ヒーリング全般

セッションを受けた直後に仕事が舞い込んだ

東北人のイシュー解消実践会 のデジタルコンテンツをご購入いただき、セッションをお受けいただいた作家の方から感想をいただきましたので本人の許可を得た上で匿名で公開いたします。

usamimiさん、先日は東北人イシューのプチセッションありがとうございました。
東北人イシューとは全く関係のないセッションになり大変恐縮でした……。

「あなたはまだ業界の面構えになってない。
 難しく考えすぎているし、何より作品について、同業者の先輩や同期たちと語り合って揉まれあった総量が足りない」

と当日は、ざっくり上記のようなアドバイスをいただいたと思います。
それから4日経って今日、業界仲間との飲み会に誘われました。
その飲みに、私が人生で一番影響を受けた作家先生がいらっしゃることが判明しました。子どもの頃に好きになり、私の作品作りすべてにおいて影響を受けたぐらい好きな先生だったのですが、会社が違うから会えることはないだろうなぁ…と諦めていたのに、まさかまさかの飲み会で。

セッションを受けてからというもの、まずは自分から、作品について本音で話すということをしなきゃなぁと思って、出会う同業者全員に、自分の考えをしっかり話すという練習をしていました(←愚直…)。
そうしましたら4日後に、尊敬する先生にお会いできることになり、もう、ここ数日で明らかに何かが変わった感がすごいです。

2018年にusamimiさんのセッションを受けた直後に仕事が舞い込んだということがあり、usamimiさんのセッションの後は人生が変わるというのは体感で知っていたのですが、これで人生2度目です。
本当にありがとうございます。

また、もろもろご依頼させていただければ幸いです。

いやぁ、開催したの何年前だよこれ?な実践会の録音教材ですが、いまだに根強く価値を認めてくださる方々がいるようで。

この感想をお寄せくださった方も、知人からすすめられたそうです。

でも知人からのすすめっていったって、そこまで有名でもない教材なのに、この世のどこかで

「あなた、東北人のイシュー解消の録音、聴いた? あなたの役にたつと思うよ」

という会話が交わされていたってことですよね?

んー、やっぱり未熟に思えても録音状態がいわゆる商品クオリティじゃないかもな的な戸惑いがあっても、とにかく出せるものは出しておくに尽きますな。

正直いって、この実践会を開催していた頃の実直な熱意と行動力は、今の自分にはありません。
良い意味で若かった頃ならではの私にしか、できなかったことなのでしょう。
それを、歳を重ねた私の方がまるで立派みたいな勘違いで、過去の私を若造扱いして鼻で笑って黒歴史だと苦笑するのはお門違いなのだと思います。

東北にゆかりがあるあなた、今さらながらだけど、思い切って購入しちゃいますぅ〜?
(と宣伝ふうのことを言っておいて、べつに買ってもらいたいとは少しも思っちゃいない商売っ気のなさ)
スポンサーサイト



usamimi提供ヒーリングセッション一覧&予約ページ開設

作成しました。

「予約の種類」の選択 下のフォームをクリックすると、提供しているセッションの種類を切り替えられます。


form_kirikae.jpg

●がついている日時をクリックするとセッション予約に進めます。
申込いただいたら適宜、こちらから必要事項を返信いたします。
よろしくお願いします。

嫌な目に遭わないための「カンニング」としてのスピリチュアルでいいの?

一周まわって原点回帰、的なタイトル。
(このタイトルだけで嫌悪感を抱いて回れ右、で離脱する人多そう)

世間全体を見ても豊かさや幸せの二極化が進んでおり、恵まれている側の人は庶民なのに昔の王族・貴族よりもゴージャスな生活水準とこだわりを「当たり前」に享受してる

とも言えそうな昨今。

スピリチュアルの中でも、ただ霊的な教えを学んでいるという意味ではなくエネルギーワークとして超感覚を使って魔法のような奇跡的な技を体得した人たちは、それはそれは優雅に思い通りの現実を作って、ぬくぬくと生活しておられます。

私はここに、一抹の不安をおぼえます。

これじゃまるで、かつての機械・科学技術の発展が招いた「飽食の時代」の霊力版じゃね?と。

ふた昔前のアナウンサー口調で、環境汚染やリゾートでゴミをポイ捨てする観光客の映像と共に流れるナレーション、
「私たちは物質的な豊かさと引き換えに、人として大切な何かを忘れかけているのではないでしょうか」
的な。

ようするに

スピリチュアルなパワーを思い通りに使って、なんでも瞬時に嫌なことは避けて消してナシにして、欲する豊かさや幸せもいつでも手に入って当たり前の日々

を送るようになることができた人たちが、徐々に慣れてしまい、そんな恵まれた状態を豊かとも幸せとも感じずに、あるいは満足せずにもっともっと、で

「より豊かに!より幸せに!より自由に私らしく!!」

を突き詰めていってる。

「それのどこがいけないの、どこまでも高みを目指してさらにもっと、を追求する姿勢は素晴らしいともいえるでしょう?」
と思えばいいんでしょうかね?

Takerの人類最高記録を更新していく感じ?

スピリチュアルって、「どうすれば自分がもっとTakeできるか」の限界を無限に突破していくためのツールでしたっけ?

そして、どこまでも際限なくもっともっと、とひたすら追求していきゃあいいものなんでしょうか、物事ってのは。

足るを知る

の精神なんて、しょせんは誤謬ダサな清貧の思想と同じ、おかしな間違った価値観ということ?

ほんとにそうでしょうか?




……なーんて、しみったれたことをチマチマ考えていること自体が制限ある思考だし古ダサでショボいって?
なんたって風の時代!
年号は令和!
昔のしみったれた庶民的な価値観でチンケなこと言ってないで、もっともっとGOGO!が正解なんですかね!?

ほら、そうこうしている間に、また一段と広がる格差。
「負け組になりたくないなら、余計なことを考えずにひたすら上を目指して努力努力ゥ〜!」
でどこまでもさらなる豊かさと幸せを貪り食い続けて絶対に満足しないのが、これからのイケてる生存戦略ってこと?

そのための道具として、スピリチュアルな超感覚を使うんですか。
天使や神や法則、宇宙の根本創造主といったものまで持ち出して、自分が金と権力とモテ、自由に使える時間とストレスフリーな生活を手に入れる。だけ。
やべー、すっげ、かっけ!

私はパスね。👋

これからは「かつての超感覚ヒーリングモダリティから理論だけ抜粋して座学」のスピ系自己啓発が流行る

2010年前後に隆盛を極めた?、超感覚的な能力を多くの人が開花させた時期も尻つぼみになって早幾年月。

一方、いろんな世相の変化で、知識的にはどんどん庶民にも開かれていってます。
かつては(なぜか)スピリチュアルに分類されていた、波動や思考の現実化、それからいわゆる陰謀論(←デマじゃなく実在するやつ)とか超古代文明や地球外生命体の関与などが一般に知られるようになってきてますね。

そこで、何回目だ!?的な「覚醒」ブームみたいなものが起きて。

俗世間の嘘っぱちにはもう、騙されないぞ!的な人たちが、現実的な社会構造(いわゆる支配層が庶民を牛耳っている図式とか)を学びつつ、そこに抵抗するために思考が現実化する霊的な仕組みを学んで
「洗脳されないぞ!高い波動を保つぞ!」
と意気込んだり。

その手のことを言うスピリチュアルインフルーエンサーがYouTuber化したりして、人気を博していたりもして。

ここまで変わるもんなんだ?と感心する一方で、前々からスピリチュアルやってる人たちとしては

「今ここどまりなのかよw」

と、残念に思うような、もうちょっとなんかあるやろーと物足りなく思ったり。

よくも悪くも、頭でっかち。

実際に自分で霊的エネルギーの組成を分析して「本当だ、この世はこういう仕組みになっている!」とわかるんじゃなくて、人気YouTuberとしてのスピリチュアルインフルーエンサーが一から十までわかりやすく解説したことを鵜呑みにするだけの浅い理解。

それでいて、暗記した知識としては増えているから
「私は目覚めた!」
と本人も喜んでいる。

間違いだとは言わないし、その人の中では大きな進歩なんでしょうけどね。


ただ、この記事の1行目に書いたことの方が個人的には「はぁ……」なんですよ。

もうすっかり、超能力が使える人間はレアになってしまった。

あんまり邪推みたいなことしたくないですけど、動画などでスピリチュアルな情報を発信するインフルーエンサーさんたちも(その活動を続けるモチベーションと実績はすごいけど)言うほど観えて言ってんのかなぁ?と心もとなく思ったり(←何様視点だよ)。
実際、いろいろ全部観えますと超感覚的能力者を表に出すというよりは、論客として、コメンテーター的な位置付けにわざと自分自身を置いてるように見受けられる方もいますね。
注射の成分が有効か安全か、それを推進する派と反対派の攻防をどう思うかなど。
正直、安全だと思います。
ガッツリ観えます本物です、を迂闊に謳うと、昔あったゴールデンタイムのテレビ番組(某『泉』)みたいに、たった1回、事実とハズレたとされる発言をしたしないで番組自体が終わってインチキ霊能者扱いされてしまったりするリスクは甚大ですものね。

そんなこんなで記事タイトル。

ここから先しばらくは、超感覚的能力をがっつり要求される、かつてのようなスピリチュアルヒーリングのクオリティの高さは、ある程度どこ行っても期待できないと思います。

古き良き自己啓発の劣化版アレンジみたいな、「だから何?」レベルの座学、テキスト読んでおしまい、せいぜいペアワークで話し合う程度のワークショップが主流になるでしょう。

そういうところで、世間一般には秘密とされるような、それこそ「思考の現実化のしくみ」などを学び、すごい秘密を知ってしまったような感覚でうかれて、これで人生がいい方へ変わるはずだと信じて、何十万円でも払ってくれるとなれば商売する側はウハウハです。

世の中の大半の人は、
「目覚めたと称して、いっぱしのすごい人ぶりたいだけの、ただの金魚のフン」
なのが実情なので、今後も「今どきの流行りっぽい雰囲気etcで飾り立ててるけど、ようするに教祖ビジネス」は流行るでしょう。
それも、今この時点でその程度かよ?的なレイト・マジョリティふうの、要するに少し時代遅れ(であることに本人は気づいてない)人たちの間で。


うーん、そうなると翻って、

「ガチのガチでガチにできる・わかる人たちが、自分と対等な能力や知識レベルの人たちと安心して情報や意見を言い合えて学びになる場」

が貴重になっていくのかなぁ。

少数ではあるけれど、中上級レベルなのに周りに人がいないから初級クラスに申し込み直さざるを得ない、的な人が悶々としていそう。

その次、その先。
そこをちゃんとやれる、教え合える、ガチ勢向けのスピリチュアル情報網・コミュニティみたいなものが、スキマ産業的には美味しいのかもね?
あ、私やるならそこだわ。

「知っていましたか?現実って、一見、思うようにいかないように感じるかもしれないけど、それは全部、自分の思考が作ってるんですよ?」

レベルの誘い文句であーだこーだやる次元とゆうか段階の場や人だと、さすがに満足できなぁ〜〜〜ぃ♪