

10年くらい前、付き合っていた女性にフラれて、その方から
「これからも連絡とかはして欲しい。」と言われたが、しなかった。
↓ プログラム起動
その女性は自分を変えたい、新たな自分を確立したい、ダイナミックなチャレンジをしたい。
といった意思があったようで、それを応援したいし、その意思が揺らぐ邪魔することはしたくなかった。
けど、自分の知識、経験不足でいろいろこじらせたようです。


☆愛のこじらせパターンを一覧データ取得するプログラム

とにかく「暴力」映像
殴ったり、罵ったり、投げつけたり、意地悪したり、からさらに
処刑したり、村ごと焼き払ったり、マシンガンで襲撃したり、ミサイル打ち込んだり、
これも全部こじらせなのか。


☆悪の属性を帯びた周波数のエネルギーがどう人を育てるか全貌を知るプログラム

悪を体現するマシーンが理不尽かつ意味不明に人間を襲うヴィジョン。
それをどうにかしようと、人間がかつてないほど脳をフル回転させ、
今までになかった知恵や行動を生み出す。


☆悪魔的存在の介入を読み解くプログラム

悪魔は天使や他の天上の存在たちとしっかり相談し、綿密に計画を立てたうえで人間に働きかけている。
現在は人間が耐えられるギリギリを狙って、少しづつ少しづつ影響を強めている。
しかし、地球でも地域によって悪魔の影響の強さはだいぶちがうっポイ。
耐えられそうな人たちのところにはより強い負荷をかけてるみたいなので、
負荷が強い=進歩しつつあると取れるかもしれない。



☆いま、その人がどの程度、悪魔的な属性の干渉から学びうる余地があるか診断するプログラム

これはちょっと?


☆悪魔的な属性の干渉を受けることなく必要な学びを得る方法を宇宙に宣言するプログラム

イメージ:曇り空に穴があいて、そこをと通り抜ける。
メッセージ:「悪魔とか見かけても、もう相手しなくていいよ」


☆フィクションを通じて悪の属性を習得することを支援するプログラム

悪魔のお面をたくさん貰えたイメージ。
「悪魔っぽいのがいるところでは、それっぽいお面かぶっとけば怪しまれないよ」


☆クリアした霊的試練の分だけ悪魔的存在の影響を受けない免状を取得するプログラム

そうとうどっさり、悪魔が事務机みたいなのでせっせと作ってくれました。


あざっす!

このクラス、この感想をくださった方とは別に、悪魔的な存在のまさに悪魔性みたいなものを強さ、魅力みたいに捉えて、その悪魔的なものに惹かれたり、それを制するなら悪魔より強くなれるのではという点に萌えを感じて参加された方もいました。

が、(そういう人が出るであろうことは、やすやすと想定できたので)講座を進めるなかで、悪魔的なものに対する憧れや、その強さこそが結局すべてを制する正義なのではという想い(=誤謬)がなくなっていくようにデザインしました。

想像以上にうまくいったみたいでなによりです。

ルドルフ・シュタイナーは

「私は善き人間として安住の地を得、すべての人間を愛する思想を伝えたい、などと望むことが大切なのではありません。私たちが社会過程のなかに生きて、悪しき人類とともに悪しき人にもなれる才能を発揮できる、ということが大切なのです。-社会の未来-」

と言っています。

光と闇、善と悪に物事をなんでもかんでも二元性で捉えて、その二元性という、しょせんは人間の頭の中で妄想としてでっちあげた区分という箱庭の中で、どっちかの側について、もう片方の側と戦う……なんて幼稚で時代遅れなこと、してる場合じゃないんですよ。

ほんとに。

ほんとに!!

いい加減、ここんところ、ちゃんと目をさましたい人向けに、この悪魔的暗示の講座はおすすめです。

「悪魔だなんて!私は光だけを大事にして生きていく!そんなものに目をむけてはダメ!」

みたいな、脳みそが腐ってウジがわいてそのウジまで脳みそ食い尽くして餓死して腐ってヘドロのスープみたいになってる人にこそ、ほんとは受講してもらいたいんだけどなぁ(←ちょっとなんてこと言うの)。

○7/23(日)午前11:15~午後12:40に都内で「悪魔的暗示」開催します。お申し込みはこちらまで○

感じたことのない色んな種類の豊かさエネルギーが細胞に補給される感じ

マルチプルアバンダンス特級「幸せ釣り」の感想いただきました。

☆ 豊かさエネルギーを一覧で受け取れるだけ受け取る(釣り餌のストック)プログラム

感じたことのない色んな種類の豊かさエネルギーが細胞に補給される感じ。


☆豊かさの周波数ごとの源流(であるグループソウルや集合意識)と顔馴染みになるプログラム

・SE,プログラマのグループソウルと
錬金術師・魔法使い・エネルギーワーカーに近いイメージ。
(プログラミングって物質的な物作りと違って、部品や空間をほぼ無限に使うことができるんですよね。
それこそ創造主のエネルギーを使うみたいに。だからヒーラーとかと結構近い存在なんだなぁと。)

・特にグループを意識せずおまかせで起動
白い羽の白い人の集団。天使っぽいけど、詳細不明。


☆馴染みあるエネルギー帯域それぞれのグループソウルや集合意識、人々のノリ撹拌プログラム

1回目 自分が中学生くらいの時のノリ
誰が相手でも笑わせてやろう、楽しくしてしまおう。みたいなノリ。

2回目 エヴァンゲリオンのゼーレの会議みたいなノリ
まじめにシリアスに淡々と話す感じ。


☆どの餌がどう有効か診断してシミュレーションするプログラム

実習:実験台になった方に必要なエネルギーを作る
自分が作ったの→こだわりの陶芸家みたいに常に最高傑作を作り出すかのような研ぎ澄まされた洗練されたイメージ。
失敗作は決して外に出さない、みたいな妥協しない態度。
(かといって海原雄山みたいなギスギスした感じではない、あとこのエネルギーは自分に統合しました。)

これわ、開講してみないとどうなるかわからないぞと思っていましたが、案の定、良い意味でしっちゃかめっちゃかにw

感想をくださった方が列挙してくれた、この講座でのプログラム一覧をみていただければ想像つくかもしれませんが、釣りというよりは、

自分自身が周囲にとって魅力ある餌そのものになる

みたいなところが大きいんです、この講座。

(なのでなのか、講座自体の内容を詳細に知っているわけではなくとも、サイキックが開花してる女性で『受けることを考えると怖くなった』という方がいました。その方の思考には、『チャラい男から目をつけられてナンパされるのが物凄く嫌』というものがあったんです。だから直観的に、自分が餌になるとチャラい良い加減な人間たちから追い回されるイメージを抱いてしまい、受講したくなかったんでしょうね。私も『あ、なーる』と感心しました)

芸能界のオーディションでいうと、

「大勢いる受験者の中で、パッと見た瞬間から他の人たちと全然違うオーラで輝いて見えた」

みたいになる。

この世ってね、崇高な愛だなんだといってても、動物的な意味合いでの欲でソソられるものにじゃないと、なんだかんだいって人は反応しないし、最初はしたとしても続きません。

完全に肉体そのものが好みかどうかだけで判断する人がもしいるとすれば幸せ釣りはあまり有効ではないのですが
(だって、肉体そのものの造作などを変えるものはカリキュラムにもプログラムにも技法にも一切ないから)

べつに霊能力が開花していない相手であっても、「雰囲気」とでも呼べばいいんでしょうか、「ノリ」みたいなものでもいいから、とにかく自分と心の面で、惹かれるものを求める人が対象なら幸せ釣りは有効です。

ミンキーモモの変身じゃないけど、いろんなニュアンスの豊かさを体得して、いろんな相手から魅力的だと思われ、その相手を惹きつけ……みたいな中で、人生経験のバリエーションも増えるんじゃないでしょうかね。

あ、さっきも書きましたが自分自身が魅力的な餌になるわけですから、狼に狙われる赤ずきんみたくなる可能性も無きにしもピアニシモ。
そこはひとつ、リアル赤ずきんみたく上手にこなしてかわしてうまいこと手練手管でチャチャッと。
それができないなら、この講座は受けないほうがいいのかもね。なーんて。

○7/23(日)午前11:15~午後12:40に都内で「幸せ釣り」開催します。お申し込みはこちらまで○

宇宙は自分に向かっておいでおいでしてくれてる

マルチプルアバンダンス特級「成功気流ホバリング」を受講した方からの感想いただきました。

☆成功した状態を知る・味わうプログラム

 まずデッカイ宇宙が見えました。宇宙は自分に向かっておいでおいでしてくれてるんだけど、
自分はビビッてる。飛び込みさえすればよい。宇宙的成功は待ってくれている。


☆ある人の成功状態を観る&解析するプログラム

 宇宙的観点では自分は割といい感じに進んでいるっぽい。
けど、他人の生き方とかを見て羨んだり、他人から自分がどう見えるか、どう見せたいかとか余計なことを気にしてて、自分のいい感じの部分に気づけていない&活かせていない。


☆置かれた状況から成功気流を見つけて乗り直すことを手助けするプログラム

いい感じです。
仕事中使いまくっております。

判断に迷い出したり、どうしていいわからなくなったり、思う様に進まなくなった時、一段落した時、ボンボン使ってます。

仕事中なので目を瞑ってしっかり霊視して、「こうすればいいのか、なるほど。」って感じではなく、
何かいい感じになります。
「きっとやれるぜ」
って気持ちがすっと沸いて、
ダメな予感みたいな空気がサッと消える感じです。

ちょうど今週から新しい現場での新しいプロジェクトでそうとう不安だったのですが、結構順調にいい感じでスタート切れています。
幸せ釣りでいい感じのプロジェクト完了もセットしてあるので、がんばっていい結果出そうと思います。

あざっす!

成功という単語は、個々人それぞれで定義が異なりますよね。
何がどうなれば成功なのか、について。

で、俗世間全般で「だいたいこんな意味なんじゃねえの」といったニュアンスで流布してる定義というのは、まず定義自体が曖昧だし、どこか現実離れしたすんげえこと、

すん!

げえ!

こと!

を成し遂げたその「瞬間」をさしがち。

あるいは、その

もんのすごい桁外れな達成状況

がずーっと続いてる状態を指していたり。

そして多分に、

超・お金持ち=成功

というニュアンスが大きかったりで。

でも、宇宙全体の霊的な事象から見て、うまく行っている状態というのは、実は違くね?というふうに観えてきており。

書籍でいうと、この本が述べてる成功が、マルチプルアバンダンス特級のこのクラスでお伝えする意味合いの成功に近いです。
    ↓


良い感じに成功気流をホバリングして生きていけるといいですよね。
感想ありがとうございました。

○7/23(日)午前10~11時に都内で「成功気流ホバリング」開催します。お申し込みはこちらまで○

無料モニターを提供したら3万円(私の相場だとスゴイ)置いていきたい内容だととても喜んでいただけました。

マルチプルアバンダンス講座やアストラルリーディング講座、シータヒーリング講座など超感覚ヒーリングモダリティ各種を受講いただいた方からの感想です。

先日はマルチプルセミナーありがとうございました。

翌日ちょうど知人に無料モニターを受けていただくことを依頼しており、

アストラル→シータ→(習いたての)マルチプルアバンダンスで2時間弱

セッションしたところ、

「3万円(←私の相場だとスゴイ)置いていきたい内容だ」

ととても喜んでいただけました。

あざっす!!

自分が創始したモダリティは、無駄に?金儲けのために何かをパクって二匹目のどぜう狙いをしたわけではありません。

自分自身が、専業ヒーラーとして日々、お客様にセッションさせていただく中で募っていった、
「これをこうできるツールがあったら便利なのに」
という想いを形にしています。

しかも、超感覚によるエネルギーリーディング、いわゆる霊視の能力の育成や、それを阻む心理的なブロックとされるものを解消していける、訓練教材としての側面も備えています。

スパルタ式に無理やりではなく、子どもが無邪気に遊ぶみたいに、超感覚的エネルギーと戯れるなかで自然と効率的に、歪みなく霊的な事象を把握していきやすいようにデザインされています。

他のヒーリングモダリティを習って何年経ってもうまくできるようにならなかった人たちが、マルチプルアバンダンスやアストラルリーディングでは、うまく観えるようになっていってもらえています。
(もちろん、全員が必ず絶対にこれをすればうまくなると保証することはできないのですが、わりとみなさん上達されて、短期間で凄腕と呼ばれるようなパフォーマンスができるようになっていくので創始した私も自信が持てます)

既存のヒーリングモダリティと併用したり、組み合わせたりして使いやすいようにデザインしているのも特徴。
レイキなど王道とされるエネルギーヒーリングから整体、ネイル、足揉み、なんならお医者さんの診療や外科的手術とも組み合わせて相乗効果ハンパなく得られるようにしています。
(それももちろん、使う側がどれだけ使いこなせるように習熟しているか次第なので、必ずこの技法を学べば全員がすぐそうなれるわけではないのですが)

独りよがりではなく、他人から評価されるというところまで行けると、自分1人で「できてるのかなぁ」と思い悩むだけよりは、客観的データが少なくとも増えるのでいいんじゃないでしょうかね。

ただできれば、お金は本当に置いていってもらえてこそ初めて、本音だといえるのかもしれませんけど。

口ではなんとでも言えますからね。

行動して初めて、本音かもしれないという説得力が出る。

お金を払ってもらえて、初めて、そうしてもよい価値があると認めてもらえたんだなぁ、ということになります。

金の亡者だから有料にしているというよりは、「本当にそう思っているか」を確認・証明するため。
あるいは、お客さん自身が、このセッションを受けるという体験がこれだけの価値に値するのだということを理解する意味で、セッションを有料にする意義は出てきます。

お金を払わないで「ありがと〜♪」と口だけで言ってるのを真に受けてるうちは、もしかするとですが、実際どうなのかをわかっていないということでもあるのかもしれなくて。

んー、どうなんでしょう。

どう思いますぅ?

なあんてね。

感想ありがとうございました。